映画ドラえもん のび太の月面探査記

劇場公開日

  • 予告編を見る
映画ドラえもん のび太の月面探査記
26%
45%
21%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ39作目。直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」、ドラえもんのひみつ道具を各章のタイトルに起用した「凍りのくじら」などで知られる人気作家の辻村深月が、映画脚本に初挑戦し、月面を舞台にドラえもんとのび太たちの冒険を描いた。月面探査機がとらえた白い影がニュースとなり、それを「月のウサギだ」と主張したのび太は、周囲から笑われてしまう。そこで、ドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使い、月の裏側にウサギ王国を作ることにしたのび太。そんなある日、不思議な転校生の少年ルカが現れ、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことになるのだが……。監督は「映画ドラえもん」シリーズを手がけるのは3作目となる八鍬新之介。ゲスト声優に広瀬アリス、柳楽優弥、吉田鋼太郎ら。

2019年製作/111分/G/日本
原題:ドラえもん
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

映画レビュー

4.0ドラえもんやっぱりいいよねぇ

2019年8月31日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しらたま

3.0ややこし

2019年8月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ややこしい。
難解というわけではないけど、
設定がごちゃごちゃしてて、
世界が二重構造みたいになってるからややこしい。

もっと昔みたいにシンプルで良い気もするけど、
それを39回も繰り返すわけにもいかないだろうし、
シリーズ物の難しさではあると思う。

ドラえもんは子どもの物だから、
僕が子どもの時に映画館でワクワクしながら見た、
竜の騎士のような映画体験を子どもたちにも
してもらえたらなぁと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

2.0まあまあ

2019年8月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

いろいろなアニメでみたようなシ-ンが出てきた。ガンダムのシャアだったり、エヴァだったり、。最後の甲冑の亡霊みたいなのは寺沢武一GOKUのパクリ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぴっちんぐ

3.0ちょいマイナーな原作エピソード、ご存知!?

近大さん
2019年8月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

ドラえもん映画39作目。

今年は人類初の月面着陸から50年。
今後、NASAは再び月を目指す計画や日本もインドと共同で月の裏側を目指す計画があるというニュースを聞いたばかり。
そんなタイムリーな中、ドラえもんとのび太たちも映画では初となる月の世界へ。

月で謎の白い物体の映像が捉えられた大ニュース。
学校でも話題持ちきりの中、月のウサギだと信じるのび太。
バカにされたのび太は、ドラえもんのひみつ道具“異説クラブメンバーズバッジ”を使って月にウサギたちの王国を造る。
元ネタは原作漫画のひみつ道具とエピソード。ファンなら知ってるが、そうじゃないと結構マイナーかも。
手作りのウサギたち“ムービット”はよりキュートに。のび太みたいなダメムービットも。
のび太の失敗作のウサギ怪獣も勿論。
ウサギ王国はファンタスティックで夢のような楽しさ。

ある日のび太は、不思議な少年ルカと出会う。(って言うか、この出会いのシーンが某アニメそっくりで、ミステリアスな美少年のルカはさながらカ○ルくん!?)
いつもの友達にルカも加わり、月のウサギ王国へ。
楽しく遊んでいたが、ウサギ怪獣に襲われ、のび太がはぐれてしまう。
そこを助けたのが、ルカ。
皆と合流してから、ルカは驚くべき秘密を打ち明ける…。

実はルカはカグヤ星出身の異星人で、“エーテル”という超能力のような力を持つ“エスパル”。
ここ月の裏側で、同じエスパルの子供たちと1000年以上もひっそり暮らしてきた。(ルカの姉ルナは何とかぐや姫のモデル!)
何故彼らは故郷の星から逃れてきたのか。
カグヤ星はエーテルの力を悪用した破壊兵器で荒廃し、今も尚彼らとその力が狙われていた…。

原作のエピソードを基に映画オリジナルの展開は、ここ最近の主流。
月からそして宇宙の彼方へと、大スケールの冒険。
SF要素やなかなかシリアスなテーマ、アクションをメインにしながらも、
のび太とルカの友情、クライマックスでドラえもんが訴える想像力の尊さ。
映画ドラえもんの王道。

今回脚本を担当したのは、直木賞作家の辻村深月。(恥ずかしながら、よくご存知無いが…)
ドラえもんの大ファンらしく、本作もあちこちに映画ドラえもんのあるあるネタが。
自分たちの王国造りは、『雲の王国』や『ねじ巻き都市冒険記』。
今回の敵ディアボロは、『海底鬼岩城』のポセイドンを彷彿。(ドラえもんの「壊れてお詫びします~!」も)
独裁・恐怖の統治は、『宇宙小戦争』や『鉄人兵団』。
ドラえもんとのび太たちが予言の勇者なのは、『大魔境』。
その他にも細かい点で「おっ」と思わせる通なニヤリネタがふんだんにあり、確かにドラえもんファンだ。

王道やあるあるネタで、無難に楽しめる今回の映画ドラえもん。
でも無難であって、特筆した映画ドラえもんではなく…。
序盤の謎やルカとディアボロの部下のゴダートの関係、今回のメインのひみつ道具である異説クラブメンバーズバッジの使い方など、巧みに伏線張られ話も練られてるように見えて、格別そうでもなく…。
ここら辺もうちょっと、直木賞受賞のミステリー作家としてのオリジナリティーや本領を発揮して欲しかった。
直木賞作家とは言え、藤子・F・不二雄の想像力に及ばず。
ゲスト声優は、吉田鋼太郎はさすがの貫禄だが、柳楽優弥と広瀬アリスはちと…。

エンディング後の次回予告。
劇場で観てたら『竜の騎士』のリメイクか!?…と思ったろうが、『新恐竜』!
宇宙冒険も映画ドラえもんの王道だが、恐竜も鉄板!
シリーズ最大のヒットとなった『宝島』チームで、果たしてどんな新しい映画ドラえもん恐竜ワールドとなるか…!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全84件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラえもん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画ドラえもん のび太の月面探査記」以外にこんな作品をCheck-inしています。