ドクター・スリープ

劇場公開日

ドクター・スリープ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スタンリー・キューブリック監督がスティーブン・キングの小説を原作に描いた傑作ホラー「シャイニング」の40年後を描いた続編。雪山のホテルでの惨劇を生き残り大人へと成長したダニーを主人公に、新たな恐怖を描く。40年前、狂った父親に殺されかけるという壮絶な体験を生き延びたダニーは、トラウマを抱え、大人になったいまも人を避けるように孤独に生きていた。そんな彼の周囲で児童ばかりを狙った不可解な連続殺人事件が発生し、あわせて不思議な力をもった謎の少女アブラが現れる。その力で事件を目撃してしまったというアブラとともに、ダニーは事件を追うが、その中で40年前の惨劇が起きたホテルへとたどり着く。大人になったダニーを演じるのはユアン・マクレガー。監督・脚本は「オキュラス 怨霊鏡」「ソムニア 悪夢の少年」やキング原作のNetflix映画「ジェラルドのゲーム」といった作品を手がけてきたマイク・フラナガン。

2019年製作/152分/PG12/アメリカ
原題:Doctor Sleep
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画レビュー

4.0「シャイニング」の原作と映画の違いを知ると、本作の苦労がよくわかる

AuVisさん
2019年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

怖い

興奮

キューブリックの映画「シャイニング」を、原作者スティーヴン・キングが毛嫌いしたのは有名な話。いろいろ理由を並べたてて批判を繰り返したが、自身を投影した作家志望のジャックが、小説だと最後は家族を守るために戦う“ヒーロー”だったのに、映画ではまるで逆になってしまったことが大きかったはず。父と息子の関係性もまるで異なる。

当然、キングが書いた続編「ドクター・スリープ」は、映画「シャイニング」が改変した要素を無視している。監督・脚本のマイク・フラナガンが、原作のストーリーを尊重しつつ前作映画の改変要素を引き継いで、なおかつキングを満足させるという難業をやってのけた。

ただまあ、キューブリックの世界観が再現されて懐かしさはあるが、シャイニングを持つ2人対真結族の超能力バトルはエンタメ系アクションホラーの趣で、残念ながらキューブリックの格調高い傑作には及ばず。娯楽映画としてなら十分健闘している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
AuVis

3.5あの雪山のホテルへと向かう恍惚のカウントダウンが再び

MPさん
2019年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

かつて、あの雪山のホテルから母親と共に命からがら逃げ出した少年、ダニーは、今もトラウマを抱えて荒んだ生活をしていた。。。。。そこから始まる映画は、ニューハンプシャーの老人ホームで働き、人を苦しませずに死なせる力を持つことから、"ドクター・スリープ"と呼ばれているダニーが、またも、あの忌まわしい過去へと引きずられていくプロセスを描く。彼をそうさせるのは、シャイニン グ=超能力のある子供たちから生気を吸い取り、生き長らえようとする半不死の一族"ザ・トゥルー・ノット"との対決を余儀無くされるからだ。プロットを書くとそうなる。ファン待望の続編は、鬼才キューブリックが観客に想像を促してイメージの中で怖がらせる前作とは全く異なり、終始、目で魅せる娯楽ホラー映画の乗り。往々にしてその場合、恐怖の沸点が点在して次第に飽きてくるものだが、さにあらず。ホラー界の新星、マイク・フラナガンは巨匠のレガシーを元手に、全編見せ場のハイテンションを見事にキープしている。レガシーの最たるものは、前作と同じ電子音楽が鳴り響く中、ダニーが雪の山道を魔のホテルへと向かう場面。それは、「シャイニング」を知る、知らないに関わらず、全ての観客にクライマックスが訪れたことを知らしめる、恍惚のカウントダウンなのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
MP

3.0超能力のおはなし

kyarolineさん
2019年12月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

シャイニング未鑑賞です。
が故に「観てて良かった」とも感じていませんが
「観てたら良かった」とも感じていない
という事は、
「観なくても楽しめる!」ということかと。
予習無しでもちゃんとドキドキハラハラしました。
楽しめました。

こういう予知能力程度の簡単な超能力位なら
持ってる人いそう!
第六感が働く的な!
(かけ離れた現実味のない超能力なら
これほど話に入っていけなかったかも)

けど、多重人格とか不思議な感覚の持ち主って
悲しい過去が原因だったりするから
ちょっと暗い気持ちになります…

色んな人の無駄死にはどうかと思いますが
まぁいいでしょう(上から)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kyaroline

2.5確かに続編なんだけど。。

2019年12月12日
iPhoneアプリから投稿

「シャイニング」のあのキャラやあの場所やあのグッズが大盤振る舞い大量発生するラスト1時間は、やっぱりおぉーーーとテンション上がります。
でも全体的にはなんだろう…楽しめず。奇妙で不思議で怖い方向性が、なんか思ってたのと違って合わなかったのかなぁ。
とはいえ、前作も理解しきれているのか楽しみきれているのか怪しいくらいの温度感なので、まぁこんなもんですかね。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まだまだぼのぼの
すべての映画レビューを見る(全170件)