トイレのピエタ

劇場公開日:

解説

手塚治虫が死の直前までつづっていた病床日記に着想を得たオリジナル作品で、人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が映画初出演で初主演を務めた。余命3カ月を宣告された青年が、偶然知り合った少女との交流を通して、生きる喜びや輝きを見出していく姿を描いた。美大を卒業したものの画家への夢に破れ、窓ふきのアルバイトをしながらフリーターとして生活していた青年・園田宏は、ある夏の日、突然倒れて病院に運ばれる。精密検査を受け、その結果を家族と聞かなくてはならない宏だったが、郷里の両親に連絡する気になれず、偶然知り合った女子高生の真衣に妹役を演じてもらい、検査結果を聞く。そこで余命3カ月を宣告された宏は、死への漠然とした恐怖におびえながら入院生活を送ることになるが……。ドキュメンタリー映画「ピュ~ぴる」で高い評価を受けた松永大司監督の初の長編劇映画。

2015年製作/120分/G/日本
配給:松竹メディア事業部

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

映画レビュー

5.0私の人生を変えてくれた映画

2021年12月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
那賀野

3.5ギリギリ良い

2021年10月26日
iPhoneアプリから投稿

このバランスのギリギリなところをずっと歩いているような不安定な心地悪さが、なぜか嫌じゃない不思議な映画。

全てにおいて良い攻め方で日本人らしい心理と芸術センスが心地いい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大粒 まろん

3.5杉咲花さん!

2021年7月17日
iPhoneアプリから投稿

真っ直ぐに言葉をぶつける杉咲花さんと
自分のうちに言葉を通して少し自信なさげに怒りを投げる野田さんの喧嘩のシーンが好きでした。

ご都合主義じゃないところが、かゆいけれど、
それでよかったなと思いました。

(宮澤りえさんに、「俺、絵描きます!」なーんて言っちゃわないところ、子供にもらったケーキ捨てるところ…)
結局は、わたしは、映画を見ているとき、
絵を描くことで心を変える?
子供にもらったケーキと塗り絵で心打たれる?
と期待していたのかと…

でも結局、野田さんの心を動かしたのは、
花さんだったのだ!

なんやかんや、リリーフランキーさんが最高でした。
癖あるのに、こんな人いる!いたら面白い!と、いや、ありえないのギリギリラインOKで、素敵です。

プールでのキスシーンを見て、
セーラー服と機関銃のラストのセリフを思い出しました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ふっくるん

3.5洋次郎の新しい一面

2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

RADのボーカル野田洋次郎が主演を務めたことは知ってたけど、公開された当時、劇場に足を運ぶことなく6年経ってしまった。

杉咲花ちゃん演じるまいの家庭環境だったり思春期の不安定さだったりが目の奥や細かい表情から読み取れて苦しくなる。

洋次郎からはもちろん、花ちゃんのお芝居からも洋次郎が普段詩に込めるような深い想いと似たようなものを感じた。

主題歌「ピクニック」昔から好きでよく聴いてたけど、より一層好きになった。良い曲。

「私が生きてるんだから、生きろよ」
「僕、生きてますよ、今」

素敵な映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
みん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る