母さんがどんなに僕を嫌いでものレビュー・感想・評価

母さんがどんなに僕を嫌いでも

劇場公開日 2018年11月16日
15件を表示 映画レビューを書く

惜しい映画

星🌟🌟🌟 うーんストーリー的にはすごく泣ける映画になるのにたぶん脚本とかいろいろな要因ですごく残念な作品になってました❗まず子供が演技があまり上手くなくてさらに唐突に子供の頃のシーンになったりと吉田羊太賀ともに演技は良かったのに後半位しか感情移入できませんでした❗ほんとに残念です❗

ミリン一番搾り
ミリン一番搾りさん / 2018年11月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重い話だが目を背けてはならない

予備知識はほぼなしで予告の印象のみで鑑賞を決める。公開翌日の土曜日のレイトショーに行ったが、ほぼ貸切状態。
まぁ虐待の記憶を乗り越えて家族を再建する非常に重い話だし、子供が虐待される場面を見たい人がいるわけないだろうから、客が入らないのも宜なるかなではある。
それでもなお母を愛する主人公、主人公を愛する血の繋がらない「祖母」、お前の闇の部分も含めて好きだと言ってくれる素晴らしい友人たち、そして遂に望む結末を手に入れる姿に、何度も涙が出そうになった。
しかし最も衝撃を受けたのは、映画の最後に「本作は事実を元にしたフィクションです」と表示された瞬間である。こんな努力ができる人が本当にいるのか。自分の家庭にも色々な問題があるけど、自分にはとてもこんなことは出来ない。一生逃げ続けるだけだ。

毒親を熱演した吉田羊さん、虐待される幼少期を演じた子役の小山春朋君には、お疲れさまでしたと言いたい。

※本作には熱心なアンチが付いているようなので、自分としては珍しくコメント不可とさせて頂く。

uttiee56
uttiee56さん / 2018年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

走り回る子供を蹴りたくなった

楽しみにしていました。幕張イオンで鑑賞。
前の方には小学生に上がる前の男の子とその家族4人。子供が見る映画かな?と思いましたが人それぞれ。
映画が始まると、スーパーの袋からお菓子取り出してパリパリ。後半は子供が走り回る始末。過去最低のマナー。
前半は、スクリーンの子供が蹴られるシーンにウルっと来てましたが、後半はこっちが子供を蹴り上げたい気分に。
いい映画で楽しみにしてたのに残念。

だるまん
だるまんさん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

混ぜご飯

幼い頃より母親から愛されず、自身の身を案じると共に恨みを抱き、17歳で家を離れ一人で暮らす23歳のサラリーマンの話。

外面は良いけれど家出は主人公を虐待し、自身のことと世間体ばかりを気にしている母親。
ただ、主人公が幼い頃は歪んでいるものの愛情が皆無ではないようにみえる。

23歳になって知り合った友人達との交流の中、本心をさらけ出し、背中を押されて自分と向き合い母親にぶつかって行く様子はなかなか良かった。

ただ、こればっかりは同じ経験と感性を持っていないと共感は難しいからね…。

自分的には母親との件よりばあちゃんとの件の方が好みだし、自分自身だったらと考えた時に感情が被るところはこれっぽっちもなかったけれど、物語として面白かった。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年11月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぜごはん

161本目。
苦行を終え、溜まった澱を吐き出すにはアクション映画しかないと思ってたけど時間がね。
タイトル見ると苦行後には向かないとは思うけど、好きな役者の太賀が出てると言う事で。
結論から言うと、太賀は本当いい役者だと思うし、この作品だと演じてる役者さんは芝居とは言えキツイよね。
俺だったら無理。
育って来た環境でどう感じるかはあると思うけど、何かね府に落ちない所もあったりで。
いい作品だと思うけど、劇団が見え見えの嘘っぽさで、小屋持っててもあのキャパであの暮らしは無理でしょ。
チャラチャラ君は本人役で手越がいいかな。
タイトルだけ見ると重く感じちゃうから、まぜごはんでいいと思うし
監督って、みのの息子?

ひで
ひでさん / 2018年11月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予告編だけでも涙誘われたのに…本編、ヤバイ…

全てが満たされてない境遇ではなかったけれど、何かを求めてこの映画に惹かれていました。
涙もろいの分かってたから、ハンカチ2枚持って、何度も拭いた涙の筋が残ってないか心配しました…素直に良い映画だと思いました。

ケロリン
ケロリンさん / 2018年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

屈折したマザコン映画

子育てに正解は無い。結果があるだけ。って常日頃思っている。
俺自身、親が2回離婚3回再婚して自分の子供には自分がされて嫌だった事はしないようにしようと思ってた。

だけどついつい怒ってしまうんだよね。力に任せて3DS真っ二つに折った事も有りました。(次の日奥さんに怒られて買い直させられました)

映画は吉田羊さんが息子の太賀を虐待するシーンが見られるんだけどお姉ちゃんの立場を少しは映して欲しかった。
ある意味彼女の方が耐えられない立場だった筈なのに…
あの環境でここまで真っ直ぐ優しく育つって…盛り過ぎじゃね?って思えるのは俺の中が真っ黒だからか…orz

REGZA521
REGZA521さん / 2018年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

同情ではない友情

ご本人がとても良い方なんだな、と思いました

でなければこんなに素晴らしいお友達に巡り会わないと思う

ツラい10代を経験されていても、真面目に努力して会社に入って仕事してるのも偉いですね

太賀の切ない表情に惹き込まれ、涙が出ました😢

rinrin
rinrinさん / 2018年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

共感はできないけど、心あったまる映画やと思う

わかったり、わからなかったりしたけど、なんだか滲みる映画でした。意外と刺さる名言もあったり。不完全で完璧とか、みんないろいろ抱えて生きてるんだなって思いました。映画見たあとも、すっきりしたな。なんか、デトックス的なかんじかしら。

たね
たねさん / 2018年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素敵なお友達 良かった😊

ひねりがないと言うご意見もあるみたいですが 実話なんですから 私的には全然満足でした
それより こんな素敵なお友達達と 巡り逢えた事は奇跡🌟ですね
途中までは胸が苦しくて辛かったですが
後半は頑張って‼と拳を握り 最後は暖かい気持ちで終わることができました

ニューフおばさん
ニューフおばさんさん / 2018年11月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

太賀さんファンなので鑑賞

1+1が2、、、なんのひねりもない内容です
せっかく太賀君主役なのに黒歴史なコケ作品で悲しい。


ストーリーが嘘くさい、主人公の子供時代と顔が違い過ぎます。
太賀さんの泣き顔だけが見所でした。

角川映画は低予算すぎますよ、さらに内容にも感動できなかった。
これ、最終的に2億円いかないかもしれないです。
太賀さん見れるだけです

昨年の角川映画、ちょっと今から仕事やめてくる と比較しても感情移入できませんでした。ちょいやめは評価5点でしたが母さんがどんなに僕を、、、こちらの映画は1点で限界。私も親がいなかったけど、あくまでも信じてるなんてありえません。
正直言って暗くてつらい話。。
虐待する親を求める子供はいません、、私の人生と似てるけど私は親を捨てた。
会いに行かないまま親は死にましたよ。
実話ベースってなってるけど、、病気的マザコン。

とらきち
とらきちさん / 2018年11月16日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

泣けなかった事で心が消化不良を起こしている

周りのすすり泣きが聞こえる中…泣けない私は心が乾いてるのかしらと不安になる…

母親目線で観ていたからかもしれない。

虐待は連鎖すると仮定して、殴られた事ない人は他人を殴れない…
この母親の育ってきた環境は劣等感を植え付けるにもってこいの凄まじさだった。
一概には言えないけど…劣等感を持つ人は完璧主義であったり人の目を気にしがち…

「神様は小学五年生」の本に、子供は母親を幸せにする為に生まれてきたとあるけど…まさに歌川さんはその通りなのではないか。
そして、姜尚中著「母」‥男性は母親に認められたい気持ちが女性よりも強いと聞く。

良い巡り合わせで、殻が破れて最期を看取る事が出来て私までハッピーになる。

歌川さん、本当に強くて優しくて賢い方だと思う。

お母さんに「産んでくれてありがとう」と言おう。

そして「感謝」しよう。

今があるのは貴方のおかげです。

過去は幻…

ぴくにっく
ぴくにっくさん / 2018年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 4 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

親子関係に悩みがあった方に見てもらいたい作品です

愛し愛されたいのは誰もが求めることだと思います。肉親であれば尚更で、身内からの理解というのは本当に大きな存在だと思います。
キミツの言葉、"理解は気づいた方からすべし"はタイジの心にささり、多くの方の心にささったと思います。
親や子供と上手くいかない時期があった方や、今現在上手く行っていない方、本当に幅広い世代の方に見てほしい作品です。

Yuuuki
Yuuukiさん / 2018年11月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

自分の力と友だちの協力で人生を切り開いた主人公 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大変な子ども時代を過ごしていた主人公が、自分の力と周りの人たちの助けもあって、幸せを求めて奮闘する姿を見て、いろいろと考えさせられた。
自分を守るために一人ぼっちでいるのは、傷つかないけど、楽しみもなさそうだなとか。
助けたいと思ってもらえる人でいることって、大切だな、とか。
主人公の大変な過去もすべて受け止めてくれる友だちの存在って、人生を変えるほど大きいんだな、とか。
自分の幸せを願うことと、現状が不満なら自分が変わることと、友だちを大切にするということが、充実した人生につながるのかなー。

幸運なことに舞台挨拶も見てきました。
みなさん挨拶が素敵だった。
やっぱりこんな難しいテーマに出演する方々なので、いろいろと考えながら演じてるんだなと思った。
御法川監督がこの映画に込めた思いを熱く語っているのを聞いて泣けてきた。監督は、誰でも思い通りにならないこともあることもあるだろうけど、映画を観て思いっきり笑って泣いてほしい、暗くなったら隣の人から見えないから遠慮なく、みたいな話をしていて、私も映画は楽しみでもあり、デトックスのためでもあるので、そういってくれるのはうれしかった。
外国の映画祭で、観客がむせび泣いている姿を再現していた監督…お茶目ですね。

runa
runaさん / 2018年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

本読みました。

泣けますが、ホッとします。
ご本人もとても素敵な方なので、是非お勧めです(^。^)

ゼロ
ゼロさん / 2018年4月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi