空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
空海 KU-KAI 美しき王妃の謎
9%
24%
36%
18%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

弘法大師としても知られる真言宗の開祖で、遣唐使として中国に渡った若き日の空海を主役に描く、日中合作の歴史ファンタジーミステリー。夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、「さらば、わが愛 覇王別姫」「始皇帝暗殺」の名匠チェン・カイコーがメガホンをとり、主人公の空海を海外作品初挑戦となる染谷将太が演じた。8世紀、遣唐使として日本から唐へやってきた若き僧侶の空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫っていく。空海の相棒となる白楽天を中国の人気俳優ホアン・シュアン、物語の鍵を握る楊貴妃を台湾出身のチャン・ロンロンが演じるほか、日本から阿部寛、松坂慶子らが参加している。

2017年製作/132分/G/中国・日本合作
原題:妖猫伝 Legend of the Demon Cat
配給:東宝、KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2017 New Classic Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures, Shengkai Film

映画レビュー

3.5日中合作ならのではの苦肉の策。やや窮屈な感じも

AuVisさん
2018年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

若き天才僧侶が仏教の叡智を極めて一休さんみたいに難問奇問を解決していく冒険譚かと思いきや、白楽天に扮するホアン・シュアンと共に案内人のような役回り。それもそのはず、“空海”を題に入れて売り込んでいるのは日本だけで、中国では「妖猫伝」、英語圏では「Legend of the Demon Cat」の題。だが化け猫メインの話でもなく、楊貴妃の悲しい運命とそこにからむ安倍仲麻呂の淡い慕情(創作とはいえ唐の王妃と日本人との本格的な愛を描いたら反発を招きそうだからか)へと移っていく。

唐の都や王宮を再現した壮麗なセットや、妖術などのシーンでのぜいたくな視覚効果で、邦画ではまず太刀打ちでない規模の製作費が投じられているのは一目瞭然。見た目の豪華さや歴史の香りを楽しむ向きにはいいが、微妙な状況の日中関係のせいで映画に窮屈さが感じられてしまうのがもったいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
AuVis

4.0【VFXだと思った長安の街並みがセットである事にビックリ。中国の女優さんたちの艶やかな姿、物語の面白さを堪能した】

NOBUさん
2019年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

 ビジュアルの見事さを含めて、(当時、かなり酷評された)そんなに批判されるような作品ではないと個人的には想った作品。

 獏さんの世界観は表現されていると思ったけどなあ。

 歴史好きはこの映画のビジュアルだけでも、充分魅力的な作品であると思う。

 安禄山の乱あたりの歴史は事前にさらっておいた方が良いですね。

<2018年2月24日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

4.0沙門空海唐の国にて鬼と宴せず。

2019年10月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

製作に10年、日本参加のVFXと邦画では見られない、国家事業的中国の、壮麗絢爛大セット、眩しすぎる美しい衣裳の数々を観たく2回鑑賞…2回共、黒猫の涙にもらい泣き💧

しかし、本作のタイトルが大ミス、「空海」と入れるべきではなかった、と思いました。そんな事ないだろうけど、歴史に全く無知無関心な人が「空海が唐に渡った時、楊貴妃がいたんだ」なんて誤解ないと思いますが…

原作は、夢枕獏さんが17年かけて書き上げた、ライフワークとも言える、壮大な歴史伝奇絵巻で、高野山開創1200年記念に、全4巻新装文庫化されたのを、一気に読破。余りの面白さに何度も電車を乗り越した日々…

映画化の噂が耳に入り、中国資本で壮大なセットをNetNewsで見て、興奮の中で再読…当初、頭の中でイメージしたキャストは、空海→市川海老蔵、橘逸勢→野村萬斎、玄宗皇帝→ジョン・ローン、楊貴妃→再度ファンビンビン…他、ジェット・リー、渡辺謙、チョウ・ユンファ…

話は、密教を求め入唐した空海と、遣唐使の儒学生、橘逸勢の二人が、長安に起きた怪事件解決や怪物退治していく…明智&小林、ホームズ&ワトソン、安倍晴明&源博雅と同様なバティ物…中国合作の為か、逸勢が白楽天に。

その大団円に、玄宗と楊貴妃の悲劇と、凄絶な呪いの謎解き~青龍寺で灌頂を授かる空海~逸勢と共に日本へ出立。

その、玄宗と楊貴妃の話に前半の化け猫退治を合わせ、そこだけ話をメインにした本作は、そもそも空海は脇に近い。なので原題「妖猫伝」か英題「Legend of the Demon Cat」の方が全然しっくりくる。

あと、日本が誇る4人の俳優さんには、拍手を贈りたい。全く想定外な空海を飄々と演じる天才染ちゃん、本当に末裔では?と思わせる阿倍仲麻呂役の阿部寛さん、昔から大好きな松坂慶子さん、帰ってTVつけたら「にっぽん縦断こころ旅」でサイクリングしてた火野正平さん…「そこのみにて光輝く」の義眼オヤジが忘れられない…名優です🙇

それでも、ここ迄やってくれて原作ファンとしては、感無量です。色々文句も言いましたが、関わった全ての方々に感謝します🙏

2018年3月10日/TOHOシネマズ西宮OS、3月17日/MOVIX尼崎にて鑑賞。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
地蔵菩薩🙏

0.5なにかくうかい

2019年10月9日
PCから投稿

全然、空海ではありませんでした。
名前を使ってるだけで。
跳んだりはねたりしてるだけでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全248件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る