是枝裕和

是枝裕和
ふりがな
これえだひろかず
誕生日
1962年6月6日
出身
日本/東京
Twitter

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

早稲田大学卒業後、独立TVプロダクション「テレビマンユニオン」でドキュメンタリー番組などを演出。1995年、初監督映画「幻の光」がベネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞(撮影賞)などを受賞。「DISTANCE ディスタンス」(01)と「誰も知らない」(04)の2作が連続でカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、後者で当時14歳だった柳楽優弥に日本人初・史上最年少での男優賞をもたらした。その後も国際的に高く評価され、福山雅治を主演に迎えた「そして父になる」(13)で第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査員賞を受賞。同映画祭には、続く「海街diary」(15)がコンペ部門、「海よりもまだ深く」(16)がある視点部門に出品された。福山と再タッグを組んだ「三度目の殺人」(17)は、ベネチア国際映画祭のコンペ部門に出品され、日本アカデミー賞では作品賞・監督賞・脚本賞・編集賞など6部門の最優秀賞に輝いた。18年の「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞。日本映画として、今村昌平監督の「うなぎ」以来21年ぶりの快挙を果たした。

関連作品(映画)

是枝裕和の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

是枝裕和の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

是枝裕和の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

是枝裕和の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

是枝裕和の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「是枝裕和」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「是枝裕和」さん以外にこんな人をCheck-inしています。