吉田羊、息子を演じた子役の手紙に感涙「母は幸せでした」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月17日 > 吉田羊、息子を演じた子役の手紙に感涙「母は幸せでした」
メニュー

吉田羊、息子を演じた子役の手紙に感涙「母は幸せでした」

2018年11月17日 20:00

大粒の涙を流した吉田羊「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

大粒の涙を流した吉田羊
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小説家・漫画家の歌川たいじによる同名コミックエッセイを映画化した「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の公開記念舞台挨拶が11月17日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の太賀吉田羊森崎ウィン、子役の小山春朋くん、御法川修監督が登壇した。

幼い頃から大好きな母・光子(吉田)に愛されることなく育った息子のタイジ(太賀)が、壮絶な家庭環境から抜け出し、やがて母と向き合う覚悟を決める姿を描く。11月16日に全国46スクリーンでの封切り。原作との出合いから5年の歳月を経て、公開を迎えた御法川監督は「本当にこの日が来るとは。悲しい現実を悲しいまま映しとる映画にはしたくなかった。問題提起ではなく、人は自分の力で人生を循環できることを描きたかった」と感無量の面持ちだった。

主演を務めた太賀は「ご存知の通り、すばらしい女優さん。対峙するのは、生半可なことじゃない。これほどいい緊張感はない」と吉田との共演を回想。「ご一緒ではないシーンでも、羊さんのこと、母さんのことを思い浮かべていたので、いざ面と向かうとうまくしゃべれず、自分をコントロールできなかった。でも、最後はすべてを受け取ってくださった」と感謝を伝えた。

一方の吉田も「この作品を引き受けたのは、相手役が太賀くんだったから。ずっとファンでしたから」と全幅の信頼。「たたずまいは、歌川たいじさんそのもの。体の底から絞り出すようなお芝居に圧倒され、太刀打ちできなかった」と振り返った。また、太賀と10年来の親交があるという森崎は「背中を追いかけたい存在」と敬意を示した。

舞台挨拶では、タイジの幼少期を演じた春朋くんが、手紙を取り出し「羊さんが本気で演技してくれたので、認められているようでうれしかったし、最後まで頑張れました。本当は優しい人だから、とても心が苦しかったと思います」と思いを伝える場面も。そんな“息子”の言葉に、吉田は「母は幸せです」と話し、大粒の涙を流していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi