母さんがどんなに僕を嫌いでも
ホーム > 作品情報 > 映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
メニュー

母さんがどんなに僕を嫌いでも

劇場公開日

解説

小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを太賀、吉田羊の共演で映画化。タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択したタイジだったが、友人の言葉に動かされて母ときちんと向き合う覚悟をする。大人になってもタイジを拒絶する母。そんな母からの愛を取り戻すため、タイジは母に立ち向かっていく。タイジ役を太賀、母・光子役を吉田がそれぞれ演じ、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンをはじめ、白石隼也、秋月三佳、木野花らが脇を固める。監督は「すーちゃん まいちゃんさわ子さん」の御法川修。

キャスト

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 REGENTS
上映時間 104分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全35件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

レディ・プレイヤー1 恋は雨上がりのように ビリギャル SCOOP!
レディ・プレイヤー1 (字幕版) 恋は雨上がりのように ビリギャル SCOOP!
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「母さんがどんなに僕を嫌いでも」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi