哀愁

  • AmazonVideoで今すぐ見る
33%
50%
11%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「響け凱歌」で共演した「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リーと「椿姫(1937)」のロバート・テイラーが顔を合せての主演映画で1941年作品。ロバート・E・シャーワッド作の舞台劇『ウォータルー橋』の2度目の映画化(1度目は「ウォタルウ橋」'31)で「征服」のS・N・ベールマン、「キューリー夫人」のハンス・ラモー及び「心の旅路」のジョージ・フローシェルが協力脚色し「心の旅路」「キューリー夫人」のマーヴィン・ルロイが監督した。撮影は「ガス燈」「心の旅路」のジョゼフ・ルッテンバーグが指揮し、音楽は「育ち行く年」のハーバート・ストサートが作曲している。「剃刀の刃」のルシル・ワトソン、「勝鬨」のヴァージニア・フィールド、「征服」のマリア・オースペンスカヤ、「キューリー夫人」のC・オーブリー・スミス等が共演。

1940年製作/アメリカ
原題:Waterloo Bridge

ストーリー

1940年燈火等制下のロンドン。ローイ・クローニン大佐はフランスへ赴任するのでウォータルー駅へ自動車を駆っている。駅に近くウォータルー橋にさしかかると大佐は車を降りる。橋は第1次大戦当時、爆破されて架橋し直したとはいえ、大佐には懐かしいのであろう。霧に霞むらんかんにもたれつつもの想いにふける。それは1917年、彼は25歳の陸軍大尉であった。スコットランドの旧家クローニン家に生まれ、フランスの戦野へ出征の途上、ロンドンで閑暇を楽しんでいるのだ。折しも空襲のサイレンが鳴り人々はウォータルー駅の避難所へ駆け出す。中の1人の女が何か落とした。大尉は手助けをして彼女と共に避難する。見れば美しい。まだ女学生と見える彼女はマイラと名乗った。オルガ・キローワ・バレー団のダンサーなのだ。ローイは彼女の舞台を見物すると、夜食に誘ったのであるが、厳格なキローワ女史はマイラに行くことを禁じた。しかし彼女は親友のキティの助けでぬけ出して大尉と会った。翌日彼はマイラを訪ねて結婚を申込み、その次の日式を挙げる約束が出来た。ところがその晩彼女は速達便を受取った。出発命令が下ったから直ぐ立つ、会いたい、というのである。マイラは飛出して駅へかけつけたが走り行く車上に立つローイの姿をチラと見ただけであった。劇場に急いでもどると、舞台にあなをあけたというのでキローワ女史はクビを申し渡し、マイラの弁護ををしたキティも諸共クビになった。貯蓄の全部を出した結婚衣装を買ったマイラは、ローイの母に会いに行った。その約束のカフェでマイラは不図見た新聞に、ローイ・クローニン大尉殉死の報を見て卒倒した。それから2ヵ月間マイラは病床にふした。就職口がないためにキティが夜ね女となっていることを、全快して彼女は初めて知って、その友情に泣かされた。そして今やローイ亡きあと何の生甲斐もなくなったマイラは、自らもキティと同じ道に陥った。それから1年、ウォータルー駅でマイラは凱旋して帰ったローイと会った。彼女が待っていてくれたと思って喜んだ彼は、彼女の身の上の変化に気がつかず、彼女をスコットランドの家へ伴った。マイラは愛が絶対である。その他のあらゆる事は関係ないと、自分自身に言い聞かせたが、もしも彼女の1年間の行状が知れれば、ローイの破滅となるに違いないと思い直して、ロンドンへひとり帰ってしまった。ローイはあとを追ったがマイラは身を隠した。マイラは思い出のウォータルー橋の上に、いつか来てしまっていた。何度考えても彼女は愛するローイに幸福を与えることは出来ないとしか思えない。思いつめたマイラは突進して来る軍用トラックの前に身を投げて最期をとげたのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0パディントン駅でのヴィヴィアン・リーの媚態だけでも一見の価値あり!

2020年1月30日
Androidアプリから投稿

ヴィヴィアン・リーは『風と共に去りぬ』よりこちらの方がずっと良い。美男・美女映画の究極。蝋燭が一本また一本と消えていく部屋で「蛍の光」に乗って二人が踊るシーンのロマンチックさよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0蛍の光、別れのワルツは本作がルーツだそうです

あき240さん
2019年8月1日
Androidアプリから投稿

正に名画です
哀愁という邦題は見事というほかにありません
それ以外にどうこの震える感情を表せるというのでしょうか

ウォータールー橋は第二次大戦中は鉄骨のトラスが連なる橋だったようです
今は吾妻橋のような2車線の車道を両側の歩道が挟んだ欄干が有るだけの橋になっているようです
そして劇中の第一次大戦中もその姿のようです
いずれにしても何の変哲も無いただの大きい橋です
上野駅のような大きいウォータールー駅に渡るだけの橋です

その橋の欄干にもたれて夜の闇の中で物思いにふけり佇む初老の軍人
その姿を表現するにはその言葉しか有りません

戦時中の1940年の製作です
この年の5月末にはダンケルクでイギリス軍40万人が命からがら大陸から逃げ帰っています
そして7月からはロンドン爆撃と首都上空での大空中戦がおこなわれています
つまり彼は今夜出撃すれば、命がどうなるかわからない状況であったのです
そのことを頭にいれるとより彼の心情が伝わってきます

ヴィヴィアン・リー27歳
美しく気高く、そして驚くほどに細い
バレリーナという設定に説得力のあるバレーを幼少から鍛練してきた女性特有の骨格と細さです
ほほも痩け気味です
それが薄幸の運命を表現してもいます

ラストシーンのウォータールーを目を大きく見開き歩道をさ迷う鬼気迫る表情の演技は心に刻まれる名演技でした

311の後にプチ結婚ブームがありました
大災害を目の前にして明日をも知れぬ死の恐怖を知った時、理屈を超えて人は恋を急ぐものだと感じたものです
まして戦争ならどうでしょうか?

明日もまた変わらぬ日々が続くという安心があるから、恋もまた急ぐ必要も無く、偶然の出会いも大切することもない
それが平和な現代の日本です
それは幸せなことです

しかし時は有限です
若い人生の夏は振り返ってみればあっという間のことです
明日死ぬかも知れないと思って生きれば、偶然の出会いももっともっと大切に育てることができるのかも知れません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0近代版 白鳥の湖

さん
2019年2月11日
スマートフォンから投稿

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
鯖

4.5ビビアン・リーが気高く美しい。切なさの余韻がいつまでも残る秀作

2016年7月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、DVD/BD

ビビアン・リーが気高く美しい。切なさの余韻がいつまでも残る秀作

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る