是枝裕和総合監修「十年」公開は11月3日に決定 石川慶監督が“徴兵制施行後の日本”描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月15日 > 是枝裕和総合監修「十年」公開は11月3日に決定 石川慶監督が“徴兵制施行後の日本”描く
メニュー

是枝裕和総合監修「十年」公開は11月3日に決定 石川慶監督が“徴兵制施行後の日本”描く

2018年8月15日 12:00

石川慶監督作「美しい国」に主演した太賀「十年 Ten Years Japan」

石川慶監督作「美しい国」に主演した太賀
(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「万引き家族」がカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した映画監督・是枝裕和が総合監修を務めるオムニバス映画「十年 Ten Years Japan」が、11月3日に公開されることが決定した。終戦記念日である8月15日に寄せ、本作の一編「美しい国」で“徴兵制が施行された日本”を描いた石川慶監督が、同作に込めた思いを明かした。

香港で社会現象となったオムニバス「十年」の日本版。自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、新鋭映像作家が10年後の社会や人間を描き出す。「愚行録」の石川監督をはじめ木下雄介監督、津野愛監督、早川千絵監督、藤村明世監督がメガホンをとり、杉咲花太賀川口覚池脇千鶴國村隼といった実力派キャストが各作品の主演を担っている。

“平和を達成する”という意味を持つ平成が、終わりを告げようとしている。今作で映し出されるのは、新元号となり10年が経過した、未来の日本の姿だ。20~40代の新鋭監督が高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制をテーマに据え、それぞれが独自の視点で日本を見つめていく。

そのラストを飾るのが、石川監督の「美しい国」。徴兵制が施行された日本を舞台に、制度公示のポスターを手がける広告代理店社員・渡邊(太賀)の奮闘を描出した。10年後の会社員の日常に、70数年前の日常であった徴兵制を接続した理由を、石川監督は「10年後、83歳以下の人は誰も戦争を知らない時代がやってきます。実質、戦争を覚えている人が社会からほとんどいなくなると言っても過言ではないのでしょう。話を聞きたくても、意見を仰ぎたくても、もうその人たちはいないのです。そう思うと、僕らはけっこう重要な転換期に生きている気がするし、たぶんとても重要な責任を負っているんだと感じます。でも僕は、次の世代に渡すべきバトンを何も持っていないことにただ愕然としてしまいます。“もう遅い/まだ間に合う”という香港版のキャッチコピーを重く受け止めつつ、“まだ間に合う”という思いを込めてこの短編を撮りました」と説明している。

十年 Ten Years Japan」は、11月3日から東京・テアトル新宿、大阪のシネ・リーブル梅田ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)
愚行録<特装限定版>[Blu-ray/ブルーレイ] 愚行録<特装限定版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 妻夫木聡と満島ひかりの共演で、貫井徳郎の小説を映画化。誰もが日常的に積み重ねている「愚行」が複雑に絡み合っていく様を描いたミステリーを描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi