アントマン
ホーム > 作品情報 > 映画「アントマン」
メニュー

アントマン

劇場公開日

解説

「アベンジャーズ」シリーズや、それに連なる「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」など数々のヒーロー映画を成功させているマーベルスタジオが送り出す、体長1.5センチのヒーロー「アントマン」の活躍を描いたアクション作品。仕事もクビになり、養育費が払えないため最愛の娘にも会えないスコット・ラング。そんな崖っぷちのスコットに、謎の男ハンク・ピムから意外な仕事のオファーが届く。それは、体長わずか1.5センチになることができる特殊スーツを着用し、「アントマン」になるというものだった。選択の余地がないスコットは渋々ながらもアントマンとなり、人生をやり直すための戦いに乗り出す。スコット・ラング役で「40歳の童貞男」「ウォールフラワー」のポール・ラッドが主演し、ハンク・ピム役で名優マイケル・ダグラスが共演。監督を「イエスマン “YES”は人生のパスワード」のペイトン・リードが務め、当初はメガホンも取る予定だった「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライトが脚本を手がけた。

キャスト

作品データ

原題 Ant-Man
製作年 2015年
配給 ディズニー
上映時間 117分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

ポール・ラッドがM・ダグラスに仕掛けたイタズラとは!? ペイトン・リード監督が真相を激白
インタビュー

アイアンマンやキャプテン・アメリカといった人気ヒーローを次々と送り出してきたマーベル・スタジオの新たなヒーローはアントマン。体長1.5センチになれる特殊スーツをまとい、アリたちを戦友にしてミッションに挑む異色のヒーローを演じたポール・...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スモール・イズ・ビューティフル。シンプルかつユーモアたっぷりな痛快ヒーロー映画
アントマンの映画評論・批評

スーパーヒーロー映画には強大な敵が不可欠だ。そうでなければ観客はハラハラできないし、不利な立場にある主人公が強い敵を破ってこそ、爽快感を味わうことができる。問題は、強敵との戦いを経験するごとに主人公がレベルアップしてしまうことで、新作...アントマンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全329件)
  • 小さくなれる設定を存分に活かしている ネタバレ! 小さくなれる設定を存分に活かしている作品。 設定は、 (a)蟻サイズまで小さくなれるスーツ(ボタン一つで元のサイズに戻れる) (b)ある種の電磁波を蟻たちに与え、蟻たちを操れるアイテム(イヤホン... ...続きを読む

    不死鳥 不死鳥さん  2019年3月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ヒーローになるチャンス 元々はヒーローとはかけ離れた生活をしていたが、その頭脳を買われヒーローになるチャンスを貰いヒーローになったスコット。 他のマーベルヒーローに比べたら道具に頼る部分はつよいが、その分仲間と団結して... ...続きを読む

    KZK KZKさん  2019年3月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • コメディ重視のB級映画 ありがちなストーリーすぎて退屈。 アクションだからなんとか見れている感じ。 主人公がアントマンに選ばれた理屈が雑。 自分はスーツ着過ぎて体が不調だから、それを他人に着せる。大事な娘には着させない... ...続きを読む

    yta07 yta07さん  2019年3月9日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「アントマン」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報