ハンターキラー 潜航せよ

劇場公開日:

ハンターキラー 潜航せよ

解説

「ジオストーム」「エンド・オブ・ホワイトハウス」のジェラルド・バトラー主演で描いた潜水艦アクション。ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が消息を絶ち、捜索に向かったジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜「ハンターキラー」は、現場付近に沈んでいたロシア原潜の生存者を捕虜にする。同じ頃、ロシア国内で世界を揺るがす陰謀が企てられていることが判明。ハンターキラーに陰謀阻止のための過酷なミッションが下される。その任務を達成するには、絶対不可侵のロシア海域へ潜航せねばならず……。原作は、小説家ドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレスによるベストセラー小説。共演に「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞を受賞したゲイリー・オールドマン。製作は「ワイルド・スピード」シリーズのニール・H・モリッツ。監督は「裏切りの獣たち」のドノバン・マーシュ。

2018年製作/122分/G/イギリス
原題:Hunter Killer
配給:ギャガ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C) 2018 Hunter Killer Productions, Inc.

映画レビュー

4.0久々に見逃さなくて良かったと思える掘り出しモノの快作

2019年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

今となっては申し訳なく思うばかりだが、最初私はDVDになる前にちょっとばかし劇場公開して箔付けするタイプの映画なのかと思っていた。が、完全に間違っていた。単刀直入に面白かった。グイグイと引き込まれた。「ロシアでクーデター」という題材と、エキスパートたちがそれぞれの場所で命をスパークさせるという展開には、それこそトム・クランシー小説のような懐かしさを覚える。が、それは決して悪い意味ではない。

ゲイリー・オールドマンの出番はごくわずかだが、ジェラルド・バトラーの艦長ぶりや、期せずして乗艦するロシア側の艦長の矜持も際立っていてこれまた良い。また水面下がどちらかというと「静」に陥りやすいのに対し、地上部隊の「動」なる激戦ぶりもなかなか魅せる。さらに主演クラスの俳優の後ろでうごめく、一兵卒らの演技も統率がとれていて見ていて頼もしい。ともあれ思いがけずこんな快作と出会えたことに感謝したくなる一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 33 件)
牛津厚信

4.0突っ込みどころもあるが、娯楽活劇としては合格点

2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

ロシアでクーデターが勃発し、拘束された大統領を、米海軍が原潜とネイビーシールズの少数部隊の連携ミッションで救出へ…というストーリー。核戦争の危機が高まったとはいえ、ロシア側から要請もないのに領内へ原潜と上陸部隊が勝手に侵入するのは無茶だが、まあ大目に見よう。それにしても、クーデターの首謀者や兵士らがボンクラなこと。米兵の上陸を察知してからの捜索が超適当だし、大統領を監禁した部屋に建物の窓から侵入されたら、その窓側に兵を回して退路をふさぐのが合理的な対処では?

とはいえ、細かなところを気にしなければ、潜水艦での作戦行動をサスペンスフルに描いた骨太アクションとして十分楽しめる。軍の協力により船内なども忠実に再現されたとか。ジェラルド・バトラー主演のアクション映画は、なぜかド派手で大味でリアリティには少々かけるエンタメが多い。「オペラ座の怪人」の頃は、こんな方向に進むとは思いもよらなかったが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
高森 郁哉

2.5私の中の潜水艦映画はこういうんじゃなかった。

キムラさん
2022年8月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

水圧に押しつぶされそうな艦内、頭上の見えない敵との心理戦、密閉空間で極限に達したクルー同士の疑心暗鬼みたいなのが、私の求める潜水艦映画なのだけど、この映画は違う。

潜水艦とか特殊部隊とか海とか陸とか入り乱れた痛快系娯楽作。

古い潜水艦映画のようなものを期待して観てはいけない映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
キムラ

4.0潜水艦映画の面白さを感じる映画

2022年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

潜水艦ものの映画を久しぶりに鑑賞しました。
ジェラルド・バトラーが主演しているという事もあって鑑賞しましたが、自分が思ってた以上に緊迫感がある映画で楽しむことができた作品だった。
潜水艦や駆逐艦との戦闘シーンの迫力ある映像、また海底からロシア領へ侵入するシーンでは機雷原やソナー網を抜けていく音を立ててはいけない緊迫感など、充分見応えある内容でした。
また、同じ潜水艦に乗っている同士の友情が芽生えていくところも丁寧に描かれていたのも良かったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おいたん
すべての映画レビューを見る(全292件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る