ドント・ルック・アップ

劇場公開日:

ドント・ルック・アップ

解説

レオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスが主演し、彗星衝突という地球の危機を察知した落ちこぼれの天文学者と教え子が、世界中にその事実を伝えようと奔走する姿を、「バイス」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督が描いたコメディドラマ。落ちこぼれ気味の天文学者ランドール・ミンディ教授はある日、教え子の大学院生ケイトとともに、地球に衝突する恐れがある巨大彗星の存在を発見し、世界中の人々に迫りくる危機を知らせようと躍起になる。仲間の協力も得て、オーリアン大統領とその息子で大統領補佐官のジェイソンと対面する機会を得たり、陽気な朝のテレビ番組「デイリー・リップ」に出演するなどして、熱心に危機を訴えてまわる2人。しかし人類への警告は至難の業で、空回りしてばかり。そのうちに事態は思わぬ方向へと転がっていき……。ランドールをディカプリオ、ケイトをローレンスが演じるほか、大統領役のメリル・ストリープ、テレビ司会者役のケイト・ブランシェット、補佐官役のジョナ・ヒルをはじめ、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、マーク・ライランスら豪華キャストが集結。第94回アカデミー賞では作品、脚本、編集、作曲の4部門にノミネートされた。Netflixで2021年12月24日から配信。それに先立つ12月10日から一部劇場で公開。

2021年製作/138分/PG12/アメリカ
原題:Don't Look Up

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) レオナルド・ディカプリオ
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジェニファー・ローレンス
最優秀脚本賞 アダム・マッケイ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

Netflix映画「ドント・ルック・アップ」12月24日(金)より独占配信開始

映画レビュー

4.0Anchorman and Vice Strewn Together

2022年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

This overwhelmingly anecdotal environmental sci-fi thriller comedy is masterful in combining genres to make for one humorous modern Twilight Zone episode. The films lead stars give the film a serious side while the Trump era administration caricatures in the White House comprise a twist of dark satirical comedy and Satanic reality. DiCaprio leads the (pre-credits) end with Titanic finesse.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Dan Knighton

5.02021年を象徴する“今”がこれでもかと詰まったブラック・コメディ

村山章さん
2021年12月31日
PCから投稿

最低最悪なことがどれだけ進行していても見ないふりをしていたい大衆心理、そのためならどんな不合理な陰謀論にも乗せられる人間の愚かさ、それを利用する政治や資本家の厚顔さ、すべてが現在進行系の現実そのままだと感じさせる切迫感。本当に笑うに笑えないブラック・コメディで、ただただ悄然とする以外にこの映画の鑑賞法はないのかも知れないとさえ思う。

とはいえ初回は笑わせてもらったし、二回目は腐った現実の代わりにフィクションでこの世界を焼け野原にしてくれたカタルシスに感動して泣いたし、三回目はもはや達観レベルで水のようにサラサラと自分の中に入って流れていった。観るたびに違う顔を見せてくれる多層的な映画であり、ハリウッドの現在最強のスターたちによる最高の悪ふざけだとも思う。

ディカプリオの演説は当然『ネットワーク』だろうし、実際ディカプリオ本人のたっての願いだったそうだが、あの渾身の熱演をぶった切る乱暴さもさすがアダム・マッケイだと思う。最高。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 27 件)
村山章

4.5気候危機、トランプ政権、パンデミック…狂っていく世界を“彗星”に託して笑いのめすブラックコメディ

2021年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

怖い

これまで報道、金融、政治といった特殊な業界の現実や裏側を描いてきたアダム・マッケイ監督が、今度はなぜSF? と観る前は疑問に思ったものだ。だが、監督はSFディザスタームービーを撮りたいわけではなかった。

インタビューで語っているが、着想の原点は、2019年にデイビッド・ウォレス・ウェルズ著『地球に住めなくなる日 「気候崩壊」の避けられない真実』を読んだことだったという。温暖化という危機に今行動を起こさなければ、地球はとんでもないことになる……それを人々に理解してもらうにはどうしたらいいのか。そう考えながら構想に着手し、あるときジャーナリストのデビッド・シロタ(本作の原案に名を連ねている)との会話で、温暖化への今の対応は「彗星が地球に衝突しても、誰も気にしないようなものだ」という例えを聞き、これなら映画になる!と確信したそうだ。

レオナルド・ディカプリオが演じる天文学者とジェニファー・ローレンスの大学院生がホワイトハウスに急遽呼ばれるあたりまではSFサスペンスっぽい導入だ。しかし、半年後に彗星が衝突するというのに、延々待ちぼうけを食わされ、ようやく大統領に直訴できてもまともに取り合ってもらえず、ボンクラ息子の補佐官はさっぱり役立たずだし……というあたりで、ああこれはトランプ政権時代の悪夢を笑いのめすつもりだなと合点がいく。

マッケイ監督はまた、脚本執筆中にパンデミックが起き、現実のディザスターが世界規模で広がっていくのを目の当たりにしたことで、脚本にクレイジーさが足りないと感じ、当初のものより「15%クレイジーさを足した」と語っている。コロナ禍による世界の混乱ぶりもまた、本作の笑いに反映されたわけだ。

いやはやそれにしても、出演陣の豪華なこと。元々はパラマウント配給の予定だったそうだが、2020年2月にNetflixが配給権を買い取ったことで、おそらく俳優の出演料にあてられる予算が潤沢になったからだろう、それ以降続々と大物スターのキャスティングが決まっていった。Netflixの勢いを感じさせる一本でもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 31 件)
高森 郁哉

4.5環境問題が巨大彗星に形を変えて地球を破壊しに来る!?

2021年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

巨大彗星が地球に向かって突進して来ていることを、何とかして周知させようと奔走する天文学者とその教え子。しかし、政府にもメディアにも全然危機感なし。これ、一昔前ならば、例えばアメリカ大統領が緊急事態宣言を発令し、人々が安全地帯に向けて逃げ惑うディザスタームービー&ヒューマンドラマにもなり得ただろう。『アルマゲドン』『ディープ・インパクト』等々。しかし、まじめに地球の未来が危機感を持って語られる今はそうは行かない。巨大彗星が環境破壊の象徴にも、または、パンデミックにも置き換えられるからだ。

アダム・マッケイはそんな全く笑えない状況を、逆にブラックな笑いに転嫁することで観客の危機感を増幅させる。まさに、笑いながら震えるの極致だ。

勿論、オスカー受賞者を多数揃えた配役は映画ファンのお楽しみだ。無責任な大統領を演じるメリル・ストリープ、冷酷なTVキャスターのケイト・ブランシェット、環境活動家のグレタ・トゥーンベリを彷彿とさせる大学院生を演じるジェニファー・ローレンス。そして、危機を周知させるつもりが喧騒に取り込まれ破綻していく天文学者役のレオナルド・ディカプリオ。これは環境保護をライフワークにしているディカプリオにとって、運命的な1作だったに違いない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 20 件)
清藤秀人
すべての映画レビューを見る(全235件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ドント・ルック・アップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。