母さんがどんなに僕を嫌いでも

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
母さんがどんなに僕を嫌いでも
19%
35%
34%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に立ち向かっていく。タイジ役を太賀、母・光子役を吉田がそれぞれ演じ、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンをはじめ、白石隼也、秋月三佳、木野花らが脇を固める。監督は「すーちゃん まいちゃんさわ子さん」の御法川修。

2018年製作/104分/G/日本
配給:REGENTS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

映画レビュー

3.5テレビ向きの画作り。延々続く虐待描写がつらい

AuVisさん
2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

御法川修監督は映画だけでなくテレビドラマ、CM、MVと幅広く活動する映像作家で、顔のアップを多用する画作りはテレビやスマホなど比較的小さい画面での視聴には向くが、映画用の大きなスクリーンではうっとうしく感じる。スケール感のある構図で映画らしい感興を覚えることもなかった。あと、回想と現在を切り替えるときの効果がしつこい。もっとシンプルに転換しても、観客は理解できるのに。

原作ものなので致し方ない事情もあるだろうが、虐待とネグレクトの描写が、飛び飛びとはいえ全体で相当のボリュームがある。観る方も相応の忍耐を強いられる。虐待された経験のある人が観たらトラウマを刺激されないかと心配だ。

吉田羊はこんな鬼母役をよく引き受けたと感心する。もともとクールな印象を帯びた女優なので、加虐傾向のあるキャラクターを演じると一層恐ろしい。難役だが、まさに“心を鬼にして”演じきった点は評価したい。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

5.0豚なんかじゃない、優しく強い子

2019年11月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

耐え難き仕打ちを受けながら、
切りたくても切れない縁。
赦し受け入れられる強い優しさに感動。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.0DVの連鎖

2019年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幼いころ母親のDVで肉体的にも精神的にも痛めつけられ、17歳で家を飛び出す。
大きくなって働き始めた主人公は仲間に恵まれ、少しずつ癒されていく。
そんな時、音信不通だったはずの母から連絡が入る。
前半は悲惨、後半は出来過ぎのような。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0意味不明のシーンが多い

さなさん
2019年10月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さな
すべての映画レビューを見る(全54件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「母さんがどんなに僕を嫌いでも」以外にこんな作品をCheck-inしています。