高橋一生が変わり者の大学講師を熱演!主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」10月放送

2018年8月3日 06:00

動物行動学を教える大学講師役
動物行動学を教える大学講師役

[映画.com ニュース]人気俳優の高橋一生が、10月期にカンテレ・フジテレビ系でスタートする連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」に主演することがわかった。民放のゴールデン・プライム帯連ドラに初主演し、生き物の“フシギ”に目がない変わり者の大学講師に扮する。

「僕の生きる道」シリーズや「フリーター、家を買う」「フラジャイル」などの脚本家・橋部敦子による完全オリジナル作品。動物行動学を教える大学講師・相河一輝(高橋)は、学生時代に師事した教授のすすめで、半年前に講師を始めたばかり。しかし大好きな「生き物」のこととなると、他のことには目もくれず没頭してしまう性格のため、大学のルールを守ることができず、職場では叱られる日々を送っていた。

そんな一輝の授業は、“普通ではない”。学生に課題を出し、それぞれの意見を発表させるが、結局は「正解はわからない」と言い放ち学生たちを困惑させてしまう。一方で、常識や固定観念にとらわれない一輝のユニークな行動に、周囲は価値観を大きく揺さぶられ、幼いころの純真無垢な気持ちを思い出していく。

高橋は「(役どころと自身は)“自分の世界を大事にしているところ”が似ていますし、とても興味深い世界観なので嬉しく思っています」とコメントを寄せる。座長として現場に臨むが、「あくまで作品の1ピースなので、これまで通り作品と作品づくりの現場を大事にしていきたいと思っています」と真摯に意気込み、「現代では“足りない”という感覚が、多くの人たちを突き動かしているように感じます。一輝は、そういったものから少し外れている人間です。この作品は彼の成長譚ではなく、彼の生き方を通して“足りている”という豊かな気持ちを、僕自身改めて気付き直していきたいですし、決して説教臭くなく、ある生き方の一例とともに皆さんにお届けできたらと思っています」とメッセージを託した。

またプロデューサーの豊福陽子氏は、「セリフがなくても表情で語る。作品を思い出す時、彼が登場するシーンの表情が、ふと浮かぶ。そんな高橋さんの演技に心をつかまれたことのある方は、多いのではないでしょうか? 私もその1人です」としみじみ語る。「善人、悪人、どちらにもなれる奥深さと幅広い演技力を持つ高橋さんを主演に迎えたい」という思いから企画がスタートしたと話し、「一生さんに初めてお話しした時、ご本人から生き物や宇宙に関するフシギについてたくさんのお話を伺い、圧倒されたことを覚えています。そして、そのフシギな話をとてもうれしそうに語る一生さんを見て、『あ、一輝がもうここにいる!』と思いました」と振り返っている。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」は、10月期からカンテレ・フジテレビ系で毎週火曜午後9時に放送。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース