映画ドラえもん のび太と鉄人兵団

劇場公開日

18%
51%
26%
1%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球を襲う巨大ロボット軍を相手に戦うドラえもんとのび太たちの活躍を描く人気TVアニメの劇場版第八作。原作・脚本は「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」の藤子不二雄、監督も同作の芝山努がそれぞれ担当。

1986年製作/97分/日本
配給:東宝

ストーリー

夏休み--。のび太の家の庭に巨大な機械のパーツが降って来た。家の中では狭すぎると、のび太はドラえもんの助けを借りて“逆世界入りこみオイル”で鏡の中の世界へと運びこんだ。その後からも次々と降って来るパーツを全部集めて組み立てると、何と巨大ロボットができあがった。のび太たちは、ザンダクロスと名付けたそのロボットで鏡の中を遊び回る。そんなある日、町に不思議な少女が現われた。リルルという名のその少女が、ロボットの持ち主だと知ったのび太は、鏡の中の世界の入口ごとリルルに返した。数日後、ロボットのことが気になったドラえもんとのび太は鏡の中に入ってみた。そこは現実の街並みが鏡に写った世界とは似ても似つかない、機械された基地だった。リルルは、実はメカトピアから地球を征服するための準備として基地を作りに来たのだった。だが、次元震が起こり、基地は破壊されリルルも傷を負って倒れた。一方、鉄人兵団は、地球を目指してメカトピアを出発していた。のび太は、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫、しずかの五人で、鉄人兵団を鏡の中の世界に誘い込む準備をした。とうとうロボットたちが鏡の中の世界に姿を現わした。圧倒的な力の差だが、ドラえもんの知恵と、のび太たちの勇気でロボットたちを見事に追い払うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0思いやりの心が奇跡を呼んだ!

2022年3月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい

4.5映画ドラえもんの中でトップクラスで面白い

2022年3月15日
スマートフォンから投稿

Amazonプライムで一挙放送やってるから順に観てるけど、これはめちめちゃ面白いね。

まず、ヒロインのリルルがめっちゃ魅力的だわ。可愛いし
この映画の主役になってて、役割もちゃんとしてる。声優さんも上手。

ストーリーも紆余曲折あるし、ワクワク感とかリルルの成長する過程とか、見所が随所にあって素晴らしい。
飽きずに見れる。
映像はやっぱ昔の映画だから汚いけどね、でも内容は本当によく考えられてると思う。

この映画のいい所はドラえもんが道具で
全部解決しない所もいいね。
しずかちゃんとリルルが主役みたいな映画だけど、ちゃんとキャラが皆立ってて面白い。しずかちゃんが主役で全然いい。

星4.5なのはやっぱり矛盾はあるからかな
湖のオイル取り除くことはできなかったの?とか、しずかちゃんの家のお風呂勝手に使うのってどうなのとかねw
まーでもそこをつっこんだとしても名作だと思うわ。

のび太の恐竜2006も観たけど、マジで比べ物にならないくらいこっちの方が面白いね
映像の汚さ差し引いたとしても。
世代交代したドラえもんが悪いとは言わない。しずかちゃんめっちゃ可愛いくなってるしw
でも、ドラえもんとしての面白いさは断然こっちの方が面白いわ。
まだ新しいドラえもん映画恐竜しか観てないけど、全部あんなんだったら嫌だなーと思いつつこのレビューは終わり。

いい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
サブ垢1

4.5作品性はシリーズ中でもずば抜けている

2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

やはり1本あげるとなると、これになりそう。全作見をしてもやはり動かず。

ディティールを見ると粗かったりするし、物語の運びに幼稚なところもあるが、本作でしか感じられないピュアな切実さがある。ドラえもんにわざわざ求めない要素かもしれないけど、リルルというヒロイン像はドラえもん長編でなければ描けない存在だったとも思う。

また、本作はみんなの言動も他作にはないくらい芯を突くものが多い。たとえばのび太がリルルを撃とうとして撃てないシーン。ジャイアンやスネ夫がリルルを信用できない、と言い張るシーンもある意味らしくて良い。しずかちゃんとリルルの言い争いもそう。全キャラがとても生き生きしている。

そしてラストの展開は、ドラえもん映画の枠を越えて賞賛されるべきだと思う。非常にざっくりな演出が勿体ないけど、リルルが、生まれ変わりたい、と思い自ら操作、天使になる、という流れは何度見ても胸を打つものがある。しずかちゃんの号泣は全作中これがマックスだろう。

まあ、興収みてもそうでもなかったり、いまひとつな評価も実はわかる。これ、内容が完全に男の子寄りだし、家族向けにはちょっとハード。間口が狭いのだ。
でも、その作品性はシリーズ中でもずば抜けていると思う。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
okaoka0820

4.0しずかちゃんが、ミクロスの言葉を理解したから地球が救われた。(まぁ...

ぱるこさん
2020年5月21日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

しずかちゃんが、ミクロスの言葉を理解したから地球が救われた。(まぁ、ミクロスはそんな気はなかったけど。)
スネ夫が泣き虫。すぐ、ママ〜っ!っ言う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ぱるこ
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラえもん」シリーズ関連作品