映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史

劇場公開日

9%
39%
43%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

はるか宇宙の彼方の星でくり広げるドラえもんとのび太の冒険を描く。「コロコロコミック」「てれびくん」に連載中、テレビ朝日系でTV放映中で映画化第二作目。原作・脚本は「ドラえもん のび太の恐竜」の藤子不二雄、監督は西牧秀夫、撮影は小池彰と高橋明彦がそれぞれ担当。

1981年製作/91分/日本
配給:東宝

ストーリー

超空間のもつれで、偶然、のび太の部屋の下が、宇宙の星コーヤコーヤの入口になっていた。コーヤコーヤに降りたのび太とドラえもんは、洪水で流された宇宙船をさがすロップルと星猫チャミーの一家に会った。タケコプターで土に埋れた宇宙船を発見してやるドラえもん。ある日、二人はジャイアン、スネオ、しずかを誘ってコーヤコーヤへ案内した。みんな重力の小さい星でとびはねて大喜びだ。この星のエネルギー源ガルタイト鉱石をひとりじめにして大もうけを企む会社があった。そして、星を無人にして星全体を爆発させ、宇宙空間に散らばった鉱石を拾い集め、手間をはぶこうとしていた。そのため、住民を追い出そうといやがらせを繰り返し、ロップルの父親も殺されてしまった。彼らは星に時限爆弾を仕掛けた。チャミーから危機を知らされたしずかたちは悪人たちに向かう。重力の小さなこの星で地球人はスーパースターだ。バットで巨大な石をボールのように打ちまくる。ドラえもんも、四次元ポケットから出したジャイロカプセルで大暴れ。のび太の射的の腕も役に立った。激戦の末、みんなの大活躍で悪人たちをやっつけることができた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5のび太の切なさがよくわかる長編

2020年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

平の回に一番近い長編。なのでとても地味。
ジャイスネしずかの登場の仕方も映画版ぽくない。

しかし、地球ではダメのび太がコーヤコーヤ星では受け入れられ、必要とされる。地球よりもコーヤコーヤ星に自分の居場所を見つける、という。なんか、のび太の切なさがよくわかる長編。偶然繋がった、遠い星の友情もロマンチックで良い。

ただ、ラストは原作漫画からは変えたみたい。原作はギラーミンとのび太が一騎打ち、それをみんなが見守るシーンがある。これがかっこいいのに端折ってる。
タイムふろしきは風で破壊装置の上に乗って、偶然助かる、という流れだったと思う。この偶然というのを作者も直したかったのかな。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.0悪知恵ってのはコンピュータじゃ弾けねえぜ

yonda?さん
2020年4月24日
スマートフォンから投稿

うる星やつらのテンちゃん役の杉山佳寿子さんの声が好きなので「だわさだわさ」聴けただけでも結構満たされてしまう。
見所はのび太ガンマンでしょう。
絵から内容から時代が感じられる映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

2.5のび太、覚醒

オレさん
2020年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

宇宙の惑星、コーヤコーヤ星の命運をかけ、悪の組織ガルタイト軍団と戦うのび太たちを描いたドラえもんシリーズ第2作目。

子どもに対して殺し屋を雇うなどのかなり物騒な組織に対して、重力の違いという孫悟空も真っ青のパワーワードでコテンパンに叩きのめす痛快なのび太たちが楽しめる今作笑。
のび太たちがコーヤコーヤ星に通い始めて1年近く経ったという情報が出てきて、ドラえもんって時間の概念あるの!?と軽く面を喰らった笑。
のび太の数少ない特技の一つ射撃を劇場版初お披露目などのある意味重要な作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ

3.0ギラーマンとの決闘

2019年11月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

のび太の特技、あやとりと昼寝と射撃のうち一番まともそうな特技を発揮する作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラえもん」シリーズ関連作品