エターナルズ

劇場公開日:

解説

「アベンジャーズ」シリーズをはじめとしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で知られるマーベル・スタジオが送り出すヒーローアクション大作。太古から人類を見守ってきた「エターナルズ」と呼ばれる者たちの活躍を、「ノマドランド」でアカデミー賞を受賞したクロエ・ジャオ監督が描く。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、これまで人知れず人類を守ってきたエターナルズが姿を現し、未曽有の危機に立ち向かう。遙かな昔から地球に存在し、7000年もの間、陰から人類を見守ってきたエターナルズ。最凶最悪の敵サノスによって半分が消滅させられた全宇宙の生命は、アベンジャーズの戦いによって復活したが、その時の強大なエネルギーによって新たな脅威が誕生し、地球に迫っていた。その脅威に立ち向かうべく、これまで身を潜めていたエターナルズが再び集結する。10年ぶりのアクション作品への出演となるアンジェリーナ・ジョリーをはじめ、「クレイジー・リッチ!」のジェンマ・チェン、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン、キット・ハリントン、これがハリウッドデビューとなる「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソクらが出演。

2021年製作/156分/G/アメリカ
原題:Eternals
配給:ディズニー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5An Unexpected in Shift from Zhao

2022年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

Zhao's independent films showed she is among the most powerful forces behind the camera, one who can saturize the screen with very little resources. Jumping from indie to superhero certainly had me wondering if this were a new kind of film. Not really. The Marvel universe of course saturates Zhao's voice. The creature design and VFX are better than usual. Action sequences have interesting angles.

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Dan Knighton

4.5人間を守るという大義が、あくまでも自然体なのがいい。

2021年11月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 9件)
村山章

4.0「ノマドランド」×「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の結果は、おそらく様々な感想がある。

2021年11月5日
PCから投稿

本作は上映時間は2時間36分となっていて、10年間の集大成であった「アベンジャーズ エンドゲーム」の3時間1分よりは短いものの、初めての作品としては割と長めとなっています。
でも、本作でメガホンをとった「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督は「短すぎる」と言います。
それもそのはず7000年以上という期間を描く必要があり、「エターナルズ」の10人のメンバー、アクションシーン、人間模様など様々なものを描かないといけないからです。
しかもクロエ・ジャオ監督にとっては初のアクション映画で、いきなりの大役。
マーベルのトップが多様性を求めたチャレンジングな本作。これまでのサポート体制が充実していたこともありアクションシーンもキチンとしていて、まずは及第点ではないでしょうか。

ここからは、個別に焦点を当て感想を書いてみます。
まず、「ノマドランド」のような自然光のもとロケ撮影された映像の数々は、映像にリアリティーを与えている点で成功と言えるでしょう。
MCU映画で初のラブシーンも監督らしさでしょう。
ただ、それらはあくまで一部であって、全体としては、ややアクションシーンが少な目のMCU映画という結果になっているように感じました。
また、本作は、初登場の10人を使って、いきなり「アベンジャーズ エンドゲーム」のような壮大な作品を描き切らないといけないため、脚本が詰め込み過ぎている状態になっている点があります。
それもあってか、予備知識のない10人の人間模様や背景などを描くのは困難だった印象です。時間の行き来が多用されている点も、必ずしも効果的ではなく、まとまりがない印象を与えているように感じました。
これまでのMCU映画は、「アベンジャーズ エンドゲーム」という10年間の集大成を描いた作品があり、そこでは最後のボスキャラとして「サノス」という全宇宙で最大の脅威がいたのは非常に効果的だったと思います。
ただ、本作では、それを1作で飛び越えようと、“宇宙最凶最悪の敵・サノスをも超える敵”とされる「ディヴィアンツ」という設定は、野心的だとは思いますが、映像の面では、割とパッパッと倒されていく雑魚キャラのように見えた点は、やや違和感を持ちました。
しかも「エターナルズ」のメンバーから「アベンジャーズ」を優に超えるような強さが見えにくかったことも、よりそれを感じさせました。
これは、本来MCU映画の醍醐味であるアクションシーンが最高潮に機能しないといけないところであって、その革新的な映像を生み出すまでは出来ていなく、あくまで通常のアクション映画になっていた点は、野心的な作品であるがゆえに残念と感じた部分でした。

本作は、あくまでこれからMCU映画が新たな方向性を模索する中で生まれた実験的な作品であり、この化学反応も踏まえて、より進化していくと思うので温かく見守りたいと思います。

コメントする (0件)
共感した! 57件)
細野真宏

2.5ずっと薄暗い(MCU㉖)

2022年11月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

寝られる

なかなか設定が難しい…
セレスティアルズとかの用語や、キャラクターも多いので、1度見ただけじゃ覚えきらんので、2度目でやっと理解できました(^_^;)

監督は、クロエ・ジャオ。
夕方のシーンを多用するので、ずっと薄暗い…
確かに映像はキレイなんだけど、ずっと薄暗いと眠くなりますわ…(*_ _)zzZ

まぁ、MCUの新たなる展開の重要な1本になるハズなので、とりあえずは必見ですね(^_^;)

いつものように、エンドロール前後にオマケ映像があるので、お見逃しなく!

コメントする (0件)
共感した! 1件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全393件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ関連作品