映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

劇場公開日

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
6%
14%
52%
18%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2005年に声優陣やキャラクターデザインをリニューアルした「ドラえもん」新シリーズの劇場版第3弾。過去作品をリメイクした前2作とは異なり、劇場版オリジナルのストーリーが展開する。裏山で苗木を拾ったのび太は、ドラえもんの道具で自由に動き回れるようになったその苗木に“キー坊”と名付け育て始める。ある日キー坊を連れて裏山を訪れたのび太たちは、突然現われた巨大な渦に飲み込まれ、植物が支配する“緑の星”に辿り着く。

2008年製作/112分/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート

アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2008

映画レビュー

2.0驚異の電波アニメ

2019年7月22日
PCから投稿

90年代のドラえもんを知る自分にとって、ドラえもんの映画は絶対的な信頼のブランドだった。外すはずがない。
そんな中で圧倒的にヤバいクオリティだという噂を聞いて観たこの作品は、その評判を裏切らない駄作だった。

シナリオの整合性がなくキャラクターの言動が行き当たりばったりで、展開が非常に電波的。誰がどう脚本を描けばこんなサイコな作品が出来上がるのだろうか??
ヒロインの王女はただの人格破綻者のまま話が終わってしまったし、ラストシーン付近のやけに生々しいナウシカ巨神兵の戦闘シーンやら、エヴァンゲリオンみたいな全てを有耶無耶にするトリップシーンやら、イジりどころを挙げだすとキリがない。

映画ドラえもんのデビューをこの作品で迎えてしまった哀れな子供たちがそこそこいることを思うと、涙を禁じ得ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨックモック

3.0 エコをテーマにしていたと思わせておいて、平和への祈りを込めた内容...

kossyさん
2018年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 エコをテーマにしていたと思わせておいて、平和への祈りを込めた内容になっていた。思えば『地球が静止する日』と同じテーマだったわけだ。

 新しい声優陣に替わってから、ジャイアンが結構かっこいい。今回も許しを乞う場面でちょっぴり泣かせてくれる。クライマックスは荘大なSFドラマとなっているし、植物星人の姫様を助けることで人間の良さをアピールするけど、ドラえもんのアニメじゃなければハリウッド的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0堀北真希の

てんさん
2018年4月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

声がハマらなかったのと。
最後のぐにゃぐにゃがドラえもんっぽくなかった。怖い

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
てん

3.0自然保護のテーマを訴える

2017年2月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪コメント書き込み一部を除き回復、皆様色々ありがとうございます
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラえもん」シリーズ関連作品