マイティ・ソー
ホーム > 作品情報 > 映画「マイティ・ソー」
メニュー

マイティ・ソー

劇場公開日

解説

「スパイダーマン」「X-MEN」のスタン・リーによるマーベル・コミックを実写映画化。神々の王の息子ソーは、ごう慢な性格をとがめられ、謙虚さを学ぶために人間界へ送り込まれる。医師ドナルドとして人間界で暮らしていたソーは、ある事件をきっかけに記憶を取り戻し、魔法のハンマー「ムジョルニア」でソーに変身。ヒーローとして人類の敵と戦う。監督はケネス・ブラナー。主演は「スター・トレック」にも出演したオーストラリアの新鋭クリス・ヘムズワース。神々の国の戦士ホーガン役で浅野忠信がハリウッド映画に本格初出演。

作品データ

原題 Thor
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 115分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

特集

世界の映画ファンを旋風に巻き込んだスゴい映画《ヤツ》がやってきた! その名は“ソー”──「マイティ・ソー」!!!
究極の“オレ様ヒーロー”がついに日本上陸!

全米週末興収ランキング2週連続No.1を記録したほか、全世界56カ国で第1位を獲得! 世界の映画ファンを熱狂させた“ヤツ”がやってくる。圧倒的な存在感とパワーで“オレ”を貫く型破りな“オレ様ヒーロー”がついに降臨。7月2日公開「マイテ...特集

インタビュー

浅野忠信、10年先を見据え「まだまだ駆け出し」(1/2)
インタビュー

浅野忠信が、マーベル・コミックスの人気ヒーローを3Dで映画化したアクション超大作「マイティ・ソー」でハリウッド映画に初出演。母方の祖父が米国人で、子どもの頃から潜在意識としてあった“聖地”で確かな一歩を踏み出した。自らのルーツにたどり...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ケネス・ブラナーの知的演出がぎっしり詰まった古典王道系英雄譚
マイティ・ソーの映画評論・批評

アメコミ映画の魅力は、解釈の面白さにある。この古典王道系ヒーローを、今ならどう描くか。そのためのケネス・ブラナー監督の計算の数々に、いちいち納得がいく。まず、主人公のキャラ設定は、屈折したバットマン、中年の危機を迎えたアイアンマンの後...マイティ・ソーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全91件)
  • コミカルなテイストがあふれてる のちの『アベンジャーズ』で見られるようなソーの超人(超神?)ぶりは控えめ。無力化されて地球に追放され、地球人の生活に半ば強引に引きずり込まれる様はチャーミングですらあり、とてもコミカル。 地球で... ...続きを読む

    M.Kotaro M.Kotaroさん  2018年6月2日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 切ないです 若さゆえに勢いで飛び出してしまったソーですが、 持ち前の勇敢さが失われることなく、 仲間たちも助けに来てくれるところを見ると、 いつも情が深いんだろうなと思いました。 地球人のジェーンと関わるた... ...続きを読む

    Re Reさん  2018年5月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • へー ネタバレ! マイティソーの若かりしころの話。 ロキの出生の話とか、もともとやんちゃすぎててハンマー持つ資格なかったとか、北欧の神話からきているキャラクターなんだとか… へー って思いながら見た。 でもそれだ... ...続きを読む

    フィルマークスに移行します フィルマークスに移行しますさん  2018年5月13日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「マイティ・ソー」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi