メカゴジラの逆襲

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
3%
42%
42%
3%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“メカゴジラ”シリーズ二作目。第一作で破壊されたメカゴジラが地球征服を企む宇宙人に復元修理され、ゴジラと対決する。脚本は高山由紀子、監督は「決戦!南海の大怪獣」の本多猪四郎、特撮監督は「エスパイ」の中野昭慶、撮影は富岡素敬がそれぞれ担当。

1975年製作/83分/日本
配給:東宝

ストーリー

海に沈んだメカゴジラの残骸を捜索中の潜水艇・あかつき号が行方不明になった。調査に乗り出した海洋研究所の一之瀬は、10年前に「恐竜は実在する」と発表して世間を追われた真船博士が事件に関係があるとにらんだ。一方、その真船博士は、人知れぬ地下の実験室で一人娘・桂を助手にして、世間へ復讐するために研究に没頭していた。真船博士の復讐心は地球征服を企む宇宙人に利用された。怪獣チタノザウルスを使ってあかつき号を破壊したのは、大宇宙ブラックホール第三惑星の隊長ムガールで、彼は博士の手を借り、メカゴジラを復元修理しようとする計画だった。一之瀬は海底調査をするに当って桂に協力を求めたが、断わられた。桂はムガールの手下・津田によってサイボーグに改造されていたのだ。あかつき2号に突然、チタノザウルスが襲いかかった。だが、あかつき2号の発信する超音波によって苦しみ悶えだした。チタノザウルスは超音波に弱いのだ。逃げたチタノザウルスは二日後、横須賀港に出現した。その時、突如、海中からゴジラが現われた。壮絶な戦いは勝負がつかないまま、引き分けに終った。ムガールは桂の頭にメカゴジラの作動装置を結びつけ、東京大破壊が開始された。その頃、真船家を探っていた一之瀬がムガールに掴まった。ムガールは、一之瀬を救出しようと飛び込んで来た国際警察の村越をしりめに、最後のスイッチを押した。メカゴジラとチタノザウルスは狂ったように街を破壊していった。だが、再び出現したゴジラによって、宇宙人の野望もくずれさるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5これはゴジラ映画では無い。本多猪四郎の作品

ヒロさん
2019年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ヒロ

5.0初期三作で一番の力作だと思う

2019年7月22日
iPhoneアプリから投稿

「小林、とうとうゴジラをやっつけたぞ」で終わる潔さ。昔の映画は、パッと終わるね。エンドロールなんかないに等しい。「完」の字幕で終わり。
耳のある二匹めのゴジラ。氷漬けにされて終わるんだけど、一作目に続いて二作目の「逆襲」もシリアス。
アンギラスが初登場で、"怪獣対怪獣"という、一作目から更に話を広げ、ここからこの流れが続く。
三作目のvsキングコングは見ちゃったけど、初期三作の中ではこの二作目が一番好き。スタジオ撮影が、まさにスタジオ感があって、役者さん達、大道具さん達の苦労が見えるようだ。ゴジラを閉じ込める大量の氷は、本物の氷に見える。いやぁアチコチ秀逸だ。

さて、どの作品からシリアス路線を脱却したんだろうか。四作目はモスラ、五作目は三大怪獣でラドン登場。このずっと前にラドン単体で映画化されてるので、それも見なくちゃ。で、六作目で先日見たキングギドラ登場で宇宙という空間の広がりを想像させてくれた。当分、楽しませてくれる。次は、どれを見よう。ワクワク。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
totechinsyan

3.5でも物語の中心はチタノザウルス

アキ爺さん
2019年6月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アキ爺

3.0本多猪四郎、伊福部昭コンビが帰ってきた!

kossyさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 前作『ゴジラ対メカゴジラ』ではメカゴジラのヘッドコントロールを修理した宮島博士役の平田昭彦。今回はチタノザウルスを発見提唱したため学会から追放された真船博士を演じている。生家は金沢らしいのですが、そのシーンは無かった。

 チタノザウルスが超音波に弱いことを発見した調査船。防衛隊の協力を得て強大な超音波装置を開発するのだが、ひそひそ話を聞かれたために配線をボロボロに。そうして第三惑星人はゴジラを探知するスーパーガイガー探知機を完成させ、メカゴジラとともに東京を襲うのだった。

 悲恋と言われるのはサイボーグの桂(藍とも子)と一ノ瀬(佐々木勝彦)。メカゴジラの起動装置を桂の頭に繋げるという残酷さは第三惑星人ならではの発想。「いいんだ。たとえサイボーグでも、僕は君が好きだ」という台詞にはちょっとウルっときてしまう。

 この後、ゴジラ映画は9年間作られてないことから、最後に海へと去っていくシーンは感慨深いものがあった。また、平田昭彦がオリジナル『ゴジラ』での芹澤博士を演じ、今作では日本を破壊するという真逆のスタンスで真船博士を演じたのも興味深いところでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「メカゴジラの逆襲」以外にこんな作品をCheck-inしています。