全米映画ランキング : 2022年8月5日~2022年8月7日

全米映画ランキング:2022年8月8日発表(毎週月曜日更新)

全米週末興行成績:2022年8月5日~2022年8月7日
(金額・順位は確定後のもの)Box Office Essentials

順位

先週

タイトル「邦題」/配給(日本配給)

上映週

週末の興収
(単位:$)

累計興収
(単位:$)

1 ブレット・トレイン

Bullet Train
「ブレット・トレイン」

Columbia
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

1 30,125,000 30,125,000
2 1 DC がんばれ!スーパーペット

DC League of Super-Pets
「DC がんばれ!スーパーペット」

Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)

2 11,200,000 45,101,882
3 2 NOPE ノープ

Nope
「NOPE ノープ」

Universal
(東宝東和)

3 8,500,000 97,969,055
4 3 ソー ラブ&サンダー 5 7,600,000 316,064,051
5 4 ミニオンズ フィーバー 6 7,110,000 334,577,685
6 5 トップガン マーヴェリック

Top Gun: Maverick
「トップガン マーヴェリック」

Paramount
(東和ピクチャーズ)

11 7,030,000 662,510,244
7 6 Where the Crawdads Sing

Where the Crawdads Sing

Sony Pictures

4 5,650,000 64,623,404
8 Easter Sunday

Easter Sunday

Universal

1 5,250,000 5,250,000
9 7 エルヴィス

Elvis
「エルヴィス」

Warner Bros.
(ワーナー・ブラザース映画)

7 4,000,000 136,516,741
10 8 ブラック・フォン

The Black Phone
「ブラック・フォン」

Universal
(東宝東和)

7 1,460,000 85,897,535

「ブレット・トレイン」全米初登場1位! 興収3010万ドル

8月最初の北米映画市場は、トップ10の興行収入が5月以来最も低い水準となり、再び衰退傾向のようです。オスカー俳優のブラッド・ピット(「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」)が主演し、デビッド・リーチ(「デッドプール2」)が監督を務めた、ソニーの「ブレット・トレイン」は、週末3日間で興収3010万ドルをあげ、首位を獲得しました。「ゴールデンスランバー」の伊坂幸太郎氏の小説を映画化した同作は、京都行きの超高速列車を舞台に、剣や銃を手にした殺し屋たちが戦うアクションコメディ。日本の俳優陣も出演しており、真田広之(「MINAMATA ミナマタ」)、マシ・オカ(「MEG ザ・モンスター」)らが顔をそろえています。

ワーナー・ブラザースのスーパーヒーローアニメ「DC がんばれ!スーパーペット」は、2位にランクイン。公開館数を増やしたものの、興収は1120万ドルで、先週末から50%減少しています。ドウェイン・ジョンソンとケビン・ハートが声優を務めた同作の累計興収は、2週目にして、製作費9000万ドルの半分にしか到達していません。ユニバーサルのサスペンススリラー「NOPE ノープ」は興収800万ドルを記録し、3位となりました。

トップ10入りした唯一の新作は、ユニバーサルの「Easter Sunday(原題)」。「だめんず・コップ」シリーズのジェイ・チャンドラセカール監督が、スタンダップコメディアンの休日の家族だんらんを描き、興収520万ドルをあげました。

2022年8月8日更新 DanKnighton

過去のランキング