ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
37%
31%
14%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本を襲う破壊神・ゴジラと、それを迎え撃つ3大聖獣のバトルを描く、人気怪獣映画のシリーズ第25作。監督は「クロスファイア」の金子修介。脚本は、「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」の長谷川圭一と「溺れる魚」の横谷昌宏、金子監督の共同。撮影を「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」の岸本正広が担当している。主演は、「6週間 プライヴェートモーメント」の新山千春と「かあちゃん」の宇崎竜童。

2001年製作/105分/日本
配給:東宝

ストーリー

グァム島沖で消息を絶った米原子力潜水艦の捜索に向かった防衛海軍が、海底でゴジラと思われる生物を発見した。48年前、ゴジラの上陸で家族を失った防衛軍の立花准将は、ゴジラ襲来を警戒するよう軍上層部に促すも、平和に慣れきった軍は自らの兵力を過信し、立花の言葉を黙殺する。同じ頃、日本各地で若者たちが何物かに襲撃されるという事件が起こっていた。BS放送局デジタルQのB級オカルト番組のリポーターで、立花の娘である由里は、友人でサイエンス・ライターの武田が持って来た護國聖獣傳記にあるバラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、ギドラ(魏怒羅)の日本古来の怪獣が眠っている場所と事件発生現場が一致していることを掴み、調査を開始。謎の老人・伊佐山からゴジラは太平洋戦争で命を散らした人々の残留思念=怨念の集合体であること、ゴジラから大和の国を護るべく聖獣たちが永い深い眠りから覚醒するであろうことなどを聞き出すのであった。そんな矢先、ゴジラが焼津に上陸。更にバラゴンが地中から出現し、ふたつの怪獣が箱根で激突する。だがバラゴンは以前よりパワーアップしているゴジラの敵ではなく、バラゴンを倒したゴジラは東京へ移動を始めた。やがて、ゴジラは横浜に出現した。迎え撃つモスラとギドラは、壮絶なバトルを展開。しかし、ギドラもモスラの力を借りてキングギドラへと姿を変えるも、遂に力尽きてしまう。ところがその時、3聖獣が光となってゴジラを海中へと引きずり込んだ。ゴジラを撃退するには聖獣と共に戦うしかないと考え、D-03ミサイルを搭載した特殊潜航艇さつまに乗り込んでいた立花准将は、この時をチャンスとばかりさつまもろともゴジラの体内へと突っ込んで行く。そんな父親の姿に心打たれた由里は、報道へのプロ意識に目覚めゴジラとの戦いを最後まで放送することを決意し、レポートを続けた。そして、ゴジラの体内D-03を発射し、ゴジラを倒すことに成功した立花准将は、無事、生還を果たす。だが、海の底では死んだ筈のゴジラの心臓がまだ鼓動を続けていたのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
アニメーションスーパーバイザー
西山明宏
豊直康
特殊技術
神谷誠
脚本
長谷川圭一
横谷昌宏
金子修介
製作
富山省吾
プロデューサー
本間英行
撮影
岸本正広
美術
清水剛
音楽
大谷幸
音楽プロデューサー
北原京子
テーマ曲
伊福部昭
録音
斉藤禎一
音響効果
佐々木英世
伊藤進一
柴崎憲治
照明
粟木原毅
編集
冨田功
冨田伸子
衣裳
新井正人
川崎健二
アソシエイト・プロデューサー
鈴木律子
製作担当者
前田光治
川田尚広
金澤清美
助監督
村上正晃
スクリプター
飯塚美穂
スチール
中尾孝
工藤勝彦
特技撮影
村川聡
特技照明
斉藤薫
特技美術
三池敏夫
特技スクリプター
青木順子
特殊効果
久米政
操演
根岸泉
ビジュアルエフェクト
松本肇
デジタルエフェクト
小笹隆之
視覚効果プロデュース
小川利弘
デジタル・CGスーパーバイザー
荒木史生
泉谷修
杉木信章
田中貴志
今井輝行
塩屋智和
佐藤敦紀
特技助監督
菊地雄一
造形
品田冬樹
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0最後に生き残るのは誰だ?!

2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年6月14日

映画 #ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃 (2001年)鑑賞

ゴジラを平成に製作したらこんな内容やレベルになるんだろうなと言う作り
リメイクとしては上手にできてますね

破壊神ゴジラを倒せるのは“ヤマトの守護神”である3匹の護国聖獣!

#宇崎竜童 がヒーローになってます

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

2.5ゴジラ劇団の配役

Cape Godさん
2019年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

総合50点 ( ストーリー:40点|キャスト:55点|演出:60点|ビジュアル:65点|音楽:65点 )

 ゴジラ出現前からの動きからゴジラの戦いまでを見守ることになる重要な立ち回りをする由里役の新山千春は、役柄として特に面白くもなく演技もとりわけ良い訳でもなく物足りない。ゴジラは凶暴で強くてまずまずだが、他の怪獣はもっと頑張って欲しかった。他の怪獣との戦いの場面も悪いわけではないが、今回のゴジラは女子供だろうが知ったことじゃないとばかり容赦なく踏み潰す場面が描かれるのが良かった。怪獣が暴れれば町が破壊されるだけでなく、人命が失われるのだということを見せてくれる。
 過去に観たいくつかの他のゴジラ作品と異なり、今回のゴジラは大人も対象になっているように思える。それでもまだまだ水準が高いとは言えない。怪獣たちもぬいぐるみ感が強くて映像的にも一流とは言えない。脚本も粗い。21世紀の作品としてはまだまだ不満が残った。

 それほどたくさんのゴジラ映画を観たわけではないが、1つ気が付いたことがある。ゴジラは作品によって人間の敵だったり時には味方だったりする。その他の怪獣もそれは同様のようで、設定に一貫性がない。1991年の『ゴジラVSキングギドラ』では、キングギドラは未来から来た人造ペットが放射能で変化してものだったはずだが、ここでは日本古来の神獣だそうだ。
 どうも映画界にはゴジラ劇団とでも言うべきものがあって、所属する怪獣が作品によって自由に配役されてその脚本の設定の役柄を演じることになっているようだ。だが作品ごとにこうも配役が変わると違和感があってどう怪獣を認識していいものやら。作品ごとに怪獣の配役を変えるのではなく、役柄ごとに専用の怪獣を登場させた方がいいように思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

0.5失笑しか出ない。

2019年6月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

失笑しか出ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Mr. Planty

3.0宇崎の大根ぶりが酷すぎる

なははさん
2019年6月5日
PCから投稿

セリフは棒読み、ただシリアスにしているだけで演技力ゼロ。『ゴジラ』シリーズには絶対出て欲しくなかった。ほかは3.0.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なはは
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」以外にこんな作品をCheck-inしています。