GODZILLA 怪獣惑星のレビュー・感想・評価

メニュー

GODZILLA 怪獣惑星

劇場公開日 2017年11月17日
179件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ハードSFとしてのなかなかの完成度

ゴジラシリーズの1作として鑑賞するより、ハードSFモノとして観た方が楽しめる作品だろう。

『シン・ゴジラ』がファーストゴジラの原点に立ち返ったとすれば、こちらはその後のゴジラシリーズが辿った拡張とギミックの歴史を掘り返して、SFにまで推し進めたといえそう。現実に対するメッセージ性は特別に内包しておらず、ひたすら娯楽に徹した。ゴジラの生態の考察もなかなか凝っていて面白い。

脚本家の虚淵氏の個性も良く出ているし、ポリゴン・ピクチャアズのセルルックCGも一段と進化した。多くのキャラクターが1作目にして死んでいったが、2作目以降もきっと容赦なく死んでいくだろう。

89分の短い時間で人間ドラマは極力少なく、アクションの見せ場でつなぐ構成なので、若干物足りなさを感じなくもないが、1本目は導入部なのだろうから、ドラマパートはこれから煮詰まってくるのかもしれない。

ローチ
ローチさん / 2017年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

SF闇鍋

アクション多めの大衆エンタメ作品

シンゴジラのあとで、ハードルのめちゃくちゃ上がったゴジラ映画を作るという
なかなか挑戦的な作品である

方向性としてはゴジラをよりハードSFよりに仕立て
シンゴジラとは異なるアプローチでゴジラを演出している

声優さんも豪華、3DCGで日本のアニメーションを実現、音楽もよい

欠点とみるか、作品の最も評価すべき点と捉えるかは人によるが
まぁなにせ設定がてんこ盛りでやや難解
この手の作品が好きならわかると思うが
敵性生命体に追われて地球外へ恒星間航行は「シドニアの騎士」と既視感を覚えるし
年寄りを口減らしに船外へ、なんてのも割とよくあるネタ
SF闇鍋感がすごい(褒め言葉)
個人的には悪くない

演出は赤点、怪獣映画で対比物となるビルやら人間やらわかりやすいものがないので、過去最大のゴジラと言われてもピンとこない。
歩いてビルや家屋壊してなんぼのゴジラが、鈍重でバリア付きのビーム砲台では倒してもカタルシスがない

tabletap
tabletapさん / 2019年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地球まるごと再起動、CGゴジラ三部作開戦! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本特撮を代表する大怪獣ゴジラを長編CGアニメ映画、
しかも三部作で描くというプロジェクトの第1弾。
劇場鑑賞はしていたものの、これまでレビューを書いていなかった。
せっかく最終作も公開されたことだし、3作まとめてレビューします。

監督は『シドニアの騎士』『亜人』の静野孔文&瀬下寛之、
脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄
……とは書いてみたが、アニメに疎い自分はどの作品も未見。
ゴジラファンのはしくれとして気になっていた作品ではあるが、
CGアニメしかもSF設定という従来と全く異なるアプローチ。
「従来とは多少別物でも面白けりゃ良いか」くらいに割り切って鑑賞。

...

しかし、意外やと言うのも妙だが、ゴジラの設定自体は
原作をかなりリスペクトしたものになっていたと思う。

まずゴジラの能力スペックは歴代最強級と言って良い。
強力な熱線にくわえ、物理攻撃すら無効にする電磁バリアを常時展開。
さらに2万年成長し続けた“ゴジラ・アース”は、その圧倒的体躯も
さることながら、尻尾をひと薙ぎするだけで
四方数キロを
破壊し尽くす絶望的なまでのパワーを見せつける。
この“ゴジラ・アース”の面構えも、単なる化物では無く、
東洋の龍のような老練さと神秘性が漂う風貌が気に入った。
「環境破壊が起因で出現」「植物に似た性質」「2万年死滅せず成長」
などの特徴も含めると、今回のゴジラが地球生命に根付いた一種の神、
人類にとっての破壊神、地球にとっての守護神という印象を受ける。

また、アニメでやる以上、期待するのはアニメでしか不可能な表現。
“ゴジラ・アース”の300m超という破格のスケールの表現や、
生身の人間が小型戦闘機でゴジラに接近して戦う等の
シーンは、やはりアニメでしか表現できないだろう。
歴代シリーズの特徴を尊重しつつ、アニメでしか表現
不可能なゴジラ映画を造り上げようとしている点は嬉しい限り。

...

しかしながら……

『怪獣惑星』というタイトルを聞いて連想したのはゴジラ以外の
怪獣の出現だが、黒い翼竜くらいしか登場しないのは拍子抜け。
「ゴジラに生態を寄せることで環境に適応した」と設定がある以上は
外形や色合いに多くのバリエーションは望めないが、画ヅラは寂しい。

だが最大の不満点はキャラクター描写の不足だ。
いや、主人公ハルオについては、ゴジラを憎む動機は描けていたと感じる。
まず「幼少時に両親を殺された」だけで動機を終わらせていない点がいい。
資源の枯渇によって人類は疲弊し、口減らしの為に弱者が追放されている。
ハルオは、親のみならず人類の人間性すらゴジラに奪われたと憎悪している。

問題は他のキャラクターだ。
数が多い上に、思想の違いにもとづく関係性が複雑すぎる。
異星人2種族・エクシフとビルサルドは外見が地球人と
あまり変わらないし顔が似ているしでゴチャゴチャするし、
特にビルサルドは「わざわざ異星人として出す必要が
あったのか」と首を傾げる程度の描き分けに留まっている。
個より全体、自然よりテクノロジーを重んじるビルサルドは、
地球の過激派の軍人とかでも代用が利きそうに思えるんである。
(まあ20世紀末には無いナノテクや人類を地球から脱出させる
 技術を与えるという物語上の割振りもあったのかもだが)

他のキャラもメトフィエスとマーティン以外は薄味な印象。
例えば、ハルオと対立していながら最後に
囮として死ぬリーランドというキャラがいたが、
彼の背景やハルオとの関係の描き方が中途半端で、
英雄的な最後も唐突な心変わりのように感じた。

...

120分ならまだしも90分というタイトな上映時間で、
地球奪還までの背景・ゴジラとの対決・2万年後の地球を
描きつつ、各キャラの関係性や思想の違いも描くというのは
厳しかったかとは思うが、各キャラへの理解が深まらないと
感情移入もしづらいし、エモーショナルにもなりづらい。

しかし、ハードな終末SF設定やハルオのキャラ、そして最後の
ゴジラの圧倒的存在感で、次回作を観たいと思わせる
出来だったかな。3.25判定くらいでの観て損ナシ。

<2017/11/25鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2018年11月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

言いたいことは言えている

ゴジラの神々しさ、窮地に立たされる戦闘部隊、地球の人々がどんな思いで過ごしてきたか…、3作目まで楽しめる情報は揃っています。

物足りなさを感じてるレビューが多いですが、あくまで1作目なので、次回に期待です。

ジンクス
ジンクスさん / 2018年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

さらば〜地球よ〜🎶的なゴジラ

ゴジラをモチーフにし、人類の存続と滅亡をかけたSFアニメ作品。

純粋なゴジラ映画で幼少期から育った者としては、チョット方向性は違いますが、圧倒的で脈略がない破壊力は、シン・ゴジラからの系統を受け継いでいました。

ストーリーとしては、アニメ映画らしい場面設定で、ヤマトとゴジラがミックスされたような内容。やや、前半は中弛みかな…。

あの鳴き声は、健在でしたが、ゴジラのテーマがなくなったのは、やっぱり寂しい。最後のゴジラは、もう僕達の知ってるゴジラを超えていて、異次元のゴジラになっていました。

三部作のようだけど、次を観るかどうかは迷うところ…。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウーン(゚-゚) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

うーん、なんとも微妙
面白くないとは言わんが…

CGアニメーションとして描かれるゴジラ最新作

ゴジラの脅威に追われ、地球を脱出した人類が地球を再び取り戻すためにゴジラに戦いを挑む。しかし、地球は二万年の月日が流れており…というお話

フライヤーを読んだときに感じた未来ゆえに増えすぎた専門用語・固有名詞はそこまで気にならない(むしろ気にしたら負けか、それともそこを楽しむべきか)

登場人物も名前も全く持って覚えられなかったが、有名な声優たちの声で大体見分けが付くのでそこも安心材料(ハルオ?以外覚えられなかったなぁ…)

最近の映画の問題点でもあるが、こちらのゴジラも3部作前提であるため、話としてはスッキリと終わりはしないし、明らかに続くように終わるのでこれまた単体作品として評価しづらい処か

3部作の1作目としては世界観の説明などを担う当たりで色々と説明セリフなども多かったが、その分続編ではどうなるのか気になるところ
この作品はどうして地球を追われ、再び戻るのか、地球の現状は、ゴジラはどうなったのかという舞台を整える作品だったとも言えるかも

内容としては、ハルオ?のゴジラをひたすら憎んで憎んで仕方ないという気持ちが押し出されているが、あまりにもそれをゴリ押ししているというか…
作戦としては冷静に企んでいるけど、無茶もするし(主人公らしいと言えばそうなのかもしれないが)こんな無茶苦茶なヤツに皆付いていくか?という印象も

他の地球にやってきた宇宙移民?みたいな方々も立ち位置がよく分からんし、作戦としても迫っているとは言え、行き当たりばったりというか、不確定要素が多い中でそんなに無茶な作戦を実行していいのか?などと感じてしまった

今回のゴジラ、通称ゴジラアースはある意味生物感がない質感のようなゴジラになっており、今までのゴジラが好きな方々としては好き嫌いが分かれる処だろう

個人的にはあまり好きでは無い(あくまでも好みの問題)
“ゴジラ”というキャラクターをアレンジして新たな形のゴジラというモンスターを打ち出す代わりに、“ゴジラ”というキャラクターとしての部分が変化するのがどうにも受け入れられないのかなぁ…

ゴジラなんだけどゴジラじゃない、でもゴジラの新しい形を見せてくれるのも良いことなんだろうし…
という複雑な気持ちです

続編及び続々編では有名なあの怪獣たちも出るそうですのでその辺を楽しみに3部作通して、どう落とし込むのかにも注目してみようかな

テツ
テツさん / 2018年9月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラがチート過ぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ようやく倒したと思ったら、実はそれは亜種で、6倍に成長した本物が現れるとか、なんだかなと思った。強さのインフレには飽き飽き。
ゴジラの造形も良くない。

※2018年9月7日、DVDで再視聴。

月野沙漠
月野沙漠さん / 2018年9月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴジラ×SFがやりたかった

多分アニメならではということで、これまでゴジラであまりなかったと思われるSFがやりたかったのかなっと感じました。見せる絵を重視していて流石に綺麗だなぁっと感心しました。その分ストーリーは二の次、三の次になっちゃってるのが残念。

作品を観る時に何を重視するかで変わってくるとは思うのですが、絵のクオリティはかなり高かったと思います。爆発とかメッチャリアルでしたし。ホバークラフト?で飛び回ってゴジラに攻撃するっていうこれまでにない場面を見せたかった。今までにないアニメならではの描写で見せたかった。本作の楽しみ方はそこにつきると思われます。

だからというのも変な話ですが、どうしてもストーリーは粗くなってしまってましたね。個人的に気になったのはキャラクターの弱さでしょうか?アニメだけに限る事ではないのですが、キャラクターって大事ですよね。

主人公がゴジラ憎しだけで全く好感を得ることができない事も問題がなんですが、ストーリーを好意的に考えるとあの人型宇宙人が何か企んでて、わざと残念な人格の主人公を推していた・・・とかなのかな?

まぁ、個人的にはゴジラには街を破壊してほしいという希望があるので本作は微妙だったのですが、番外編として綺麗なアニメーションを楽しめればいいのではないのでしょうか?

アキ爺
アキ爺さん / 2018年9月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事前にネタバレしていたので期待しないで観ました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ゴジラとのバトルは結構楽しめました
そこに至るまでの人類側のパートが全然面白くないのは残念でした
謎の専門用語とか意味深な会話とか全て映画を雰囲気を盛り上げるフレーバーなのであまり気にしなかったです
人類側の揉め事が盛り上がっていくのか
三部作なので全てを観ればハッキリすると思いますが
今作ではゴジラ(成長したミニラ)を犠牲はでつつもしっかり倒して、二万年育っちゃったゴジラが登場して壊滅からの地球で生き延びていた人登場からの次回作はメカゴジラ!
しかしこっちもネタバレしているので、期待しないでレンタルが開始されるまで待ちます

スノークの息子
スノークの息子さん / 2018年8月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱ違和感が……

庵野監督の「シン・ゴジラ」は素晴らしいけど、世界では通じない。というか最初っから日本のゴジラの文脈で作られた作品で、それはそれで「ゴジラ」として正しいし、だからこそ日本であれだけのヒットになったと思う。

対して本作は、ゴジラのデザイン、アニメ作品であることなど、明らかに世界のマーケットを視野に入れた「輸出用ゴジラ」なんだなっていう印象だった。

それ自体は悪いとは思わないし、日本がギャレス版やパシフィックリムなどハリウッドの大資本で作られたゴジラに対抗するならアニメしかないってのも分かる。

ただ、アニメのゴジラにはやっぱ違和感があるんだよなー。
ストーリーにも主人公にも乗れないし、SF設定の方も「あれ?」って思うところがあったし、(´ε`;)ウーン…って感じ。
まぁ、3部作の一本目だから今後の展開を観ないと何とも言えないけども。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3部作というのを知らないでみてしまった。 なーんだ、続きがあるとい...

3部作というのを知らないでみてしまった。
なーんだ、続きがあるということは結局はゴジラを倒してよかったよかった・・という映画か。
最後に300mゴジラが出てきて絶望で終わるというのならインパクトを残してそのまま終わるということでまたそれも良かったのだが・・・

ポケ
ポケさん / 2018年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

既視感と色んなSF 物からの剽窃だけで出来た映画です。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 まず、メカニズムデザインがどこかで見たような物ばかり、例えば移民船は宇宙貨物船レムナント6やさよならジュピター、揚陸挺はエイリアンシリーズ、翼竜怪獣はドラゴンスレイヤー、拳銃はスペース1999、パワードスーツはマクロス、などどこかで見た感じのイメージの羅列。

 移民船が地球に引き返すのは良しとしても、20年間も旅をしてきたのに、地球への帰還はあっという間なのもいただけない。それなら移民予定地に数日で到着も出来たはずではなかろうか?。

 やたらと激アツな主役の意見にはちっとも賛同出来ないし、(GODZILLAを倒すより月面に基地を作って様子を見る方が賢い、という登場人物の意見は激しく同意、この映画で感心したのはここだけ)そもそもこいつの思いつきでたまたまGODZILLAを倒せたからよいが、それなら地球が怪獣の星になる前に倒せるはずでは?と思ってしまい、全く説得力が無い。核爆弾数千発て倒せなかったGODZILLAがなぜ電磁波撹乱で倒せると確信したんだかも良くわからない。

 異星人と一緒に宇宙をさまよってたのだから、一人くらい混血になっててもおかしくなさそうだが、何故かそういう事はなさそうだし、絶え間ない飢えに苦しみに耐えきれず、とセリフがあるわりにみんなそこそこの体格だし、細かいところが気になりすぎて感情移入出来ない。死んだ乗組員さえも食料にしてますよーくらいのハードさがないと、果てしない絶望の旅の厳しさは描けないのではないだろうか?。

タイトルバックのオール怪獣に地球が破壊されるところこそ丁寧に描くべきではなかっただろうか?。

全体的な設定は地球の長い午後という名作SF のパクりだし、結局はメカGODZILLAとかのかつてのキャラクター頼みの映画造りをするならもっと知恵を出しあって映画にしないとダメダメです。

0点の映画です。

ケオマ
ケオマさん / 2018年6月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インターステラー+進撃+その他いろいろ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんで虚淵玄て人は、同じような展開ばかり書くんだろう。
とにかく絶望、それには理由があり希望とか野心とか今回は文明の発展による栄華の代償とかなんとか

素朴に疑問だが世の中って人間ってそんなものかね?
変に仰々しいテーマなんてとりあえずおいといて娯楽に徹したものは書けないんですかね。

やたら小難しい単語使ってみたり、fatezeroとかもそうだったけど。なんかみていて疲れる、このゴジラもまたしかり

この人笑いがほとんど描けないんだよな、知ってる限りでは。鬱展開ではなかった…かな比較的明るい展開の「楽園追放」も笑えるところは皆無だった。

真面目過ぎるんですかね。あるいは言葉悪いがある意味人格破綻者なの?

とにかく初っぱなから絶望の嵐、年寄りは口べらしとかである星に置いてくわ
まるでいくあてのない宇宙航行を何十年も続けて食うものにも事欠くわ
狭い船内、寒い船内に耐えられず自殺する者はいるわ
なんかもうダウナーになるよゲンナリする。

あまりゴジラや怪獣ものにこだわりはないので面白いならいいけど、こういうはじまりだとイヤ〜な予感しかしない。

なんなの恐怖映画ゴジラ?と考えればいいのホラーと
なんかさ、根本的に考えた方がいいって。物語の作り方を。偉そうなこと言わしてもらうと。

まどかマギカもまた続編がほんとに企画としては進行中でまた虚淵先生のシナリオの完成待ちなんだとしたら…またさやかちゃんいじめはやめてくれ(笑)
だいたい、好きなキャラを追い込んで最後に死なすって。どう考えてもまともじゃねーでしょそんなやり方(虚淵玄は美樹さやかがいちばん好きとなんかで読んだ)

ゴジラと関係ない話してすいません。でも虚淵玄脚本となると、いかにもな流れにだいたいがなるから、比較してしまう。

二作目もみるかもしれないが(劇場には行かない)、なんかこう〜ほんとにすげえ!こんなのみたことない!というラストに持っていってほしい。

真似ばかりしてないで。頼むぜ虚淵さんてば

守銭奴
守銭奴さん / 2018年6月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらん。

わざわざ、危険を冒してまで地球を取り返そうとする理由がわからない。主人公はよくいる熱く猪突猛進な僕の嫌いな性格のキャラ。
3部作なら一作目はもっと興味を惹くものにしなければ。

めたるぱんち
めたるぱんちさん / 2018年5月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ちょっと心配な滑り出し~もっと動いてくれよゴジラ!

「ゴジラ」シリーズ第30作。「GODZILLA」三部作第1部。

“ゴジラ”をするならアニメである必要が無いし、“アニメ”をするならゴジラである必要も無いと思いました。“アニメ”で“ゴジラ”を描くことの必然性が、あまり感じられませんでした。少し期待していた部分があっただけに、全体的に何だか微妙な感じでした…。

確かに、アニメという表現方法でしか不可能かもしれない戦闘描写はダイナミックだし、とてつもない迫力がありますが、いかんせん肝心のゴジラが殆ど動かない(笑)
ちゃんと熱線(というよりもはやビームの感覚)を発射したり、新スキルの尻尾からの電磁衝撃波的な技も炸裂させますが、あとはゆっくりゆったり、ノシノシと動くだけ…。
それに何より、予想はしていましたが、やはり都市破壊のカタルシスがない! 冒頭に空港で宇宙船を熱戦で撃墜しますが、それくらい…。森を歩くだけのゴジラなんて、「東宝チャンピオンまつり」時期の低予算だった頃より酷いんじゃないでしょうか…。

でもまぁ、取り敢えず三部作ということなので、長い目で見守ることにします(笑) でも心配だなぁ…。

登場人物たちにはアニメ界を代表する豪華声優陣が集結しているということで、私はあんまりアニメは観ない方ですが、それでもどこかで聞いたことのある声ばかりでした。
皆さん演技達者で、プレスコ方式でアフレコしたということですが、作品全体のイメージをうまく捉えて演技されているなと感じました。

第2章にはメカゴジラが出てくるということらしいし、もしかしたらモスラも登場でしょうか? 取り敢えず、次はめちゃくちゃ動いてくれよ、ゴジラ!

syu-32
syu-32さん / 2018年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

STEINS;GATE 無数の世界線の一つの未来

STEINS;GATE ∑世界線の未来の話
岡部倫太郎の玄孫が主人公です

鳳凰院凶真
鳳凰院凶真さん / 2018年4月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「カッコいい」が無い

作中に「カッコいいな」と思える物が1つも無い
乗り物、武器、服、キャラクター、怪獣、セリフ
全てに「カッコいい」が欠けている
子供じみた感想ですが、好きになるキッカケ・夢中になれる物これらが欠けています
怪獣惑星は心の中の五歳児を満足させてくれなかった

テトリス凸
テトリス凸さん / 2018年3月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮 幸せ 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

新ゴジラ。

新解釈新展開のSF版ゴジラなので好き嫌いは分かれそう。
個人的にはやはり特撮の方が好み。ビジュアルは◎だった。

ハチコ
ハチコさん / 2018年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

突如地上に現れた怪獣に滅亡の危機に晒された人類のもとに故郷の星を追... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

突如地上に現れた怪獣に滅亡の危機に晒された人類のもとに故郷の星を追われ放浪する異星人種エクシフ、ビルザルドが飛来、彼らの進んだ科学知識を結集して怪獣と戦うがゴジラを倒すことが出来ず、入植可能な星へ移住すべくアラトラム号で地球を離脱する。20年後、タウ星eへの入植に失敗したアラトラム号はこのまま入植可能な星を探索するか地球に帰還するかの選択に迫られる、という触りだけだととてもゴジラとは思えない導入部分ですが実際全然別物。これでもかとブチ込まれた分厚いSF考証、昆虫のようにブチ殺される兵士達、まるで『スターシップ・トルーパーズ』の続編かのようなハードSFアニメになっています。両親をゴジラに殺され復讐心を滾らせるハルオ大尉、エクシフの神官でハルオの理解者メトフィエス、ハルオの幼馴染でメカに強いユウコ曹長他キャラもきっちり立っていて90分の尺でガッツリ燃える見せ場まで一気に描く異色作。エンドクレジットの後のワンカットはただでさえ独創的な物語をよりカオスに誘うサプライズに満ちていますが、次作のタイトルは『GODZILLA 決戦機動増殖都市』。もはやどんな筋かも見当がつきません。

よね
よねさん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

ネトフリで鑑賞

ストーリー通して暗い調子と、メリハリがイマイチマッチしていない音楽で、見ていて気分が暗くなってしまった。

そもそもゴジラに対して、個人機で挑むことがどうしても納得いかない。

ゴジラに動きがない。
登場人物が多すぎる。それで一人一人が薄い。ワクワク感うすい。

だけど、ゴジラを毒殺したやつよりは面白かった。

nata
nataさん / 2018年2月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

179件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報