モスラ対ゴジラ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
モスラ対ゴジラ
7%
47%
36%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「海底軍艦」の関沢新一のオリジナル・シナリオを「海底軍艦」の本多猪四郎が監督した空想怪奇映画。撮影もコンビの小泉一。

1964年製作/89分/日本
原題:Godzilla against Mothra
配給:東宝

ストーリー

南海の孤島インファント島沖に台風X号が発生、大暴風雨となった。新産業計画として発足した倉田浜干拓工事現場も、壊滅してしまった。新聞記者酒井と中西純子は、流木の中から、放射能を含んだ異様な牙を発見した。その頃、静の浦の海上に、三〇メートルもある巨大な卵が漂着した。この巨大な卵を囲んで三浦博士以下学界の面々が調査したが、正体がつかめなかった。そして巨卵は興行師熊山と政界ボス虎畑が買い取り、商売に利用しようとたくらんでいた。三浦博士らは、酒井、純子らと対策を練ったが、そこえ妙なるメロディと共に小美人がインファント島からモスラの卵を返して欲しいとやって来た。しかしこの小美人をも商売の対象とした熊山らのために、人間社会に失望してインファント島へ帰っていった。一方倉田浜干拓地では、大音響と共に海底が地割れし、不死身の大怪獣ゴジラが出現した。恐ろしい放射能を吐き、蓄積したエネルギーをぶちまける巨竜に、何ら防禦の道はなかった。三浦博士と酒井、純子の三人は、モスラを頼ってインファント島へ行った。願を聞いたモスラは、大きく羽ばたいて静の浦へと進撃した。巨大な孵化装置の上にのっている卵を間にゴジラとモスラの対戦が始った。放射能を吐くゴジラと、金色の猛毒粉をふりまくモスラだが、遂に老蝶モスラは、ゴジラの放射能で消滅した。しかし卵からかえった二匹のモスラは、毒糸でゴジラをからめとり、海底深くしずめていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
円谷英二
脚本
関沢新一
製作総指揮
藤本真澄
製作
田中友幸
撮影
小泉一
美術
北猛夫
音楽
伊福部昭
挿入歌
ザ・ピーナッツ
録音
矢野口文雄
整音
下永尚
音響効果
西本定正
照明
小島正七
編集
藤井良平
衣裳
清水昭治
製作担当者
森本朴
助監督
梶田興治
スチル
土屋次郎
特技撮影
有川貞昌
富岡素敬
特技美術
渡辺明
特技照明
岸田九一郎
合成
向山宏
光学撮影
真野田幸雄
徳政義行
火薬
山本久蔵
渡辺忠昭
特殊機械
中代文雄
特撮編集
石井清子
皆川泰陳
特技記録
久松桂子
特技スチル
中尾孝
特技製作担当者
小池忠司
特技助監督
中野昭慶
造形
利光貞三
八木勘寿
八木康栄
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5モスラを呼んできて

2020年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

藤木悠が軽いノリで「モスラ呼んできてゴジラやっつけてもらうんですよ」「卵は逃げないですよ脚がないから」で笑った。しっかし島民は日本語ベラベラだな。
まぁその程度。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

3.0東宝特撮はガラパゴスに陥り進歩を止めてしまいつつあった

あき240さん
2020年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

キングコングに続くゴジラの怪獣対戦路線の第2作目
ゴジラとは興行の為にあると、再定義されてその路線に基づいて作られている
それ以下でもそれ以上でもない
伊福部昭の冒頭のスタッフロールにかぶさるテーマ音楽が一番素晴らしい

特撮は精緻を極めるミニチュアセット、着ぐるみゴジラ、繰演によるモスラ、戦闘機
いつもながら見事な出来映えだ
しかし、逆に言うと進歩は余りみられない
海外では東宝特撮を研究して、どこをどうすれば凌駕する特撮映像を撮れるのか、その成果が現れ始めていた年が本作公開の1964年という年だったのだ

米国ではアーウィン・アレンが原子力潜水艦シービュー号を製作し、テレビ放映が始まっていたのだ
大きな潜水艦などのメカ模型を大型プールを走らせて撮影するのは東宝特撮と変わりはしない
しかし太陽光の下で撮影して、さらにレンズや露光に工夫を凝らしており、それが実物感や巨大感を生み出しており、東宝特撮に欠けているものは何かに一つの回答を見せている

英国ではジェリー・アンダーソンがスーパーマリオネットと呼ばれた人形劇を1957年から作っていたが、特撮ははっきりいってちゃちなものだった
それがこの1964年になると海底大戦争 スティングレイをテレビ放映している
ミニチュアセットや模型のメカのレベルが格段に上がっていたのだ
まず美術デザインが近代的にリファインされ、東宝特撮の小松崎茂テイストを完全に時代遅れなものにしつつあった
そしてウェザリング
メカや建物などにはその表面的に必ず使用状況による汚れがあるもので、それを再現する事がリアルさ実物感や巨大感を生み出すことを発見して実践しだしている
爆発シーンも独自の工夫を凝らして、東宝特撮とは違う本物らしさのある爆発シーンを作り出している
もちろんカメラのレンズやスロー撮影などの工夫も明らかに成果を生み出してきつつあったのだ
そして、それは翌年の1965年特撮界の金字塔サンダーバードに結実するのだ

しかし、海外のライバル達が回答を出し始めた重要な時期に、東宝特撮はガラパゴスに陥り進歩を止めてしまったのだ

本作はこの年のゴールデンウィークの公開だ
そしてさらに夏には宇宙大怪獣ドゴラ、年末には三大怪獣 地球最大の決戦と、1964年に怪獣映画は3本も製作されていたのだ
怪獣ブーム、言い方を変えればバブルだ

特撮映画において、特撮技術はエンジンそのものだ
そこに進歩があって初めて新しい映像が生まれ、画期的な物語を紡ぐことができるのだ

そのつけが回ってくるのはまだしばらく先の事になる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

2.0モスラはあのサイズの卵を

2019年7月20日
iPhoneアプリから投稿

どうやって産んだんだー!
自衛隊の弾や爆弾はなんで当たらないんだー!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.0マハラ・モスラ

kossyさん
2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 前作『モスラ』では言語学者だった小泉博が生物学博士の三浦となっている。漂流したカラフルな卵は漁協から熊山(田島義文)ハッピー工業社長が122万円で買い取った。実業家の虎畑(佐原健二)なんてのはその巨大卵で10億(現在の100億?)稼ごうという強欲さだ。その密談中、「卵を返してください」と小美人が声をかける。そんなお願いを素直に聞くわけもなく、とりあえず親モスラと小美人が帰っていった。

 そんな折、放射能汚染地域からゴジラが登場。名古屋を襲ったゴジラに対し、モスラの力を借りようと、毎朝新聞社のデスクが記者の酒井(宝田明)、中西(星由里子)、三浦にインファント島行きを命じる。現地人たちはモスラの卵を返さないこともあり、原爆をもてあそんだ人を許さない(多分、ロリシカ国に対する怒り)。しかし、小美人がモスラに直接尋ねたところ、年老いたモスラは力を貸してもいいと答える。

 ゴジラは執拗にモスラの卵を壊そうと(?)しているところにモスラ登場。ゴジラの首が座ってないように思えるのだが、この時のゴジラは赤ん坊だったのか?そのため放射能攻撃も不安定でモスラに直接当たることはない。しかし、モスラは老いのために毒の粉を吐きながら死んでしまうのだ。ゴジラに対する防衛隊は高圧放電攻撃を仕掛けるが電圧を上げすぎたために焼き切れてしまう。

 そんな時、卵からはモスラが孵った。しかも小美人と同じく双子だ!彼らは離島である岩島での決闘することになるが、残された女子先生と生徒たちには何故だか『二十四の瞳』を感じさせる。子供は9人だったような気もしたが。

 キラーソングとも言うべき「モスラの歌」は聞けないが、モスラが登場してからはザ・ピーナッツが歌う「マハラ・モスラ」がずっと流れている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品