劇場公開日 2016年10月29日

  • 予告編を見る

「中野量太監督の商業映画デビュー作は期待を超える出来!」湯を沸かすほどの熱い愛 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0中野量太監督の商業映画デビュー作は期待を超える出来!

AuVisさん
2016年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

「チチを撮りに」が良かったので、本作も期待はしていたが、予想をはるかに超える大傑作。エピソードを積み上げていくなかで、映像から伝わる感情をコントロールするのが格別にうまい監督だと思う。

宮沢りえの役どころは、夫が家出中、娘は学校でいじめられていて、さらに自分は末期ガンを宣告されてしまうという、まさに踏んだり蹴ったりの女性。ところが、持ち前の強さと明るさと愛情で、家族と出会ったすべての人を変えていく。その慈愛ぶりはまるで聖人のようだが、宮沢が実に人間らしく、魅力たっぷりに演じている。

観賞してから何日もたつのに、思い出すだけで涙腺がゆるみそうになるシーンがいくつもある。彼女が出会った人々を愛であたためたように、映画を観た人の心にもきっと「熱い思い」が残るはず。新作が待ち遠しい監督が、またひとり増えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 24 件)
AuVis
「湯を沸かすほどの熱い愛」のレビューを書く 「湯を沸かすほどの熱い愛」のレビュー一覧へ(全446件)
「湯を沸かすほどの熱い愛」の作品トップへ