モスラ対ゴジラ

劇場公開日

8%
43%
39%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「海底軍艦」の関沢新一のオリジナル・シナリオを「海底軍艦」の本多猪四郎が監督した空想怪奇映画。撮影もコンビの小泉一。

1964年製作/89分/日本
原題:Godzilla against Mothra
配給:東宝

ストーリー

南海の孤島インファント島沖に台風X号が発生、大暴風雨となった。新産業計画として発足した倉田浜干拓工事現場も、壊滅してしまった。新聞記者酒井と中西純子は、流木の中から、放射能を含んだ異様な牙を発見した。その頃、静の浦の海上に、三〇メートルもある巨大な卵が漂着した。この巨大な卵を囲んで三浦博士以下学界の面々が調査したが、正体がつかめなかった。そして巨卵は興行師熊山と政界ボス虎畑が買い取り、商売に利用しようとたくらんでいた。三浦博士らは、酒井、純子らと対策を練ったが、そこえ妙なるメロディと共に小美人がインファント島からモスラの卵を返して欲しいとやって来た。しかしこの小美人をも商売の対象とした熊山らのために、人間社会に失望してインファント島へ帰っていった。一方倉田浜干拓地では、大音響と共に海底が地割れし、不死身の大怪獣ゴジラが出現した。恐ろしい放射能を吐き、蓄積したエネルギーをぶちまける巨竜に、何ら防禦の道はなかった。三浦博士と酒井、純子の三人は、モスラを頼ってインファント島へ行った。願を聞いたモスラは、大きく羽ばたいて静の浦へと進撃した。巨大な孵化装置の上にのっている卵を間にゴジラとモスラの対戦が始った。放射能を吐くゴジラと、金色の猛毒粉をふりまくモスラだが、遂に老蝶モスラは、ゴジラの放射能で消滅した。しかし卵からかえった二匹のモスラは、毒糸でゴジラをからめとり、海底深くしずめていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
円谷英二
脚本
関沢新一
製作総指揮
藤本真澄
製作
田中友幸
撮影
小泉一
美術
北猛夫
音楽
伊福部昭
挿入歌
ザ・ピーナッツ
録音
矢野口文雄
整音
下永尚
音響効果
西本定正
照明
小島正七
編集
藤井良平
衣裳
清水昭治
製作担当者
森本朴
助監督
梶田興治
スチル
土屋次郎
特技撮影
有川貞昌
富岡素敬
特技美術
渡辺明
特技照明
岸田九一郎
合成
向山宏
光学撮影
真野田幸雄
徳政義行
火薬
山本久蔵
渡辺忠昭
特殊機械
中代文雄
特撮編集
石井清子
皆川泰陳
特技記録
久松桂子
特技スチル
中尾孝
特技製作担当者
小池忠司
特技助監督
中野昭慶
造形
利光貞三
八木勘寿
八木康栄
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0昭和モスラ三部作

tatechanさん
2021年12月8日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

この映画はゴジラ映画として認識されているが、「モスラ」「三大怪獣地球最大の決戦」を前後にモスラ三部作として鑑賞するとしっくりくる。ピーナッツが出てるのもこの三本だけだし。
ゴジラは造形も暴れ方もこの映画が一番かっこいい。冒頭にモスラ三部作と言っておいてなんだが、この映画は暴れるゴジラを見るのが一番。悪役の設定もゴジラの魅力を引き出している。二作目で大阪城、三作目で熱海城を壊しておいて、名古屋では当然名古屋城を破壊する。成虫モスラとのバトルはキングコング、怪獣大戦争と並んでゴジラシリーズの白眉。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tatechan

3.0タイトルなし

さん
2021年8月27日
Androidアプリから投稿

古典作品のレビューて難しい。
・今の時代から見たら稚拙な合成技術、釣り糸やラジコン用の線が見えちゃう点、明らかに人が入ってる動きのゴジラ…。一方でCGにない特撮特有の表現(波とか砂ぼこり、風、爆発など)、実写か特撮か区別がつかないシーンがたびたびでてくる程度にデティールの細かい模型。
・怪獣バトルとしてはいまいち盛り上がりにかける気がするけど、この作品があったからこそ後々のモスラ作品があること、後々の作品のオマージュ元であることを考えると記念碑的な評価をすべきなのか。ゴジラオタク的には噛めば噛むほど味わいが出るんだろうと思うけど…。
・戦車や戦闘機とゴジラのバトル、シン・ゴジラを監督が見たら「これがやりたかったんだ!」とさぞ喜んだだろうなと。監督に今の技術をもって撮らせたらどんな作品ができただろうと思う一方で、本作品がなければシン・ゴジラもなかった点でやはり古典として見るべきなんだろう。
・ただ脳みそ空っぽにして怪獣バトル楽しみたいだけなら正直消化不良感。古典作品はなかなか難しい…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
閑

3.5アマゾンプライムで観賞。 幼虫モスラがキモ可愛かった。 糸を吐いて...

たろうさん
2020年12月12日
PCから投稿

アマゾンプライムで観賞。
幼虫モスラがキモ可愛かった。
糸を吐いて攻撃が可愛かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

2.5モスラを呼んできて

2020年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

藤木悠が軽いノリで「モスラ呼んできてゴジラやっつけてもらうんですよ」「卵は逃げないですよ脚がないから」で笑った。しっかし島民は日本語ベラベラだな。
まぁその程度。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品