氷の微笑

劇場公開日

6%
46%
36%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

元ロック・スターの惨殺事件を追う刑事と容疑者の美人小説家とのやりとりを描くエロティック・サスペンス。監督は「トータル・リコール」のポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、脚本はジョー・エスターハス、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。

1992年製作/アメリカ
原題:Basic Instinct
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

元ロック・スターがある夜ベッドの上で惨殺された。凶器はアイス・ピック。サンフランシスコ市警察殺人課のニック・カラン(マイケル・ダグラス)は相棒のガス(ジョージ・ズンザ)とともに、最後に被害者といるところを目撃された彼の恋人キャサリン・トラメル(シャロン・ストーン)を訪ねた。彼女は数ヵ月前に今回の事件そっくりのミステリー『愛の痛み』を発表しており疑惑は増すが、彼女は警察の尋問を軽くクリア。キャサリンは次回作に、以前捜査中に誤って観光客を射殺してしまい「シューター」(早撃ち)とのあだ名をもつニックをモデルに小説を書くことを告げた。捜査はキャサリンに翻弄され難航、ニックの恋人で警察付きの心理学者でもあるベス・ガーナー(ジーン・トリプルホーン)の心配をよそに、ニックは次第にキャサリンの甘い罠に落ちていった。ある日ニックは、事あるごとに衝突していた内務監査局のニールセンと口論となるが、直後に彼が頭を撃ち抜かれたため殺人容疑がかかり、休職を命ぜられるハメとなった。さらにニックはキャサリンの同性愛者のロキシーに嫉妬から命を狙われるが、逆にロキシーが事故死。落ち込むキャサリンの言葉をヒントに、ベスがキャサリンと学生時代同性愛関係にあり、別れた夫は謎の死を遂げていたことが判明したが、ベスはキャサリンの罠だと主張した。深まる疑惑の中、最後に刑事が死ぬ『シューター』と名付けられた小説は完成。キャサリンはニックに別れを告げる。未だ休職中のニックは、ガスとともにさらなる情報収集のため捜査を続けるが、ガスはエレベーターでアイス・ピックにより惨殺、居あわせたベスはニックの銃弾を浴びた。ベスの部屋からは殺人の物証が続々と発見、事件が解決へ向かう中ニックはキャサリンと再び身体を重ねるが、そのべッドの下にはアイス・ピックが隠されているのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第16回 日本アカデミー賞(1993年)

ノミネート

外国作品賞  

第50回 ゴールデングローブ賞(1993年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) シャロン・ストーン
最優秀作曲賞 ジェリー・ゴールドスミス

第45回 カンヌ国際映画祭(1992年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ポール・バーホーベン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5ニック刑事

2021年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

リドリー・スコットの「ブラック・レイン」でマイケル・ダグラスが演じた刑事の役名もニック、感情をコントロール出来ず素行が悪く危険な香りがする人間性もソックリ、大阪で一仕事終え帰国後ニューヨークから移動したニック刑事の官能的な「ブラック・レイン」の続編って位にマイケル・ダグラスの演技がワンパターン。

劇場公開時、シャロン・ストーンにモザイクはあったのか?配信ではバッチリ見えている話題になったあの場面、アヤフヤなまま一件落着からの疑いを匂わせながらエンディングを迎える展開が良いのか悪いのか??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.5バーホーベンの真骨頂。

2021年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

久々にBSにて鑑賞。バーホーベン監督のオランダ時代の「四番目の男」を彷彿とさせるエロティックサスペンス。
彼のハリウッド時代、「ショウガール」同様、観る者を常に挑発する彼の作風がもっとも如実に現れた作品と言える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レプリカント

2.5反り

Kjさん
2021年8月29日
iPhoneアプリから投稿

殺陣のような絡み。足の組替え。エロスは遠い。悪趣味具合は、今はもはや笑えないレベルに時代が変わってしまった。知的な高学歴な女性がレズで殺人魔という偏見に取り憑かれた妄想展開。隔絶の感あり。
邦題でインプットされていたので、原題に改めて驚き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

4.0伝説のエロエロ映画

2021年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カールⅢ世
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「氷の微笑」シリーズ関連作品