ブラックパンサー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラックパンサー
18%
55%
22%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2016年公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場した新たなヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。アフリカの超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラが、漆黒のスーツと鋭い爪を武器に戦うブラックパンサーとして活躍する。絶大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」が産出するアフリカの国ワカンダは、その恩恵にあずかり目覚しい発展を遂げてきたが、ヴィブラニウムが悪用されることを防ぐため、代々の国王の下で世界各国にスパイを放ち、秘密を守り通してきた。父の死去に伴い、新たな王として即位したティ・チャラは、ワカンダの秘密を狙う元秘密工作員の男エリック・キルモンガーが、武器商人のユリシーズ・クロウと組んで暗躍していることを知り、国を守るために動き始めるが……。主人公ブラックパンサー=ティ・チャラ役はチャドウィック・ボーズマン。監督を「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラーが務め、同作で主人公クリードを演じたマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーを追い詰める強敵エリック役で出演。これまでに例のない黒人ヒーローの活躍するアクション大作として注目を集め、全米では歴代3位となる興行収入7億ドル突破のメガヒットとなった。第91回アカデミー賞でも、アメコミ原作のヒーロー映画としては快挙ともいえる作品賞を含めた7部門ノミネートという高い評価を受け、美術、衣装デザイン、作曲の3部門を制した。

2018年製作/134分/G/アメリカ
原題:Black Panther
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

受賞

美術賞  
衣装デザイン賞 ルース・カーター
作曲賞 ルドウィグ・ゴランソン

ノミネート

作品賞  
音響編集賞  
録音賞  
主題歌賞

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀作曲賞 ルドウィグ・ゴランソン
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)Marvel Studios 2017

映画レビュー

4.0マーベル映画が挑んだ、歴史に刻まれし最大の跳躍。

2018年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

一つのブランドが安定してくると、その範疇で冒険する余地が生まれる。これまでもマーベル映画は気鋭の監督を巧く活用することで精力的に多種多様なミクスチャーを生み出してきたが、今回、彼らの“冒険”はついに最たる跳躍を見せる結果となった。

キャストの大部分がアフリカン・アメリカンの俳優らによって占められている点も唯一無二ながら、太古からその大地に根ざしたリズムに乗せて彼らの身体から文化、音楽、言語の要素が発せられることで、これまでにない劇的効果が生まれる。そして何よりも、あの真っ赤な民族衣装の近衛兵を始め、キャラの一挙手一投足がしびれるほどカッコイイ。そこに伝統のみならず、科学力や技術力が組み込まれてハイブリッドな物語が生まれ、さらには『ロード・オブ・ザ・リング』をも思わせる様々な民族を交えてのバトルが展開。これで面白くないはずがない。ヒーロー映画の範疇に収まらない、見事な快作に仕上がっていた。

コメントする
共感した! (共感した人 14 件)
ぐうたら

2.0逆差別。

2019年11月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

派手なCG 映像が目立つ見た後なにも残らない典型的マーベル作品でした。この作品がアカデミー賞をいくつか授賞してるそうです。以前、黒人監督や俳優がアカデミー賞に対して、偏見から黒人系の作品が意図的に授賞できないとの抗議がありました。その反動から本作やムーンライトが授賞したとするならそれはまさに逆差別でしょう。私は黒人系の映画であろうがなんであろうが素晴らしい作品が授賞すべきと思いますが、何らかの忖度で賞を与えたりするのであれば、もはやアカデミー賞にはなんの権威もないでしょう。
まさに最近、マーティンスコセッシがマーベル作品を批判し、彼のアイリッシュマンのアカデミー授賞が絶望的だと言われている。マーベル作品の売り上げにアカデミー会員が恩恵を受けているからだという。こんな会員が選出する作品が純粋に素晴らしい作品と言えるのか、疑問である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レプリカント

4.5【時代の流れを素早く作品に反映させるマーベル・スタディオのしたたかさ(褒めてます)】

NOBUさん
2019年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

知的

 1.主役 ティ・チャラ/ブラックパンサー:チャドウィックボーズマン
 2.ライバル エリック・モンガー:マイケル・B・ジョーダン
 3.ティ・チャラが恋するナキア:ルピタ・ニョンゴ
 4.最強女戦士オコエ:ダナイ・グリエ
 5.ティ・チャラに忠誠を尽くすウカビ:ダニエル・カルーヤ
 6.高僧ズリ:フォレスト・ウィティカー

  これでもか!という、黒人俳優最強布陣。

 物語も勿論、完成度の高いエンターテインメント作品。マーベル、流石である。

<2018年3月17日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0ワカンダフォーエバー

2019年10月31日
Androidアプリから投稿

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シンジマン
すべての映画レビューを見る(全395件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ関連作品