吉田羊、号泣! 佐野玲於&村上虹郎共演「ハナレイ・ベイ」本予告が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月3日 > 吉田羊、号泣! 佐野玲於&村上虹郎共演「ハナレイ・ベイ」本予告が完成
メニュー

吉田羊、号泣! 佐野玲於&村上虹郎共演「ハナレイ・ベイ」本予告が完成

2018年8月3日 06:00

画像1

[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本を代表する作家・村上春樹氏による短編小説を映画化する「ハナレイ・ベイ」の本予告映像が、このほど完成した。ハワイ・カウアイ島のハナレイ・ベイの神秘的なほど美しい景観に加え、主演・吉田羊、共演の佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIB)と村上虹郎の熱演を切りとっている。

村上氏が2005年に発表した短編集「東京奇譚集」に収められている1編を、「トイレのピエタ」の松永大司監督のメガホンで実写映画化。ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチ(吉田)は、息子のタカシ(佐野)がハワイ・カウアイ島のハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。それから10年間、タカシの命日の時期には毎年ハナレイ・ベイを訪れ、数週間を過ごすサチ。やがて、彼女は亡き息子の姿を重ねることになる日本人サーファー高橋(村上)と出会う。

本予告は、「息子はここハナレイ・ベイで大きなサメに襲われて死んだ」というサチの語りからスタート。チェアを持って海岸に行き、じっと海を見つめるサチの脳裏に去来するのは、生前のタカシとの思い出だ。「私は息子のことが好きではなかった」というテロップが、親子2人の複雑な関係性を象徴している。

また、サーフィンに興じる高橋と親交を深めたサチが「そういえば、片足の日本人サーファーって見たことあります?」「おばさんがいつも座っている場所の、そこからちょっと離れたところに、そいつが片足で立ってる」と言葉を投げかけられる場面も活写。そして“好きではなかった”はずの息子を想い、号泣してしまうサチの姿が映し出される。

ハナレイ・ベイ」は、10月19日から全国公開。

(映画.com速報)
トイレのピエタ[DVD] トイレのピエタ[DVD] 最安価格: ¥2,745 余命3カ月を宣告された青年が、偶然知り合った少女との交流を通して、生きる喜びや輝きを見出していく姿を描いた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi