映画ドラえもん のび太と銀河超特急

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宇宙旅行に出かけたのび太やドラえもんたち仲間と、銀河系侵略を企む知的生命体との戦いを描いたファンタジー・アニメーション。監督は「ドラえもん のび太の創世日記」の芝山努。原作・脚本は96年に惜しくも亡くなった藤子・F・不二雄の劇場用オリジナル長篇。シリーズ通算第18作にあたる。

あらすじ

ある日、ドラえもんは22世紀で人気の、宇宙空間を走るミステリー列車のチケットを購入して、のび太と一緒に行き先の分からない宇宙旅行へ出発した。途中からジャイアン、スネ夫、しずかも加わって、旅はますます楽しいのものになっていく。列車の行く先は、ハテハテ星群にある宇宙最大のテーマ・パーク“ドリーマーズ・ランド”だった。この星群は小惑星ひとつひとつが巨大な遊園地に改造されており、のび太とドラえもんは“西部の星”で22世紀の少年・アストンたちにバカにされながらも活躍を見せた。一方、ジャイアンとスネ夫は“忍者の星”でちょっとだけ忍術を使えるようになり、それぞれ楽しい一時を過ごしていた。だがそのころ、ハテハテ星群乗っ取りを狙う侵略者・ヤドリの魔手がひそかに伸びていた。天帝と呼ばれるリーダーに率いられたヤドリは、別の生物に乗り移ってはその体を自由に操って、いろんな星を侵略する知的生命体だった。ヤドリはハテハテ星群の従業員やアストン、スネ夫にまで乗り移って侵略を開始する。危ないところを銀河超特急で逃げ出したのび太たちだったが、アストンに乗り移ったヤドリたちに見つかって、攻撃を受けた。とある星に落ちたのび太たちは、しずかの発見したヤドリの弱点である“真空ソープ”を武器に戦いを挑む。激しい戦いの末、天帝を倒してハテハテ星群や銀河超特急の乗客を救ったのび太たちは、無事に地球へと戻っていった。

1996年製作/97分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

1.5タイトルは何か違う!!

2018年12月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

夢のあるタイトルに惹かれて観始めましたが、序盤は松本零士が訴えてきそうなワクワク感がありました。終盤はまた列車に戻りますが、大半は宇宙テーマパークの話で、タイトルは少し違うかなという印象です。敵は体を乗っ取ってくる恐るべき存在ですが、何かのんびりした映画です。のび太が射的が上手いという設定は近年は見かけませんが、たしかに神業級の無駄な才能を披露しており、果たして鉄郎とどちらが上手いのでしょうか。序盤でのび太が檄を飛ばすシーンは良かったです。各惑星を滅ぼして回る内容なら、タイトルから期待した通りでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ

2.0なんか色々ミックス

2018年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

銀河鉄道や、ジュラシックパークなどいろんな映画のミックスみたいでわテーマが浅過ぎ、歴代最低かな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん

5.0何回も観た

2015年8月27日
iPhoneアプリから投稿

思い出補正が間違いなくあるけど…あのテーマパークのワクワク感と、終盤のちょっと寂しい感じが忘れられない
エンディングの力が強いと思う、海援隊の私のなかの銀河という曲
車掌さんのアナウンスに続いてあれが流れてくると、まるで自分も楽しい旅行から帰ってきたみたいな気分になる
この映画は観てる私まで一緒にいろんなことを体験してる気分にさせてくれた、今まででこんなに何度も観た映画は多分これだけ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
じーくぶっく
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラえもん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画ドラえもん のび太と銀河超特急」以外にこんな作品をCheck-inしています。