シン・ゴジラ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
シン・ゴジラ
39%
41%
12%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎が准監督。14年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出し、リピーターが続出するなど社会現象とも呼べる大ヒットを記録。興行収入は81.5億円に上り、第40回日本アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか7部門で最優秀賞を受賞した。ある時、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾する。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂は、海底に正体不明の巨大生物が生息し、それが事故の原因ではないかと推測するが……。矢口役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインに総勢328人のキャストが出演し、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加した。

2016年製作/119分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

総監督
監督
樋口真嗣
准監督
尾上克郎
脚本
庵野秀明
特技監督
樋口真嗣
特技統括
尾上克郎
製作
市川南
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデューサー
佐藤善宏
澁澤匡哉
和田倉和利
プロダクション統括
佐藤毅
ラインプロデューサー
森徹
森賢正
撮影
山田康介
照明
川邉隆之
美術
林田裕至
佐久嶋依里
美術デザイン
稲付正人
装飾
坂本朗
高橋俊秋
録音
中村淳
整音
山田陽
音響効果
野口透
編集
佐藤敦紀
音楽
鷺巣詩郎
伊福部昭
VFXスーパーバイザー
佐藤敦紀
VFXプロデューサー
大屋哲男
扮装統括
柘植伊佐夫
スタイリスト
前田勇弥
ヘアメイク
須田理恵
ゴジライメージデザイン
前田真宏
ゴジラキャラクターデザイン
竹谷隆之
ゴジラアニメーションスーパーバイザー
佐藤篤司
特殊造形プロデューサー
西村喜廣
カラーグレーダー
齋藤精二
音楽プロデューサー
北原京子
スクリプター
田口良子
河島順子
キャスティングプロデューサー
杉野剛
南明日香
総監督助手
轟木一騎
助監督
足立公良
自衛隊担当
岩谷浩
製作担当
片平大輔
(B班)撮影
鈴木啓造
桜井景一
(B班)照明
小笠原篤志
(B班)美術
三池敏夫
(B班)操演
関山和昭
(B班)スクリプター
増子さおり
(B班)助監督
中山権正
(C班)監督
石田雄介
(C班)助監督
市原直
(D班)撮影
摩砂雪
轟木一騎
庵野秀明
(D班)録音
摩砂雪
轟木一騎
庵野秀明
(D班)監督
摩砂雪
轟木一騎
庵野秀明
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

受賞

優秀作品賞  
優秀監督賞 庵野秀明 樋口真嗣

ノミネート

優秀主演男優賞 長谷川博己
優秀助演女優賞 石原さとみ
優秀助演女優賞 市川実日子
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0日本人の精神性を見事に活写

ローチさん
2017年11月27日
PCから投稿

知的

高密度の情報量と、311後の日本社会への目配せも見事だが、個人的な本作の最大の注目点は、日本人の長所と短所が表裏一体である点を的確に捉えたところだ。

前半、一人の人間の避難遅れを発見したためにゴジラへの攻撃を決定できず、ズルズルと被害が拡大してしまう点は、普段から問題だと叫ばれる、大事なところで決められない日本人のメンタリティの弱点だ。だが、危機が拡大するにつれ、残った人間たちは何も言わずとも黙々と己の仕事をこなし続け、気がついたら一丸となっている。日本人は何も変わっていないが、未曾有の危機を前に突然目を覚ましたかのように結束し、高パフォーマンスを発揮し始める。
危機にも自分の仕事に没頭する様はサラリーマン根性のようでもあるが、最終的にゴジラを倒すのは、特別な平気ではなくその愚直な奉仕精神だった。
日本人以外には説明のしづらい魅力だが、ここまで的確に日本人の不思議な精神性を描いた作品は少ない。非常に貴重な傑作となった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
ローチ

4.5個人の感想を超える圧倒的な密度の塊。

2016年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

『シン・ゴジラ』のスタッフルームには、庵野総監督からの参考作品として『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 沖縄決戦』『ブルークリスマス』と3本の岡本喜八作品と、シドニー・ルメット監督『未知への飛行』のDVDが置いてあったらしい。

『シン・ゴジラ』における引用については喜八作品のスタイルの踏襲や『未知への飛行』の政治会話劇に留まらず、正直追い切れないくらいの要素があるわけだが、引用をただのオマージュでなく、ちゃんと表現の手段にしていて、作品単体として輝くように作られているのはタランティーノにも似ているかも知れない。

また現実の世界の綿密な取材などディテールが濃密な一方で、「在来線爆弾」のような面白い跳ねたアイデアがフィクションとしての強度を確保する。

目に見える圧倒的な情報量以上の氷山の本体の存在が感じられる本作は、娯楽映画の水準を押し上げるみごとな仕事ではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
バッハ。

5.0最高

2019年12月1日
iPhoneアプリから投稿

友達に無理やり連れてかれたけど非常に面白かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
second order

3.0怪獣映画に能書きをつけてみたら

asicaさん
2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿

この映画が劇場公開された当時、ものすごい評判だったが
映画館に行く暇もなく
その後、レンタルDVD で見て その後 配信の有料コンテンツで見た。

言いたい事も やりたい事も たぶんわかったと思う。

ハリウッド物と違って、ほとんど個人に焦点を合わせる事なくただただ、国家機能VSゴジラ。

民衆は ひたすら逃げ惑う つぶつぶであり
その誰かに焦点を合わせたりという エコ贔屓 は、ない。

だから エンターテイメント性に欠けるし
警察や国家(内閣)の奮闘ぶりは 地味というか
 つまり
面白みに、欠ける。

役人 警察トップの描写に終始

興味深いと思う人もいれば
つまらーん と思う人もいるだろうなあというのは想像できる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
asica
すべての映画レビューを見る(全1485件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品