アントマン インタビュー: ポール・ラッドがM・ダグラスに仕掛けたイタズラとは!? ペイトン・リード監督が真相を激白

ホーム > 作品情報 > 映画「アントマン」 > インタビュー > ポール・ラッドがM・ダグラスに仕掛けたイタズラとは!? ペイトン・リード監督が真相を激白
メニュー

アントマン

劇場公開日 2015年9月19日
2015年9月18日更新
画像1

ポール・ラッドがM・ダグラスに仕掛けたイタズラとは!? ペイトン・リード監督が真相を激白

アイアンマンやキャプテン・アメリカといった人気ヒーローを次々と送り出してきたマーベル・スタジオの新たなヒーローはアントマン。体長1.5センチになれる特殊スーツをまとい、アリたちを戦友にしてミッションに挑む異色のヒーローを演じたポール・ラッドと、タッグを組んだペイトン・リード監督が初来日し、最小ヒーローの物語「アントマン」の舞台裏を最高のコンビネーションで語った。(取材・文/政氏裕香)

画像2 (C)Marvel 2015 [拡大画像]

本作は、人生がけっぷち男スコット・ラングが、別れた妻と暮らす愛娘のためにヒーローになろうと奮闘する姿を描いたアクション・エンタテインメント。「40歳の童貞男」や「無ケーカクの命中男 ノックトアップ」といったコメディ作品で活躍してきたラッドは、アントマンスーツを初めて装着した時のことを、「あれを着たスーパーヒーローの気分にならないでいるなんて不可能さ。採寸している最中だったんだけど、思わず鏡の前でいろんな角度から眺めたよ」と立ち上がって当時の興奮を再現。「今までのマーベル映画のなかで1番クールなコスチュームだと思うね」と胸を張る。

一方、「イエスマン “YES”は人生のパスワード」「チアーズ!」など爽快なドラマを手がけてきたリード監督は、子どもの頃からのコミック好きで、いつかマーベル映画を監督したいと思い続けていたという。「夢がかなって天にも昇る気持ちだった。『アントマン』は、僕にとってパーフェクトな作品なんだ。ポールとは感性が似ているし、ストーリーもアクションあり、アドベンチャーあり、コメディありと、いろんな要素が詰まっていて最高の映画さ」

アントマンの戦闘スタイルは実にユニーク。体のサイズを自在に変化させるだけでなく、縮小時には弾丸のように空を切り、けた違いの破壊力を発揮する。そんなアクションシーンはVFXが駆使されたため、ラッドはグリーンバックでの撮影で想像力を最大限に働かせた。なかでも、アントマン同様に伸縮自在の悪役イエロージャケットはモーションキャプチャーで描くことになったために実物のコスチュームが存在せず、撮影風景はスリリングな完成版とはかけ離れていたようだ。

ラッド「僕はアントマンスーツを着ていたけど、イエロージャケットを演じたコリー(・ストール)は……」

リード監督「全身タイツ」

ラッド「そう(笑)。全身タイツで、ピンポン玉みたいなのが先端についた棒を頭にくっつけたような状態だったから、はっきり言って笑えたよ。そんな姿の男を脅威だと思って演技するわけだけど、はたから見たらクレイジーだよね」

リード監督「スキューバダイビングに行く途中でうっかり撮影現場に紛れ込んじゃった人みたいな見てくれなんだから(笑)」

画像3 (C)Marvel 2015 [拡大画像]

ユーモアあふれる会話からにぎやかな現場だったことは想像に難くないが、抱腹絶倒のエピソードがあった。初代アントマンでありスコットを後継者に抜てきする科学者ハンク・ピムを演じた名優マイケル・ダグラスに対し、ラッドはイタズラを仕掛けることに。その内容は、ふたりが共演する最後の日が取調室の場面だったことから、ダグラスの代表作「氷の微笑」でシャロン・ストーンが脚を組み替えるあの有名なシーンを、演技中の大先輩の前で真似しようというもの。ジーンズを下し、股間をTシャツで隠しながらイスに座ったラッド。ところが、肝心のモノの位置を直すのに手間取り、ただただまさぐっているような格好になってしまったのだ。ダグラスに白い目で見られるという結果に終わったこの失敗談を米トーク番組で明かしていたラッドは、「一部始終を知るペイトンの目線で話してもらったら面白そうだ」と身を乗り出した。

リード監督「マイケルは何も知らないから大真面目にセリフを言っていたし、カメラが寄っていたからポールの行動に全く気づいていなかったんだ。だけどカットがかかった後みんなが爆笑しているから、マイケルは『何がおかしいんだい?』って。だから、僕らが一から説明しなきゃいけないっていう残念な展開になってしまったよ」

ラッド「僕としては“もろ出し”にしたかったんだ。だけど、座ったときに下着のゴムが上がっちゃったせいで思い通りにいかなくて。それで苦戦していたって説明すれば説明するほど、変態に聞こえちゃうのがツラいとこだよね」

リード監督「最後に狙いがわかってマイケルは喜んでいたと思うよ。笑っていたし」
ラッド「そうだと自分に言い聞かせているよ。あれは本当に大失敗だった!(笑)」

そんな無邪気さが魅力のラッドは、来年公開予定の「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー(原題)」にも参戦。すでに撮影を終えており、「誰も見ていないときに、キャプテン・アメリカの盾に触ってみたんだけど、ワォ!って思ったよ(笑)」と得意げにポーズを決めた。さらに、本作のために鍛え上げたボディがこの6週間ほど旅行をしていたためにたるみ始めたと言いつつ、帰国後すぐにトレーニングを再開すると宣言。「『アントマン2』が実現する時に備えて今からを準備しておかないとね」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

スモール・イズ・ビューティフル。シンプルかつユーモアたっぷりな痛快ヒーロー映画
映画評論

スーパーヒーロー映画には強大な敵が不可欠だ。そうでなければ観客はハラハラできないし、不利な立場にある主人公が強い敵を破ってこそ、爽快感を味わうことができる。問題は、強敵との戦いを経験するごとに主人公がレベルアップしてしまうことで、新作...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アントマン MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 俺たちニュースキャスター[Blu-ray/ブルーレイ] ぼくたちの奉仕活動[DVD] クルーレス スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD]
アントマン MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 俺たちニュースキャスター[Blu-ray/ブルーレイ] ぼくたちの奉仕活動[DVD] クルーレス スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD]
発売日:2016年1月20日 最安価格: ¥3,136 発売日:2013年9月13日 最安価格: ¥1,391 発売日:2012年5月9日 最安価格: ¥1,000 発売日:2005年12月16日 最安価格: ¥4,298
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全315件)
  • いまいち ネタバレ! ...続きを読む

    Syu Syuさん  2018年9月20日 01:44  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • これは凄い アントマトアンドアプスを見てから、期待なしで見たけど、凄いじゃない。本当に普通の生活からこの世界に入ることから、全て 何もなくても入り込める。こんな映画はじめて。自然な人間を引き込めるこれほどの... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年9月17日 23:19  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 小さい世界が異次元😁 水道管の中、コンピュータの中、アタッシュケースの中、おもちゃの中、どれも見たことないスケールでドキドキ!!アクションも大きくなったり、小さくなったりで目が離せない。まぁ小さくなるとパンチが強くな... ...続きを読む

    おじさん おじさんさん  2018年9月17日 15:25  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi