GODZILLA ゴジラ(1998)

劇場公開日

GODZILLA ゴジラ(1998)
1%
8%
46%
25%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本が世界に誇る怪獣王ゴジラをハリウッドが描いたSF怪獣パニック大作。世界的大ヒットを記録した「インデペンデン・デイ」のローランド・エメリッヒ監督、ディーン・デブリン脚本。主演は「フェリスはある朝突然に」「恋におぼれて」のマシュー・ブロデリック、共演に「レオン」のジャン・レノ。フランスが行った核実験による突然変異で出現した巨大怪獣ゴジラが、米ニューヨークに上陸。米軍の攻撃もものともせず、マンハッタンのビル群を破壊して地下へ姿を消す。フランスが極秘理に送り込んだエージェントのフィリップともとにゴジラを追っていた生物学者のニックは、残された体液からゴジラが妊娠しており、マンハッタン島の地下に巣を作ろうとしていることを突き止める。

1998年製作/138分/アメリカ
原題:Godzilla
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年7月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アメリカのゴジラファンにも
「#GINO (Godzilla in Name Only) 」
「あれはゴジラではない」と酷評
ゴールデンラズベリー賞最低リメイク賞
および最低助演女優賞受賞
サターン特殊効果賞受賞作😊
.
脚本を書いたディーン氏は振返り
「ゴジラの死に観客が思いを馳せることもできなかった」
「ゴジラに対して何を感じるべきなのか、ゴジラを応援するのか恐れるのか、わかっていなかった。
観客がキャラクターに何を感じるべきなのか、ということに取り組んでいなかった。登場するベビーゴジラよりも大きな間違いが作品の根っこにあったと思います」
そう語っています
【THE RIVER 取材より引用】
.
.
ゴジラじゃないので
違うモンスターものとして観ると👍️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

3.0でかいイグアナの話だと思えば腹も立たない。

2020年6月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

①決して悪い映画ではない。ただひとつ主役のモンスターがゴジラという名前でなければ。②後半は「ジュラシック・パーク」になってしまうし。③ニューヨークに上陸する直前のシーンは素晴らしい。あとは異様に足が早いイグアナのデカイのがニューヨークを走り回るだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0ナニガオコッタ? これはゴジラですか?

アキ爺さん
2020年3月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アキ爺

2.5破壊神か、モンスターか

ヒロさん
2020年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

単純

この映画が何故こうなったのか自分なりに考えてみた。

地響きを立て、太平洋から、放射能を撒き散らして破壊を尽くす。
地震、台風、核爆弾。日本人がアイデンティティとして感じてきた恐怖、その象徴がゴジラだ。だから"Godzilla"、神様なのだ。

エメリッヒのゴジラがなんでこうなったのか?
それはこの映画が欧米人の自然由来の恐怖を描こうとしていたからではないかと思う。
地理的に欧米人には地震や台風といった恐怖は身近ではない。彼らが遭遇する避けようの無い自然災害はペスト、流行病である。
この欧米人が恐れる人に由来しない恐怖として外来からの感染・増殖を描こうとしたんだろうなと思った。だからゴジラが卵を産み、幼体ゴジラが増殖する。(ゾンビ映画が向こうで流行るのも同じ理由だと思う)

しかし、それはゴジラか?

地面を潰し、目の前の建造物を破壊し、邪魔する兵器を潰し、何が目的か分からないまま圧倒的な重量が破壊を尽くす。そんな荒ぶる神がゴジラ。

マグロを喰らい、兵器をすり抜け、街に隠れて、卵を生む…。日本が作ったゴジラのアイデンティティと真逆の巨大生物に「ゴジラ」という看板を掲げさせるのは無理があった。
この映画は「イグアナドン、ニューヨークを襲う!」という程度の看板で良かったと思う。

僕はエメリッヒの映画が嫌いじゃ無い、というか好き。(特にスターゲイトを金曜ロードショーで見た時はメチャクチャ感動した!)
彼の映画は良い意味で能天気なのだ。人類滅亡に直面した登場人物達がどこか抜けてて、その危機に気付かないまま突破する。そんなハチャメチャな冒険譚が彼の映画の特徴だ。

そう、ゴジラと水と油ー。こんなに不適任な監督は居なかった。ゴジラは禍を太平洋から運んでくる厄神。
それを禍いを能天気に描く監督に任せるべきではなかった。
だから彼のゴジラには全く重さが無い。軽いのだ。もし日本でゴジラがビルを横切ったらそのビルは放射火炎で焼かれるか、体当たりで倒壊されているか…。そっぽ向いてる隙に尻尾だけ横切って気付かないなんてことは無い。
それにあんな巨大生物を見失うか?いくらなんでも無理があるし、幼体ゴジラが殲滅した後に襲来する成体ゴジラの登場など、どこから出てきたんだよ!画の面白さを優先し、もはやギャグでやってる。(マグロ好きなのも日本のメタファーかよ!)

そもそもエメリッヒ、この映画に乗り気じゃ無かったんだと思う。スターゲイトとインデペンデンスデイの成功で選抜されたんだろうけど嫌ならやるなよ。
(ただし、この映画にキレてるゴジラファイナルウォーズもオマエどの口でいってんだって感じ。言える立場じゃねーだろ‼︎)

ただゴジラミレニアムのデザインや、幼体を生むゴジラというシンゴジラへの影響など、今まで日本人が発想しなかった点で意外とこの映画、後のゴジラに影響与えてる。
カリフォルニアロールという劇薬で寿司の裾のが広がったというか。
ただ、ゴジラでさえこんな雑にリメイクしてしまうハリウッドの負の遺産という見方も出来る。僕は途中からこの映画がゴジラシリーズの一作であることを忘れていた。

ゴジラを破壊神と見るかモンスターと見るか、ある意味貴重な映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ヒロ
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品