GODZILLA 怪獣惑星

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
GODZILLA 怪獣惑星
14%
43%
30%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本が誇る「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画。巨大な怪獣たちが支配する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく帰還した人類の闘いを描く3部作の第1部。20世紀末、巨大生物「怪獣」とそれを凌駕する究極の存在「ゴジラ」が突如として地球に現われた。人類は半世紀にわたる戦いの末に地球脱出を計画し、人工知能により選ばれた人々だけが移民船で旅立つが、たどり着いた星は人類が生存できる環境ではなかった。移民の可能性を閉ざされた船内では、両親の命を奪ったゴジラへの復讐に燃える青年ハルオを中心とする「地球帰還派」が主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断。しかし帰還した地球では既に2万年もの歳月が流れており、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた……。「名探偵コナン」シリーズの静野孔文と、「亜人」の瀬下寛之が監督をつとめ、「PSYCHO-PASS サイコパス」の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当。「シドニアの騎士」「亜人」などセルルックの3DCGアニメーションを多く手がけるポリゴン・ピクチュアズが制作。

2017年製作/89分/G/日本
配給:東宝映像事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
ストーリー原案
虚淵玄
脚本
虚淵玄
シリーズ構成
虚淵玄
村井さだゆき
脚本協力
山田哲弥
製作
大田圭二
エグゼクティブプロデューサー
古澤佳寛
プロデューサー
吉澤隆
絵コンテ
りょーちも
島津裕行
佐藤雅子
寺岡巌
大串映二
森田宏幸
吉平“Tady”直弘
副監督
森田宏幸
演出
吉平“Tady”直弘
キャラクターデザイン原案
コザキユースケ
プロダクションデザイン
田中直哉
フェルディナンド・パトゥリ
CGキャラクターデザイン
森山佑樹
造形監督
片塰満則
CGディレクター
上本雅之
菅井進
CGスーパーバイザー
多家正樹
コンセプトアート
川田英治
福士亮平
上航
福原茉莉子
榊田哲昌
柳澤康介
メカニックデザイン協力
出雲重機
アニメーションディレクター
島田寛志
美術監督
渋谷幸弘
色彩設計
野地弘納
色指定
野地弘納
編集
肥田文
音響監督
本山哲
音響効果
小山恭正
音楽
服部隆之
音楽プロデューサー
小林建樹
主題歌
XAI
主題歌(作曲・編曲・サウンドプロデュース)
中野雅之
アニメーション制作
ポリゴン・ピクチュアズ
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ハードSFとしてのなかなかの完成度

ローチさん
2017年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ゴジラシリーズの1作として鑑賞するより、ハードSFモノとして観た方が楽しめる作品だろう。

『シン・ゴジラ』がファーストゴジラの原点に立ち返ったとすれば、こちらはその後のゴジラシリーズが辿った拡張とギミックの歴史を掘り返して、SFにまで推し進めたといえそう。現実に対するメッセージ性は特別に内包しておらず、ひたすら娯楽に徹した。ゴジラの生態の考察もなかなか凝っていて面白い。

脚本家の虚淵氏の個性も良く出ているし、ポリゴン・ピクチャアズのセルルックCGも一段と進化した。多くのキャラクターが1作目にして死んでいったが、2作目以降もきっと容赦なく死んでいくだろう。

89分の短い時間で人間ドラマは極力少なく、アクションの見せ場でつなぐ構成なので、若干物足りなさを感じなくもないが、1本目は導入部なのだろうから、ドラマパートはこれから煮詰まってくるのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ローチ

声優さんの無駄遣い

2019年10月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

寝られる

映像も描写も雑。
作画が間に合わなかったか
キャラに表情もなく動きも弱い。
登場人物が何をどうして戦ってるのか
イマイチとらえきれてなく描けていないため
感情移入できずただつまらないだけ。
こんなの作るな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
foolishenough

4.0バカにするつもりでネタとして観たのに…

2019年6月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

「シン•ゴジラ」の後で誰がアニメのゴジラなんか見るんだよ!と思っていました。
公開当時、東宝系の映画館ではかなりしつこく宣伝しているのを見て、こんなの絶対面白くないだろ!と思っていました。

で、netflixで見られると言うのでバカにするつもりでネタとして見ようとしました。

ところがどっこい、これがなかなかの良質なハードSFでした。

地球に突如ゴジラが現れ、地球侵略を狙っていた宇宙人たちが助太刀に入るも太刀打ちできず、その宇宙人たちも地球人と一緒に行く宛のない宇宙の旅へ逃げている、という世界観。

地球を捨てて巨大宇宙船で人類が暮らすという設定は初代「マクロス」や「Blue Gender」などにありましたが、今作では地球人と二種類の宇宙人という三つの種族がそれぞれの思惑を抱えながら巨大宇宙船内に共存しています。

一昔前のSFではなぜか必ず規則無視のならず者や無鉄砲者、そして道を切り開こうとする若者を阻む既得権層などが出てきますが、この作品ではそれぞれの立場がそれぞれの思惑を腹に持ち、お互い牽制しながらも、ゴジラ討伐という一つの目的に向かっていく姿が描かれています。

これは「シン・ゴジラ」で庵野監督が描いた、"任務のために一致団結し足を引っ張る者がいない"展開と共通しています。そのため、観ていてスッキリしていてとにかく気持ちがいいです!

2作目3作目はそれぞれの宇宙人の思惑が露見してきて、まあそうなるだろね…、というありがちな展開で段々トーンダウンしていきますが、今作ではそれぞれの立場の者が一致団結して全力で戦うという、「シン・ゴジラ」にでも感じたカタルシスを感じさせてくれる傑作でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よんしん

3.5SF闇鍋

tabletapさん
2019年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

難しい

アクション多めの大衆エンタメ作品

シンゴジラのあとで、ハードルのめちゃくちゃ上がったゴジラ映画を作るという
なかなか挑戦的な作品である

方向性としてはゴジラをよりハードSFよりに仕立て
シンゴジラとは異なるアプローチでゴジラを演出している

声優さんも豪華、3DCGで日本のアニメーションを実現、音楽もよい

欠点とみるか、作品の最も評価すべき点と捉えるかは人によるが
まぁなにせ設定がてんこ盛りでやや難解
この手の作品が好きならわかると思うが
敵性生命体に追われて地球外へ恒星間航行は「シドニアの騎士」と既視感を覚えるし
年寄りを口減らしに船外へ、なんてのも割とよくあるネタ
SF闇鍋感がすごい(褒め言葉)
個人的には悪くない

演出は赤点、怪獣映画で対比物となるビルやら人間やらわかりやすいものがないので、過去最大のゴジラと言われてもピンとこない。
歩いてビルや家屋壊してなんぼのゴジラが、鈍重でバリア付きのビーム砲台では倒してもカタルシスがない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap
すべての映画レビューを見る(全180件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「GODZILLA」シリーズ関連作品

「ゴジラ」シリーズ関連作品