アントマン : 映画評論・批評

メニュー

アントマン

劇場公開日 2015年9月19日
2015年9月15日更新 2015年9月19日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

スモール・イズ・ビューティフル。シンプルかつユーモアたっぷりな痛快ヒーロー映画

スーパーヒーロー映画には強大な敵が不可欠だ。そうでなければ観客はハラハラできないし、不利な立場にある主人公が強い敵を破ってこそ、爽快感を味わうことができる。

問題は、強敵との戦いを経験するごとに主人公がレベルアップしてしまうことで、新作を作るたびに、さらに強い敵を登場させなくてはならなくなる。最近のマーベル作品では、宇宙人や人工知能、神様とスケールアップしつづけている。この現状に危機感を抱いたのかどうかはわからないけれど、最新作「アントマン」において、マーベルは真逆の方向に舵を切った。主人公を大きくするのではなく、ミクロ化してしまったのである。

画像1

スケールが小さくなれば迫力も減ると思うかもれないが、「アントマン」は違う。アリの視点で見れば、世界は巨大で驚きに満ちているためで、実際、小部屋を舞台に展開するこの映画のクライマックスは、「アベンジャーズ」シリーズにひけをとらない。

ハリウッドにはミクロ映画の系譜があるが、最新のVFXを駆使して実現させただけでも、「アントマン」は見る価値がある。おまけに、最近のマーベル作品はクロスオーバーが多すぎて話が複雑になりすぎるきらいがあるが、「アントマン」は強盗映画の公式にのっとったシンプルなストーリーだし、そのくせ倒錯したユーモアがたっぷり込められていて――とくにマイケル・ペーニャ演じるキャラクターは最高だ――、痛快な作品に仕上がっている。第12作目にして、これほど独創的な映画を作ることのできるマーベルには脱帽だ。

小西未来

関連コンテンツ

インタビュー

ポール・ラッドがM・ダグラスに仕掛けたイタズラとは!? ペイトン・リード監督が真相を激白
インタビュー

アイアンマンやキャプテン・アメリカといった人気ヒーローを次々と送り出してきたマーベル・スタジオの新たなヒーローはアントマン。体長1.5センチになれる特殊スーツをまとい、アリたちを戦友にしてミッションに挑む異色のヒーローを演じたポール・...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

アントマン MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 俺たちニュースキャスター[Blu-ray/ブルーレイ] ぼくたちの奉仕活動[DVD] クルーレス スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD]
アントマン MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 俺たちニュースキャスター[Blu-ray/ブルーレイ] ぼくたちの奉仕活動[DVD] クルーレス スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD]
発売日:2016年1月20日 最安価格: ¥3,136 発売日:2013年9月13日 最安価格: ¥1,391 発売日:2012年5月9日 最安価格: ¥1,000 発売日:2005年12月16日 最安価格: ¥4,298
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全315件)
  • いまいち ネタバレ! ...続きを読む

    Syu Syuさん  2018年9月20日 01:44  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • これは凄い アントマトアンドアプスを見てから、期待なしで見たけど、凄いじゃない。本当に普通の生活からこの世界に入ることから、全て 何もなくても入り込める。こんな映画はじめて。自然な人間を引き込めるこれほどの... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年9月17日 23:19  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 小さい世界が異次元😁 水道管の中、コンピュータの中、アタッシュケースの中、おもちゃの中、どれも見たことないスケールでドキドキ!!アクションも大きくなったり、小さくなったりで目が離せない。まぁ小さくなるとパンチが強くな... ...続きを読む

    おじさん おじさんさん  2018年9月17日 15:25  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi