三大怪獣 地球最大の決戦
ホーム > 作品情報 > 映画「三大怪獣 地球最大の決戦」
メニュー

三大怪獣 地球最大の決戦

劇場公開日

解説

「宇宙大怪獣 ドゴラ」の関沢新一のオリジナル・シナリオを、すでにコンビの本多猪四郎が監督した空想科学映画。撮影もコンビの小泉一。1971年に「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦」に改題され、「東宝チャンピオン祭り」で公開。

ストーリー

一九××年。日本は異常な温暖異変に襲われていた。××放送「20世紀の神話」取材班進藤、直子は、この異常現象をテーマにキャンペーンをしようと連日大奮闘。そんなとき、金星人を自称する女予言者、サルノ王女が現れ、地球の大変動を告げた。サルノ王女の予言は当った。阿蘇火山からラドンが復活し、北極海からはゴジラが眠りからさめ行動を開始した。そして、さらに金星を死の星とした宇宙怪獣キングギドラが現れ、地球は大混乱におちいった。キングギドラの誕生をまのあたりに見た帝都工大の村井助教授は、キングギドラを撃退するには、モスラ、ゴジラ、ラドンらの力を借りる以外にないと考え、モスラの支配者、インファント島の小美人に協力をたのんだ。一方横浜に上陸したゴジラは横浜を全滅させ、ラドンと松本市で対決し、さらに小競合を続けながら富士山頂近くでにらみあっていた。が、そこに割って入ったのが小美人の要請でインファン島からやって来たモスラである。モスラの仲裁にもかかわらず、ゴジラとラドンの敵対心を柔らげることはできなかった。モスラは単身キングギドラに向った。しかしモスラもキングギドラの敵では無く、危機におちいった。が、モスラ危しとみたゴジラとラドンは、力を合せてキングギドラにむかった。さすがのキングギドラも、この三怪獣の攻撃に降参して地球を去っていった。...

スタッフ

監督
特技監督
円谷英二
脚本
関沢新一
製作
田中友幸
撮影
小泉一
美術
北猛夫
音楽
伊福部昭
録音
矢野口文雄
照明
小島正七
編集
藤井良平
スチル
田中一清
特技撮影
有川貞昌
富岡素敬
特技美術・キングギドラデザイン
渡辺明
特技照明
岸田九一郎
合成
向山宏
光学撮影
真野田幸雄
徳政義行
特殊機械
中代文雄
小川昭二
松本光司
火薬
山本久蔵
渡辺忠昭
特撮編集
石井清子
造形
利光貞三
八木康栄
八木勘寿

キャスト

作品データ

原題 Monster of Monsters-Ghidorah
製作年 1964年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全11件)
  • ゴジラ最大のライバル登場~お前だけには絶対負けない! 「ゴジラ」シリーズ第5作。 東宝特撮映画10周年を記念し、ゴジラ、ラドン、モスラという“東宝三大怪獣”の揃い踏みに加え、ゴジラの最大にして最強のライバル、金色に輝く宇宙超怪獣キングギドラの初登場... ...続きを読む

    syu-32 syu-32さん  2018年6月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • シリーズ第5作。 銀河の果てからやってきた金色の竜、キングギドラが... シリーズ第5作。 銀河の果てからやってきた金色の竜、キングギドラがやってきたーー! シリーズでも屈指の人気を誇る大怪獣キングギドラのデビュー戦。この作品の見所はなんといってもそこ。 炎に包まれ天... ...続きを読む

    NORIDAR NORIDARさん  2018年6月18日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 割と地味なデビュー 記念すべきキングギドラのデビュー作、意外と地味な展開と戦闘シーンなかなかの拍子抜け。 でも、この映画を見ると当時の日本映画の特撮レベルの高さがわかる作品でした。映像の迫力やリアリティがものすごい。 ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2018年6月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

ゴジラ 乱 日本のいちばん長い日 ゴジラ
ゴジラ 日本のいちばん長い日 ゴジラ
  • Powered by Amazon

「ゴジラ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「三大怪獣 地球最大の決戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi