新作映画評論・批評

ホーム > 作品情報 > 新作映画評論
メニュー

新作映画評論・批評

映画.com 新作映画評論

人気映画評論家による最新作批評のコーナー。
近日公開または上映中の最新作の中から編集部が選りすぐった作品を、毎週3作品ご紹介。

2018年8月14日更新
NEWプロローグ直後から怒濤の展開!まだまだ止まらないハッピーなウェーブ

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーの評論マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーの評論

まさかの続編はプロローグ直後から早くも怒濤の展開。母親、ドナの夢だったホテルを遂に完成させたソフィの妊娠が発覚し、本来ならダブル・ハッピーのはずなのに、夫スカイとの意識のすれ違いに悩んだソフィが... 「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」評論の続きを読む

NEW疲れを知らない青春の無為な日々がこの上なく魅力的に、みずみずしく描かれる

きみの鳥はうたえるの評論きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえるの評論

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」と、バブル末期に自死を遂げた佐藤泰志の小説を映画化し続ける函館のシネマアイリスは、現在の邦画界でもっとも瞠目すべき仕事をしているといって... 「きみの鳥はうたえる」評論の続きを読む

NEW人生七転び八起きの、最強チャーミングなヒロイン映画の誕生

若い女の評論若い女

若い女の評論

10年付き合った恋人にぼろ雑巾のように捨てられ、31歳でとつぜん宿なし、無一文に。心の友は猫だけ、という絶体絶命の危機に陥るパリジェンヌ、ポーラ。ふつうならとんでもなく暗い映画になりそうだが、こ... 「若い女」評論の続きを読む

2018年8月7日更新
世界は謎だらけ。だから世界は素晴らしい

ペンギン・ハイウェイの評論ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイの評論

また一つ傑作アニメが生まれた。それも若い新しい才能によって。本作の中核を担う石田祐康監督とキャラクターデザインの新井陽次郎はこれまで「台風のノルダ」や「陽なたのアオシグレ」などの短編映画を制作、... 「ペンギン・ハイウェイ」評論の続きを読む

旅人の脳裏をふとかすめた陽炎のような風景が、この映画には映る

ポップ・アイの評論ポップ・アイ

ポップ・アイの評論

日本に住んでいたらまったく誰も思いつきもしないと思う。タイを舞台にした象と旅する男の物語である。いや、タイに住んでいたとしても果たして思いつくのかどうか。監督はシンガポール人で、一時期タイに住ん... 「ポップ・アイ」評論の続きを読む

シニアだって跳べるはず。英国の名優たちが老境の人生リスタートを好演

輝ける人生の評論輝ける人生

輝ける人生の評論

英国出身で1970年代から映画・テレビ映画の監督としてキャリアを築き、シェイクスピア戯曲の映画化「リチャード三世」から、ハリソン・フォード主演のハリウッド製サスペンスアクション「ファイヤーウォー... 「輝ける人生」評論の続きを読む

2018年7月31日更新
「ローグ・ネイション」次章は、狂気のリアルアクションで前章超えを果たす!

ミッション:インポッシブル フォールアウトの評論ミッション:インポッシブル フォールアウト

ミッション:インポッシブル フォールアウトの評論

「ミッション:インポッシブル」第6作目となる今回は、クリストファー・マッカリーの監督続投というシリーズ初の試みがなされ、前作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(15)から物語が連... 「ミッション:インポッシブル フォールアウト」評論の続きを読む

疲弊しきったママに寄り添う、シャーリーズ×ライトマンの癒しムービー

タリーと私の秘密の時間の評論タリーと私の秘密の時間

タリーと私の秘密の時間の評論

一足先に公開されたピクサー・アニメ「インクレディブル・ファミリー」で我らのヒーローが思い知ったように、ほとんどの家庭で妻が担っている“子育て”という仕事は、ヒーロー活動よりよっぽど難しく、尊く、... 「タリーと私の秘密の時間」評論の続きを読む

総督に託されたインド独立の難事業。使用人男女の試練の愛を添え情感豊かに描く

英国総督 最後の家の評論英国総督 最後の家

英国総督 最後の家の評論

英国に暮らすインド系移民2世の女子高生がプロサッカー選手を目指す「ベッカムに恋して」を観た映画ファンなら、監督・共同脚本のグリンダ・チャーダもまたインド系移民の女性であることを覚えているかもしれ... 「英国総督 最後の家」評論の続きを読む

2508件中、1~9件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi