くじらびと

劇場公開日

くじらびと
37%
50%
8%
1%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インドネシア・ラマレラ村で、伝統の捕鯨を400年間続けながら暮らす人々を捉えたドキュメンタリー。インドネシアの小さな島にある人口1500人のラマレラ村。住民たちは互いの和を何よりも大切にし、自然の恵みに感謝の祈りを捧げ、言い伝えを守りながら生きている。その中で、「ラマファ」と呼ばれるクジラの銛打ち漁師たちは最も尊敬される存在だ。彼らは手造りの小さな舟と銛1本で、命を懸けて巨大なマッコウクジラに挑む。2018年、ラマファのひとりであるベンジャミンが捕鯨中に命を落とした。人々が深い悲しみに暮れる中、舟造りの名人である父イグナシウスは家族の結束の象徴として、伝統の舟を作り直すことを決意。1年後、彼らの舟はまだ見ぬクジラを目指して大海へと漕ぎ出す。ライフワークとして30年間ラマレラ村の人々を追い続けてきた写真家・映像作家の石川梵監督が、2017年から19年までに撮影した映像を基に制作。自然とともに生きるラマレラ村の人々の日常を、繊細かつ臨場感あふれる映像で描き出す。

2021年製作/113分/PG12/日本
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
エクゼクティブプロデューサー
広井王子
プロデューサー
石川梵
撮影
石川梵
山本直洋
宮本麗
録音
Jun Amanto
音響
帆苅幸雄
編集
熱海鋼一
簑輪広二
音楽
吉田大致
*はなおと*
森麻季
映画題字
山崎秀鴎
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0今年最高の一本

2021年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

グローバルな価値観とローカルの価値観が衝突したとき、私たちはどう考えたらいいのか。本作はインドネシアでクジラ漁を伝統文化としているラマレラ村のドキュメンタリーだ。この土地は火山岩だらけで作物は育たない。村人が食べていくにはクジラを狩る以外の選択肢はなかった。それが伝統として今も根付いている。
世界的な価値観の中で、クジラ漁は厳しい立場に立たされている。マイノリティの人権をと叫ばれる昨今ではあるが、こうした少数民族や小さな村の伝統は、グローバルな価値観に押しつぶされかかっている。
クジラ漁は危険だ。映画の中でも1人の若者が命を落とす。クジラの保護とともに、この危険な伝統は若い人の安全を考えていない、とグローバルな価値観の中では言われてしまうのかもしれない。
しかし、この村にとってのクジラ漁は単なる食糧確保の手段ではない。村の文化の中心でもあり、彼らのアイデンティティのよりどころでもある。
自分が自分らしく生きられるようにするのが、今の「正しい」生き方なのだとしたら、いかにクジラ漁が残酷で危険だったとしても彼らのアイデンティティを否定できない。
この映画には、本当の意味での多様性の複雑さと奥深さがある。そして、人間の生きるエネルギーに満ち溢れている。今年最高の一本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

5.0奇跡の映像

ジョーさん
2022年7月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 上空から撮影した大海原と舟とクジラ。面と線が織り成す「奇跡の映像」。
 上空からでは、静かな海に漂う舟のようにしか見えない。

 けれど、ひとたびカメラが地上に下りてくると、そこはくじらの血しぶきと漁師たちの歓声。
 漁師たちと一頭のマッコウクジラの死闘。
 そこには、年間クジラを10頭捕獲しないと生活がたちゆかない村人たちの背景まで飲み込まれる。

 この遠近の見事な映像に完全に引き込まれる。
 このために、漁師みんなが新たに最強の舟を作り、最強の帆と、最強のモリでくじらを迎え撃つ。
 その職人芸すらも混ざり合って、私たちが目にするのは、ただただ、大海原と舟とクジラ。

 まさに、「奇跡の映像」ここにあり、である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョー

3.0インドネシアの鯨漁

2022年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

インドネシアの人口1500人ほどの島で行われている、鯨漁を取材している。
銛を持ってクジラめがけて船から飛び降りて打ち込むという大変危険な漁だ。
取材中にロープが絡まって島民が命を落とすなど、生きていくために命がけなことがよく分かる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0うばいうばわれ

ののさん
2022年2月26日
iPhoneアプリから投稿

野生と向き合う人本来の姿に?
迫力に?
おもわず泣いてしまった。
予兆もなく涙が出てきてびっくりした。
フィールドワークの果てにある作品は、
8歳と5歳の子供達にも何かを伝えてくれたようだ。

よかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のの
すべての映画レビューを見る(全43件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る