ゴジラVSモスラ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1990年、海底から現れたゴジラと、モスラや新怪獣バトラとの戦いを描く怪獣映画。シリーズ第19作。監督は「超少女REIKO」の大河原孝夫。脚本は「継承盃」の監督・大森一樹、撮影は「ヒルコ 妖怪ハンター」の岸本正広、特撮監督は前作「ゴジラVSキングギドラ」の川北紘一が担当。

あらすじ

トレジャーハンター(秘宝発掘のプロ)の藤戸拓也は国家環境計画局の依頼で、開発会社丸友の森林伐採で起きた土砂崩れ現場に現れた巨大な卵の謎を解明するために、インドネシア諸島にあるインファント島に向かった。丸友の安藤と、拓也の別れた妻で計画局院の手塚雅子が彼に同行した。3人は卵のある場所で身長15センチほどの2人の小美人(コスモス)に出会う。コスモスは地球の先住人類で優れた文明社会を築いていたが、1万2千年前に環境破壊を引き起こして“地球生命”の怒りをかい、滅ぼされてしまったという。巨大な卵はそのコスモスたちの守護神モスラであり、地球生命を守る使命を持つ怪獣バトラとの戦いが近づいていた。そのバトラはシベリアから日本海を渡り上陸、名古屋を壊滅させた後にインファント島に向かっていた。拓也たちはモスラの卵を日本に運ぼうとするが、途中隕石の影響で目覚めたゴジラに襲われてしまい、その時卵からモスラが誕生する。ゴジラとモスラの戦いが続くなか、バトラもやってきた。ゴジラはバトラを海中に引きずり込むがゴジラは海底の深い割れ目に落ちてしまう。危機を逃れた拓也はコスモスを研究機関に売り飛ばそうとするが、数年ぶりに再会した娘のみどりに説得され改心する。その頃富士山からゴジラが出現し、街を破壊しながら横浜へと向かった。コスモスを取り返そうと東京に上陸し、国会議事堂で幼虫から成虫へと変態したモスラ、また“黒いモスラ”へと変態したバトラも横浜へと向かい、こうしてみなとみらい21で3大怪獣の決戦が始まる。今まで寄り添うことのなかったモスラとバトラが協力してゴジラと戦い、バトラはゴジラを抱えたまま海中へと落ちていった。残ったモスラは、人類に地球生命のメッセージを伝えたコスモスとともに去っていくのだった。

1992年製作/107分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
川北紘一
脚本
大森一樹
製作
田中友幸
プロデューサー
富山省吾
デザインワークス
吉田穣
青井邦夫
西川伸司
宮田英実
杉田篤彦
隅谷和夫
前晴彦
破李拳竜
撮影
岸本正広
美術
酒井賢
装置
丸山勝治
川口茂
組付
西田忠光
装飾
田代昭男
遠藤雄一郎
山内康裕
電飾
稲畑秀男
河原正高
音楽監督
伊福部昭
音楽プロデューサー
岩瀬政雄
主題歌
今村恵子
大沢さやか
挿入歌
今村恵子
大沢さやか
録音
斉藤禎一
調音
多良政司
音響効果
佐々木英世
照明
望月英樹
編集
米田美保
ネガ編集
青木千恵
コスモスコスチューム
出川淳子
衣装
多勢美智子
ヘアーメイク
下鍋良江
音楽ミキサー
大野映彦
キャスティング
田中忠雄
製作担当者
森知貴秀
前田光治
B班監督
山下賢章
助監督
三好邦夫
記録
石山久美子
スチール
石月美徳
特殊操演
鳴海聡
特技撮影
江口憲一
大根田俊光
特技美術
大澤哲三
特技照明
斉藤薫
操演
松本光司
特殊効果
渡辺忠昭
久米攻
特技製作担当者
小島太郎
特技装置
野村安雄
特技組付
小笠原禎
特技背景
小島耕司
長島章志
三輪智章
特技スチール
中尾孝
特技記録
黒河由美
オプチカルエフェクト
岸本義幸
佐藤高典
佐藤元
フォトエフェクト
藤下忠男
泉谷修
エフェクトアニメーション
橋本満明
吉澤一久
西山明宏
桜井文子
渡辺義治
田中貴志
佐藤明
マットペイントカメラマン
三瓶一信
マットペインター
木村俊幸
モーションコントロール
木下良仁
ハイビジョン技術
鈴木昭男
原田睦弘
ハイビジョン変換
尾又富雄
細井孝能
滝沢隆也
諏佐佳紀
石川智太郎
ビデオエフェクト
荻原賢治
タイミング
森吉隆
特技照明機材
棚網恒夫
特技大道具
鉄谷大地
尾崎和人
特技ネガ編集
大朝和代
オプチカルスーパーバイザー
小川利弘
小野寺浩
松本肇
大屋哲男
視覚効果コーディネーター
西山勝
麻生芳郎
斉藤吉光
視覚効果プロデューサー
山辺崇
CGプロデューサー
大口孝之
清野一道
鈴木敬
井内要
CG
内海邦男
荒木史生
檜皮勝久
平岡一邦
細田伸明
大舘隆司
井上明美
水谷順子
庄司久美子
斉藤直宏
船江世志保
伊藤佳子
永井雄一
特技助監督
鈴木健二
造形
小林知己
村瀬継蔵
大神孝
メカ造形
小川正晴
擬斗
森岡隆見
コスモス振付
浦井典子
特殊機械
宮川光男
鹿山和男
照明機材
山崎惣一郎
宣伝担当
堀内實三
宣伝ポスターイラスト
生頼範義
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

3.5モスラが可愛い

cure0101さん
2019年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

ゴジラはオマケでモスラとバトラがメイン。
モスラは可愛いし、こんな見た目でもめっちゃ強いから人気あるのも納得。
ストーリー自体はいつもの平成ゴジラなので可もなく不可もなく

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
cure0101

3.0地球が怒っているんです

kossyさん
2019年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 乱開発による自然環境破壊、地球温暖化をテーマにした前半部分。そして『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』をモロパクリの遺跡発掘シーン。小美人もコスモスという名になるが、モスラの歌はザ・ピーナッツのそれと同等の出来栄え。

 なぜか全体的に距離感が麻痺してしまいそうでした。最初は能登沖に現れたバトラが次のシーンではいきなり名古屋に出没して街を破壊していた。インファント島から運ばれていたモスラの卵を襲うゴジラとバトラ。モスラはなんとか逃げ出し、ゴジラとバトラはそのままフィリピン海溝のマグマの中へ・・・。と、富士山が大爆発して、そのフィリピン沖からマントルを通って富士山のマグマから現れるゴジラ!三原山の火口でおとなしくなった過去もあるのに、なんて怪獣なんだ、恐ろしい。

 今回の見どころは、みなとみらい21での3大怪獣バトル。人間が入っていないモスラとバトラなだけに空中戦と光線技戦。金粉、銀粉が舞う中での眩いばかりの光線がとても綺麗でした。クライマックスはモスラ・バトラ共闘による観覧車攻撃!ゴジラはやはり物理攻撃に弱いようです。

 エピローグ的に語られる、20世紀末に隕石が飛来してくるときにはモスラが軌道を変えるとかどうとか、蛇足的だが面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

0.5出だしのインディー・ジョーンズからいただきましたシーンでもうダメ。

2019年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

出だしのインディー・ジョーンズからいただきましたシーンでもうダメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

3.0地球環境への警鐘~モスラの前ではひたすらヒール

syu32さん
2019年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

楽しい

興奮

「ゴジラ」シリーズ第19作。

DVDで鑑賞。

前作「ゴジラVSキングギドラ」に引き続き、人気怪獣復活路線としてモスラがスクリーンに復活しました!
環境破壊をテーマにしたストーリーが展開され、モスラの“地球の守護神”としての側面が強調されていました。
もはやゴジラは添え物状態、そして憎きヒールです…。
さらに、新怪獣として12000年前に先住民族が“気象コントロール装置”を開発したことに怒ったガイアが生み出した“バトルモスラ”バトラが登場。地球環境が当時の状態に近くなったため、現代に蘇ります。

モスラとバトラは宿敵であり、出会い頭には戦いますが、ゴジラとの戦いのために共闘することになります。
みなとみらい21でのクライマックス・バトルは光線技を多用した戦いとなり、横浜の夜景をバックに華麗な光のファンタジーのように映りました。
中でも、モスラの燐粉攻撃でスパークするゴジラの放射熱線の描写が最も美しく秀逸だと思います!
モスラとバトラのコンビネーション攻撃が胸熱の極み! 巧な連携でゴジラを後一歩のところまで追い詰めます。やっぱりモスラには敵わん!(笑)

新時代の小美人として“コスモス”が登場。
コスモスは地球の先住民族の生き残りで、コスモスの一部勢力が前述の気象コントロール装置を開発し、バトラを生み出す原因となります。
バトラとモスラの戦いで装置は破壊され、大津波が発生し高台に逃れた一部を除いて、民族も文明も崩壊してしまいます。
第1作から脈々と受け継がれている“科学の暴走への警鐘”が、本作でも扱われています。シリーズを通しての永遠のテーマですねぇ…。

自分たちがつくり上げた科学や文明が、故郷である地球を破壊しようとしている。何のための科学であり、文明なのか? 自分たちを追い詰めることが、それらの発展の行き着く先であってはならない…という痛烈な批判が籠められているように感じました…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品