湯を沸かすほどの熱い愛

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
湯を沸かすほどの熱い愛
湯を沸かすほどの熱い愛
44%
43%
9%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまう。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つ双葉役を宮沢が、娘の安澄役を杉咲花が演じる。失踪した夫役のオダギリジョーのほか、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎らが脇を固める。

2016年製作/125分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
中野量太
エグゼクティブプロデューサー
藤本款
福田一平
プロデューサー
深瀬和美
若林雄介
アソシエイトプロデューサー
柳原雅美
キャスティングディレクター
杉野剛
撮影
池内義浩
照明
谷本幸治
録音
久連石由文
美術
黒川通利
装飾
三ツ松けいこ
音響効果
松浦大樹
ヘアメイク
千葉友子
酒井夢月
衣装
加藤麻乃
編集
高良真秀
音楽
渡邊崇
主題歌
きのこ帝国
助監督
塩崎遵
ポストプロダクションプロデューサー
篠田学
ラインプロデューサー
大熊敏之
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

受賞

優秀主演女優賞 宮沢りえ
優秀助演女優賞 杉咲花

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 中野量太
優秀脚本賞 中野量太
新人俳優賞 杉咲花
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

映画レビュー

4.0ガツン!とくるファミリードラマ

2016年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 22 件)
牛津厚信

5.0中野量太監督の商業映画デビュー作は期待を超える出来!

2016年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

「チチを撮りに」が良かったので、本作も期待はしていたが、予想をはるかに超える大傑作。エピソードを積み上げていくなかで、映像から伝わる感情をコントロールするのが格別にうまい監督だと思う。

宮沢りえの役どころは、夫が家出中、娘は学校でいじめられていて、さらに自分は末期ガンを宣告されてしまうという、まさに踏んだり蹴ったりの女性。ところが、持ち前の強さと明るさと愛情で、家族と出会ったすべての人を変えていく。その慈愛ぶりはまるで聖人のようだが、宮沢が実に人間らしく、魅力たっぷりに演じている。

観賞してから何日もたつのに、思い出すだけで涙腺がゆるみそうになるシーンがいくつもある。彼女が出会った人々を愛であたためたように、映画を観た人の心にもきっと「熱い思い」が残るはず。新作が待ち遠しい監督が、またひとり増えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 30 件)
高森 郁哉

3.5理性で観てはいけない

ちかしさん
2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

とにかくいい人すぎるお母さんが、周りの人物を巻き込んでいい方へ変えていくっていう話。聾唖の母親のエピソードは、娘が受けた衝撃に泣いた。ただ、全てがうまくいかないところがハッピーすぎずによかったかと思う。
これが、観たときに素直な感想。
他のレビュアーさんの意見を見るといじめの話とか性的描写の話とか、確かにツッコミどころはあったかもしれない。でも、とにかく双葉さんの人柄を感じるための映画だと思って観てほしい。娘に強くあってほしいと、死ぬまでにそれだけを願った母親の話。
問題なのはとにかくラストだ。衝撃的すぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちかし

4.0詰め込み過ぎてる感は否めないけど

2020年11月5日
iPhoneアプリから投稿

よくぞ暗いテーマてんこもりを薄明るく見せられる映画だなと思いました。
万引き家族を明るくしたような感じというか、日本映画っぽくない暗さと明るさの混合というか、この映画なりの良さがあるのかなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ボタもち
すべての映画レビューを見る(全485件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「湯を沸かすほどの熱い愛」以外にこんな作品をCheck-inしています。