ブラックパンサー

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラックパンサー
ブラックパンサー
17%
54%
23%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2016年公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場した新たなヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。アフリカの超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラが、漆黒のスーツと鋭い爪を武器に戦うブラックパンサーとして活躍する。絶大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」が産出するアフリカの国ワカンダは、その恩恵にあずかり目覚しい発展を遂げてきたが、ヴィブラニウムが悪用されることを防ぐため、代々の国王の下で世界各国にスパイを放ち、秘密を守り通してきた。父の死去に伴い、新たな王として即位したティ・チャラは、ワカンダの秘密を狙う元秘密工作員の男エリック・キルモンガーが、武器商人のユリシーズ・クロウと組んで暗躍していることを知り、国を守るために動き始めるが……。主人公ブラックパンサー=ティ・チャラ役はチャドウィック・ボーズマン。監督を「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラーが務め、同作で主人公クリードを演じたマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーを追い詰める強敵エリック役で出演。これまでに例のない黒人ヒーローの活躍するアクション大作として注目を集め、全米では歴代3位となる興行収入7億ドル突破のメガヒットとなった。第91回アカデミー賞でも、アメコミ原作のヒーロー映画としては快挙ともいえる作品賞を含めた7部門ノミネートという高い評価を受け、美術、衣装デザイン、作曲の3部門を制した。

2018年製作/134分/G/アメリカ
原題:Black Panther
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

受賞

美術賞  
衣装デザイン賞 ルース・カーター
作曲賞 ルドウィグ・ゴランソン

ノミネート

作品賞  
音響編集賞  
録音賞  
主題歌賞

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀作曲賞 ルドウィグ・ゴランソン
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)Marvel Studios 2017

映画レビュー

4.0マーベル映画が挑んだ、歴史に刻まれし最大の跳躍。

2018年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

一つのブランドが安定してくると、その範疇で冒険する余地が生まれる。これまでもマーベル映画は気鋭の監督を巧く活用することで精力的に多種多様なミクスチャーを生み出してきたが、今回、彼らの“冒険”はついに最たる跳躍を見せる結果となった。

キャストの大部分がアフリカン・アメリカンの俳優らによって占められている点も唯一無二ながら、太古からその大地に根ざしたリズムに乗せて彼らの身体から文化、音楽、言語の要素が発せられることで、これまでにない劇的効果が生まれる。そして何よりも、あの真っ赤な民族衣装の近衛兵を始め、キャラの一挙手一投足がしびれるほどカッコイイ。そこに伝統のみならず、科学力や技術力が組み込まれてハイブリッドな物語が生まれ、さらには『ロード・オブ・ザ・リング』をも思わせる様々な民族を交えてのバトルが展開。これで面白くないはずがない。ヒーロー映画の範疇に収まらない、見事な快作に仕上がっていた。

コメントする
共感した! (共感した人 14 件)
牛津厚信

3.0脚本がへた

2020年7月7日
PCから投稿

一体どんな問題が起こって何を頑張らなきゃいけないのかさっぱり見えてこない。カメラが動きすぎて目が回るし映像的にも何がどうなってるかわかりにくい。そうこうしているうちにお父さんリスペクトネタが出てきたんで見る気をなくした。

Twitter アカウント変えました。プロフィール参照してください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDO LOHKEN

3.5オコエ(ダナイグリラ)さまの意志の強さと凛々しさに惚れる。 意気軒...

2020年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オコエ(ダナイグリラ)さまの意志の強さと凛々しさに惚れる。
意気軒昂で王座への執拗以上とも思える毅然とした忠誠心。
それでいてティチャラとナキアへのとてもとても温かい目線。
ウィッグ装着時もチャーミング。
相手の武器を原始的と言っておきながら次の瞬間、自分の武器がさらに原始的なところが素敵。
(武器自体はめっちゃ未来的で高性能のようだが)

監督が言っているアフリカは女家長制的でそれを前面に押し出したかったというところは、
ティチャラが3人(妹、元カノ、親衛隊)のそれぞれポジションが違う女性、母親に支えられて成長していく姿が本当によく表現されていると思う。

ワガンダ王国の風景映像、音楽がアフリカテイストでマーベルっぽくないところがまたいい。
まるで世界遺産かなにかの絶景を景観しているかのよう。
朝焼けやご来光、美しい自然の景色を見ているとなぜか涙がこぼれるのだが、最後のワカンダからの景色が最高過ぎて泣いてしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
UPtwHmNNLjBjFuAF

3.5ヒーロー一族のお家騒動。

2020年6月22日
iPhoneアプリから投稿

主人公の国が本当は超先進国なのに、発展途上国の振りをしてるのが面白いのと、国内の部族や風習、民族衣装等の作り込みがハンパなくて楽しいです。その分、ヒーローとしての活躍がイマイチで、前半の韓国のシーンなんかは水増し的であまり必然性がないです。でも、世界観に独特の魅力があるので、マーベルユニバース入りより、独立したシリーズにした方が面白いかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマディクト
すべての映画レビューを見る(全427件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ関連作品