吉田羊、初主演の恋愛映画は「奇跡」 大久保佳代子のほっぺに“チュー”も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月12日 > 吉田羊、初主演の恋愛映画は「奇跡」 大久保佳代子のほっぺに“チュー”も
メニュー

吉田羊、初主演の恋愛映画は「奇跡」 大久保佳代子のほっぺに“チュー”も

2018年5月12日 13:10

「なんで羊さんなの? いるじゃない、 男優陣!」……ごもっとも!「ラブ×ドック」

「なんで羊さんなの? いるじゃない、
男優陣!」……ごもっとも!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉田羊が映画単独初主演を果たし、人気放送作家・脚本家の鈴木おさむが映画監督デビューを飾る「ラブ×ドック」の公開記念舞台挨拶が5月12日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、吉田と鈴木監督をはじめ出演の野村周平玉木宏大久保佳代子広末涼子成田凌篠原篤唐田えりかが出席した。

11日に全国202館で公開された今作は、“遺伝子レベルで恋愛を操作する”クリニックを舞台にした異色ラブコメディ。主人公の女性パティシエに扮した吉田は「昨日、渋谷で今作のレイトショーを見ました。共演者やスタッフの皆様のおかげで、吉田羊主演の恋愛映画という、それこそがファンタジーのような奇跡をかなえてくださった。心から感謝する思いでした」と伝え、「この先、私が恋愛映画をやることはないと思うので、いい経験でした」と明かす。オリジナル脚本を書き上げた鈴木監督は「大久保さんも含めて、僕らはバラエティ畑。こういう場が慣れていない。舞台挨拶の直前に、大久保さんがとてつもない量のハンドクリームを塗っていた」といじり、大久保は「マイクが滑るんです」と語っていた。

この日が大久保の誕生日であることから、壇上にはバースデーケーキがサプライズ登場。自身の愛犬・パコ美を模したケーキを目の当たりにし、何も知らされていなかった大久保は「びっくりー! ありがとうございます。昨日の夜、12時を過ぎた時に『森三中』の黒沢(かずこ)と手島優からしかメールが来なかった。よかったです」と感激の笑顔を浮かべた。


画像2

[拡大画像]

さらに、劇中に登場する「頬についたホイップクリームにキスする」シーンを、吉田と親友役・大久保が再現することに。吉田が大久保の頬に「素敵な贈りもの。失礼」とクリームを塗りたくり、そっと唇を重ねると、場内のそこかしこから歓声が上がる。くすぐったそうに笑った大久保だが、「なんで羊さんなの? いるじゃない、男優陣!」とキャスト陣に目を向け、吉田は「ごめん」と大笑いだった。

またキャスト陣には「理想のキスのシチュエーションを披露して」というリクエストが寄せられ、鈴木監督は「すごい罰ゲーム」とブーイングだ。それでも、広末は「1つは結婚式の誓いのキス。短くてもキュンとするし、長すぎるとハラハラする。あこがれです。もう1つは、毎朝の行ってらっしゃいのチュー」といい、成田は「1回やったことがあるんですが、幼稚園のとき、好きな子と片付けしているとき。振り向くフリをして、ほっぺに触れた」と話した。最後に吉田は、「髪型を変えた時に、『かわいいじゃん』と触りながら髪にチュってされたい。オーソドックスじゃない場所にされることで、パーツ全てを愛してくれている感じになる」と回答。それぞれが発表するたびに、場内を爆笑が包み込んでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi