劇場公開日 2019年4月12日

  • 予告編を見る

ハンターキラー 潜航せよのレビュー・感想・評価

3.9274
30%
58%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全274件中、1~20件目を表示

4.0久々に見逃さなくて良かったと思える掘り出しモノの快作

2019年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

今となっては申し訳なく思うばかりだが、最初私はDVDになる前にちょっとばかし劇場公開して箔付けするタイプの映画なのかと思っていた。が、完全に間違っていた。単刀直入に面白かった。グイグイと引き込まれた。「ロシアでクーデター」という題材と、エキスパートたちがそれぞれの場所で命をスパークさせるという展開には、それこそトム・クランシー小説のような懐かしさを覚える。が、それは決して悪い意味ではない。

ゲイリー・オールドマンの出番はごくわずかだが、ジェラルド・バトラーの艦長ぶりや、期せずして乗艦するロシア側の艦長の矜持も際立っていてこれまた良い。また水面下がどちらかというと「静」に陥りやすいのに対し、地上部隊の「動」なる激戦ぶりもなかなか魅せる。さらに主演クラスの俳優の後ろでうごめく、一兵卒らの演技も統率がとれていて見ていて頼もしい。ともあれ思いがけずこんな快作と出会えたことに感謝したくなる一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 30 件)
牛津厚信

4.0突っ込みどころもあるが、娯楽活劇としては合格点

2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

ロシアでクーデターが勃発し、拘束された大統領を、米海軍が原潜とネイビーシールズの少数部隊の連携ミッションで救出へ…というストーリー。核戦争の危機が高まったとはいえ、ロシア側から要請もないのに領内へ原潜と上陸部隊が勝手に侵入するのは無茶だが、まあ大目に見よう。それにしても、クーデターの首謀者や兵士らがボンクラなこと。米兵の上陸を察知してからの捜索が超適当だし、大統領を監禁した部屋に建物の窓から侵入されたら、その窓側に兵を回して退路をふさぐのが合理的な対処では?

とはいえ、細かなところを気にしなければ、潜水艦での作戦行動をサスペンスフルに描いた骨太アクションとして十分楽しめる。軍の協力により船内なども忠実に再現されたとか。ジェラルド・バトラー主演のアクション映画は、なぜかド派手で大味でリアリティには少々かけるエンタメが多い。「オペラ座の怪人」の頃は、こんな方向に進むとは思いもよらなかったが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 32 件)
高森 郁哉

5.0久々にいい映画を見た。命がかかった時の判断に感動した。

2021年2月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

久々にいい映画を見た。命がかかった時の判断に感動した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
。クロロ

3.0潜水艦映画に外れ無し。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

楽しんだ。
劇場で見ねばだった。
トンデモなお話しだろうけど、エンタメとしてキッチリ成立している。
潜水艦映画に外れ無し。
ヤマトが敵陣ガミラス星の硫酸の海に潜航して勝機を探ったあの戦法を想う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい

3.0現場の友情が世界を救う

ipxqiさん
2021年1月27日
iPhoneアプリから投稿

2019年に各所で話題になった掘り出しもの。CSでようやく鑑賞。

こんなアイデア、冷戦下でとっくに実現されてよさそうなもの。絶妙にありそでなかった着眼点というのがまず素晴らしいなと思います。
南北朝鮮エージェントの協力で将軍様をお守りする「鋼鉄の雨」を思い出したり出さなかったり。
VFXもそんなにチャチくないし、なにより現場の苦闘が世界の命運を…みたいな展開、アルマゲドン並みに全日本人が泣いてもよさそうなもの。そうか主題歌か…?

叩き上げの艦長が初任務を遂行するうちに、世界を揺るがす事態に発展してしまう。小さく始めて最終的にはとんでもないスケールにビルドアップする。こういう話、好きです。
とにかく立ち止まったら死ぬ、考えたら負け! のトンデモ展開を、次つぎ転がるテンポの良さでカバーしていく。
あくまで脚本本位で終盤に無意味なド派手アクションとかないのも好感もてます。
だけどおなじみの潜水艦あるある場面もしっかり盛り込まれてたり、サービス満点。

あくまでファンタジー米露関係だけど、敵味方問わず現場の人々は内心戦争を望んでいないというのは案外リアルな本音かもなと思いました。まず真っ先に自分や仲間が悲惨な目に遭うのは目に見えてるし、身内や係累の顔も浮かぶだろうし。
さすがに現実のロシア大統領の顔を思い浮かべるとあまりの落差に苦笑いしてしまいますが。

個人的に救難艇の乗務員の役の人、顔といい声といい中村倫也みを感じて、向こうにもいるんだ…とときめきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ipxqi

4.0おもしろかった、

けいさん
2020年12月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

5.0日本の同種の映画とは雲泥の差 予算規模だけの問題ではないと思います

あき240さん
2020年12月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いやぁ面白かった~!最高!堪能しました!
お話の筋自体は、そんなアホなのレベルを軽く超越しています
しかしそれを承知でやる強引さ豪腕さにシビレます
お話がこれですから、それをやり抜くためにはディテールがしっかりしてないと馬鹿馬鹿しいだけになります
艦船、潜水艦の外部、内部、機器
特殊部隊の武器、装備、動き
何もかも綿密な取材をしたのだとわかるレベルです
一目でなんじゃこれとマニアにバレて白けさせるようなヘマは皆無です

登場人物は、アメリカ側はもちろん、ロシア側もプロフェッショナルばかり
アマチュアや無能は誰もいません
だから全てのシーンにやられてしまうのです
参りました
降参です
監督とスタッフこそが一番のプロフェッショナルだったのです

日本の同種の映画とは雲泥の差
予算規模だけの問題ではないと思います
綿密な資料調査や取材に裏付けられているディテールへの徹底的な拘り
何より基礎的な軍事、兵器などに関する知識の厚さ
付け焼き刃ではなく、長年積み重ねてきて常識化して血肉となっているそれらのレベルの高さ
それらが全て高い次元で劇中に活かされているからこそなのです
マニアにはそのことがハッキリと伝わってくるのです

ハリウッドとの彼我の差は縮まっているどころか、一層引き離されているという絶望的な思いに囚われました
近づいたのは小手先のテクニックに過ぎなかったのです

こんなものは日本では絶対に撮れっこない
そんな人材はいない
それへの熱意すらないのだ

そういう絶望です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.5音もの映画ではなかった

カメさん
2020年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:2.7
キャスリン・ビクローのK-19には足元にも及ばないが、何も考えずに、ご飯を食べながら見れる、とてもお手軽な娯楽映画。潜水艦ものだが、音に対する掘り下げは皆無で、ポリシーは何も感じられない。
演出もCGもお金がかかっていない感じが伝わってくる。ゲイリー・オールドマンの無駄遣いでもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

5.0ハンターキラー 潜航せよ

m@_@mさん
2020年12月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

潜水艦

この手の映画は鉄板です。

国が悪いのではなく

人です

戦争を起こすのも

人です

世界平和万歳‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@_@m

3.0前半が少し退屈だった

たろうさん
2020年11月28日
PCから投稿

アマゾンプライムにて鑑賞。
潜水艦の中だけでなく地上で大統領救出するパートがあり、個人的にはそっちの方が好き。勿論潜水艦パートも見どころはあるけど絵的にどうしても地味なのは否めない。
また前半が退屈に感じてしまった。爆発シーンなど派手な演出はがあるけど、それもワンパターンな上にCGが今一つに感じた。その分後半は胸熱な展開があり楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

3.5国対国の情報戦や緊迫の駆け引きを期待したのだが、結局は「テロもの」...

ポケさん
2020年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

国対国の情報戦や緊迫の駆け引きを期待したのだが、結局は「テロもの」かとちょっと残念だった。
最後もアメリカ映画らしく、ちょっとしたヒーローものになってしまったのが残念。
ただ、変な家族愛や恋愛を入れなかったのだけは評価する。とエラソーに(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ポケ

3.5命を預ける

2020年8月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ロシアの大統領もベンツに乗るのか…。

潜水艦だけの話かと思いきや、地上部隊の潜入任務などもあり緊迫感はある。
潜水艦や駆逐艦の装備や艦内の様子、最新機器など見れて男心をくすぐられる。

現代兵器は機械とセンサーによって成り立っているんだな…と思わせられる。が、潜水艦ソナー員の聴力と艦長含めて乗員の判断力、実行力が伴わないといけないことがよく分かった。ひとつつ手順を間違うだけで死を招いてしまう。
最後まで艦長命令を待った水雷長はすごいな。

潜水艦乗りの絆と信頼を見れてよかった。
自衛官の友人と一緒に観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
うむぼんず

4.0スカッとする

2020年7月27日
Androidアプリから投稿

話のスジがわかりやすく、楽しめる作品だと思った。
拾いものというけど、話題作よりこういった物を見ると得した気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
akiraパパ

5.0あれだけ機雷がある場所を抜けるのは不可能と思いますが。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

現実だったら絶対に不可能なことと知りながら、映画だから楽しめるという設定は、たしかに存在するのだと思います。

この映画の最大の魅力も、その点でしょう。
もちろん、米軍の強力な協力のもとで作られているはずの映画なので、潜水艦のハッチの厚さに代表されるような機密の部分は、どれもすべて、さりげなくごまかされていましたが、潜水艦の闘いのリアル感はまったく損なうことはありませんでした。

しかしそれにもまして見どころだったのが、人間たちのドラマです。
たとえば、非エリートで叩き上げの新任艦長が、演説ひとつで全乗組員の心をガッチリと掴んでしまうところなど、私が乗組員だったとしても感動した部分。
上司たるもの、かくありたいと思わずにはいられませんでした。

あくまでドラマなので、好都合の偶然が山盛りですが、そういう点を差し引いても、充分に楽しめる作品だったと思います。
潜水艦の有する圧倒的な質量感。高揚させられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
お水汲み当番

4.0世界の危機に潜航せよ!

2020年6月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
しゅうへい

4.0映画館で観たかった

2020年6月21日
iPhoneアプリから投稿

潜水艦物に駄作なし
この格言通り、手に汗握るシーンの連続
俳優陣も素晴らしいしCGもそれなりで良くできていた。

この手の映画が減ったよな〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
つかちん

5.0見逃さないで

2020年6月19日
Androidアプリから投稿

いやー
危うく見逃してしまうところでした。
まだ観てない方、急ぎ映画館へ!

ずっとドキドキ、ハラハラの連続でした。映画ならではの面白さ!
それはやっぱりロシア人にはロシア語で話して欲しいけど、アメリカ人って字幕嫌うから仕方ないのね。

特殊部隊のおじさまカッコいい「ちょっとした散歩だな」って。私も身体鍛えてあんな風になりたいなぁ。
米露の艦長は出来すぎな感じだけど、そうじゃなくっちゃこのギリギリのお話はでき上がらないかな。

それにしても現実世界ではアメリカの大統領はあのトランプでしょう。怖い怖い!
よその国の事だけど、国家権力握っている大統領にはまともな人を選んで欲しいって心から願ってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちこどん

0.5ストーリーがバカ過ぎて、救いようがない

みっくさん
2020年6月17日
Androidアプリから投稿

ストーリーが荒唐無稽、というか意味不明過ぎ。
・軍がクーデターを起こし、大統領を確保するのはわかる。

・でも、自軍の潜水艦を爆破する意味が分からん。(大統領派の幹部を逮捕したり、基地や軍幹部を抑えるのは分かる。でも、高価で数が限られている潜水艦を吹き飛ばすのは意味が分からん)

・自軍の潜水艦だけでなく、米軍の潜水艦まで攻撃する意味がもっと分からん。単にクーデターを起こすだけなら、米国は手出しができない。単なる「政権交代」だから。にも関わらず、あえて介入されるようなコトをする?

・そもそも、米軍の潜水艦を発見すること自体がかなり困難。

・米軍人がロシア領内に偵察に入るのは百歩譲ってアリとする。でも、偵察任務の人員・装備しかないのに、大統領救出任務をやらせる、ってあり得ないでしょ。

・Gオールドマン演じる軍人が意味不明。常にキレてるだけで、彼のような大物を起用した意味なし。

・ラストで、露大統領が露軍艦を説得するのは分かる。でも、露軍艦がクーデター派をミサイル攻撃するのはよく分からん。艦長がそう命じたのか、部下が勝手に判断したのか。そういう葛藤や議論が描かれず、唐突に攻撃するので。

ツッコミどころ満載、というか、ツッコミどころしかない展開のため、それ以外の見どころが一切アタマに入ってこない。
(もしかしたら、原作はもうちょいマトモで、映画化にあたり、上記不都合が生じたのかも。)
こう考えると、「レッドオクトーバーを追え」は傑作だ。
原作を大幅に省略しながら、無理のない展開と、スリルを両立させている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みっく

4.0人生初の潜水艦バトル!!

じっぽさん
2020年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

萌える

潜水艦を始めてちゃんと見た...
この映画ではそんな初心者でも安心して見れるミリタリーバトルアクション🔥

ちなみに最近エヴァンゲリオンとかも見たけど、センサーおーけーやらウェポンおーけーやらの掛け声に非常に熱い気持ちを抱くのは今も昔も変わらず男のロマンなのであろうか...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
じっぽ

4.04DXとマッチした作品

2020年6月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 54 件)
海外出張の為一時休会
「ハンターキラー 潜航せよ」の作品トップへ