太賀と吉田羊が断絶した母子を演じる共演作、主題歌はゴスペラーズに ティザービジュアルも完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月18日 > 太賀と吉田羊が断絶した母子を演じる共演作、主題歌はゴスペラーズに ティザービジュアルも完成
メニュー

太賀と吉田羊が断絶した母子を演じる共演作、主題歌はゴスペラーズに ティザービジュアルも完成

2018年5月18日 10:00

太賀と吉田羊が母と息子を演じる共演作「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

太賀と吉田羊が母と息子を演じる共演作
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 太賀吉田羊が親子役で共演する映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の主題歌を、ボーカルグループ「ゴスペラーズ」が担当することがわかった。映画のために書き下ろした新曲「Seven Seas Journey」が主題歌となる。

小説家・漫画家の歌川たいじ氏が自身の経験をもとに、親からも友人からも愛されたことのない青年が、過去を乗り越えて母親の愛を獲得するまでの実話を描いた同名コミックエッセイの映画化。「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」「泣き虫ピエロの結婚式」の御法川修監督がメガホンをとり、太賀が主人公タイジに扮して主演を務め、息子であるタイジと断絶状態にある母の光子を吉田が演じる。

主題歌「Seven Seas Journey」の作詞・作曲を担当した「ゴスペラーズ」メンバーの安岡優は、「この映画には『愛されること』と『愛すること』、その両方が描かれています。主題歌には『ララバイ』であり『セレナーデ』である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたらうれしいです」と楽曲に込めた思いをコメントしている。


ゴスペラーズ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

ゴスペラーズ
[拡大画像]

あわせて、ティザービジュアルも完成。太賀と吉田が別々のフレームに収められているが、「“大好き”をあきらめない。」というコピーが添えられ、それを体現したようなふたりの表情から、離れていても断ち切ることの出来ない親子の絆を感じさせる。11月全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi