散り椿

劇場公開日

散り椿
14%
41%
31%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、死の床で最期の願いを新兵衛に託す。それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を助けてほしいというものだった。妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、やがてある確証を得て采女と対峙する。過去の不正事件の真相や妻の本当の思いを知る新兵衛だったが、その裏では大きな力が彼を襲おうとしていた。主人公・新兵衛を岡田准一、かつての友・采女を西島秀俊が演じるほか、黒木華、池松壮亮、麻生久美子ら日本映画界を代表する豪華俳優陣が集結。

2018年製作/112分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演男優賞 岡田准一
最優秀助演男優賞 西島秀俊
新人俳優賞 芳根京子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2018「散り椿」製作委員会

映画レビュー

2.0岡田准一よ。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

藤純子まで揃えて日本任侠伝の筋を土台に三船の着こなしと癖を真似て黒澤に寄せといての山田洋次時代劇かい。
岡田准一 よ、たそがれ真田広之に成るな、狼たちのアル・パチーノに成れ、まだ間に合う。
五月蝿い木村大作は景色を撮る人で良くないか。
何せ猛烈に古い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.0五色八重散椿

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公( 岡田准一)は藩のスキャンダルにより、愛する妻(麻生久美子)と共に離れて暮らしていた。
しかし、妻が亡くなり、遺言を受けて藩に戻るが、スキャンダルの再燃かと、重臣は恐れる。
昔の親友で妻の恋敵だった男(西島秀俊)は、かなりの地位まで上がっていたが・・・。
武家社会で生き抜くのは、現代の社会で生き抜くこととあまり変わらないのでは。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0ただひたすら美しく人を斬る話

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

一言で言うと勧善懲悪の話なのですが、いろいろケレンを持たせては人を斬る、という造りになっています。
数々の殺陣のシーンは、それはもう芸術的に美しいです。
撮影カメラマンが監督業に進出して、撮りたい絵をこだわり抜いて撮っては並べたという映画なのでしょう。

こだわり。
その中には、剣と剣がぶつかって刀が歯こぼれするというリアルな点までが含まれているのだと思います。

でもストーリー的には、どうよ、と思うのですね。

お話はケレンだらけでグシャグシャで、爽快感がありません。

そういうわけで、この映画は、殺陣を鑑賞するための映画というべく、もしかしたら外国人に日本の美・あるいは芸術の深さを感じさせる意味でなら、値打ちのある映画なのかも知れません。
外国で公開されるのなら、の話ですけどね。

映画において、ケレンは必要最小限に留めないと、観ている側が困惑するだけの作者サイドの自己満足に陥りかねないのだな、と感じました。

そのほか、浪人時代の岡田准一の贅沢きわまりない暮らしぶりや、奥様の娘じみた服装について、時代考証の人は違和感を感じなかったのでしょうか。
若殿の初めてのお国入りが、馬に乗って、わずか数騎で……なんていう、およそあり得ない構図を、どうして許してしまったのでしょうか。
私はあらゆる部分に違和感を感じ、背中がモゾモゾしましたよ。

しょせん監督の器でない、単なる撮影カメラマンのこだわり映像集に過ぎない、と醒めた目で観るしかありませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.0黒澤明を感じる!

2020年4月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

監督の木村大作は、
用心棒の撮影助手で
手首を咥えた犬を撮ったという。
岡田准一のチャンバラ炸裂。
さすが
ジクンドウの達人
しかし
もっとユーモアのセンスあればよかったなあ!
血が飛び散る殺陣は
散り椿のごとくか?
映像は
美しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
大阪ぶたまん
すべての映画レビューを見る(全164件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る