モスラ対ゴジラ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
6%
49%
34%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「海底軍艦」の関沢新一のオリジナル・シナリオを「海底軍艦」の本多猪四郎が監督した空想怪奇映画。撮影もコンビの小泉一。

1964年製作/89分/日本
原題:Godzilla against Mothra
配給:東宝

ストーリー

南海の孤島インファント島沖に台風X号が発生、大暴風雨となった。新産業計画として発足した倉田浜干拓工事現場も、壊滅してしまった。新聞記者酒井と中西純子は、流木の中から、放射能を含んだ異様な牙を発見した。その頃、静の浦の海上に、三〇メートルもある巨大な卵が漂着した。この巨大な卵を囲んで三浦博士以下学界の面々が調査したが、正体がつかめなかった。そして巨卵は興行師熊山と政界ボス虎畑が買い取り、商売に利用しようとたくらんでいた。三浦博士らは、酒井、純子らと対策を練ったが、そこえ妙なるメロディと共に小美人がインファント島からモスラの卵を返して欲しいとやって来た。しかしこの小美人をも商売の対象とした熊山らのために、人間社会に失望してインファント島へ帰っていった。一方倉田浜干拓地では、大音響と共に海底が地割れし、不死身の大怪獣ゴジラが出現した。恐ろしい放射能を吐き、蓄積したエネルギーをぶちまける巨竜に、何ら防禦の道はなかった。三浦博士と酒井、純子の三人は、モスラを頼ってインファント島へ行った。願を聞いたモスラは、大きく羽ばたいて静の浦へと進撃した。巨大な孵化装置の上にのっている卵を間にゴジラとモスラの対戦が始った。放射能を吐くゴジラと、金色の猛毒粉をふりまくモスラだが、遂に老蝶モスラは、ゴジラの放射能で消滅した。しかし卵からかえった二匹のモスラは、毒糸でゴジラをからめとり、海底深くしずめていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
円谷英二
脚本
関沢新一
製作総指揮
藤本真澄
製作
田中友幸
撮影
小泉一
美術
北猛夫
音楽
伊福部昭
挿入歌
ザ・ピーナッツ
録音
矢野口文雄
整音
下永尚
音響効果
西本定正
照明
小島正七
編集
藤井良平
衣裳
清水昭治
製作担当者
森本朴
助監督
梶田興治
スチル
土屋次郎
特技撮影
有川貞昌
富岡素敬
特技美術
渡辺明
特技照明
岸田九一郎
合成
向山宏
光学撮影
真野田幸雄
徳政義行
火薬
山本久蔵
渡辺忠昭
特殊機械
中代文雄
特撮編集
石井清子
皆川泰陳
特技記録
久松桂子
特技スチル
中尾孝
特技製作担当者
小池忠司
特技助監督
中野昭慶
造形
利光貞三
八木勘寿
八木康栄
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

2.0モスラはあのサイズの卵を

2019年7月20日
iPhoneアプリから投稿

どうやって産んだんだー!
自衛隊の弾や爆弾はなんで当たらないんだー!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.0マハラ・モスラ

kossyさん
2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 前作『モスラ』では言語学者だった小泉博が生物学博士の三浦となっている。漂流したカラフルな卵は漁協から熊山(田島義文)ハッピー工業社長が122万円で買い取った。実業家の虎畑(佐原健二)なんてのはその巨大卵で10億(現在の100億?)稼ごうという強欲さだ。その密談中、「卵を返してください」と小美人が声をかける。そんなお願いを素直に聞くわけもなく、とりあえず親モスラと小美人が帰っていった。

 そんな折、放射能汚染地域からゴジラが登場。名古屋を襲ったゴジラに対し、モスラの力を借りようと、毎朝新聞社のデスクが記者の酒井(宝田明)、中西(星由里子)、三浦にインファント島行きを命じる。現地人たちはモスラの卵を返さないこともあり、原爆をもてあそんだ人を許さない(多分、ロリシカ国に対する怒り)。しかし、小美人がモスラに直接尋ねたところ、年老いたモスラは力を貸してもいいと答える。

 ゴジラは執拗にモスラの卵を壊そうと(?)しているところにモスラ登場。ゴジラの首が座ってないように思えるのだが、この時のゴジラは赤ん坊だったのか?そのため放射能攻撃も不安定でモスラに直接当たることはない。しかし、モスラは老いのために毒の粉を吐きながら死んでしまうのだ。ゴジラに対する防衛隊は高圧放電攻撃を仕掛けるが電圧を上げすぎたために焼き切れてしまう。

 そんな時、卵からはモスラが孵った。しかも小美人と同じく双子だ!彼らは離島である岩島での決闘することになるが、残された女子先生と生徒たちには何故だか『二十四の瞳』を感じさせる。子供は9人だったような気もしたが。

 キラーソングとも言うべき「モスラの歌」は聞けないが、モスラが登場してからはザ・ピーナッツが歌う「マハラ・モスラ」がずっと流れている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

1.5申し訳ない

川柳児さん
2019年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

子供の頃ならワクワクして観れただろうが、
さすがに大人になってからは、
突っ込みどころが多すぎて、
鑑賞に堪えない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
川柳児

4.0ゴジラ、謎のドジッ子属性

アキ爺さん
2019年3月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品