ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

劇場公開日:

解説

日本を襲う破壊神・ゴジラと、それを迎え撃つ3大聖獣のバトルを描く、人気怪獣映画のシリーズ第25作。監督は「クロスファイア」の金子修介。脚本は、「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」の長谷川圭一と「溺れる魚」の横谷昌宏、金子監督の共同。撮影を「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」の岸本正広が担当している。主演は、「6週間 プライヴェートモーメント」の新山千春と「かあちゃん」の宇崎竜童。

2001年製作/105分/日本
配給:東宝
劇場公開日:2001年12月15日

ストーリー

グァム島沖で消息を絶った米原子力潜水艦の捜索に向かった防衛海軍が、海底でゴジラと思われる生物を発見した。48年前、ゴジラの上陸で家族を失った防衛軍の立花准将は、ゴジラ襲来を警戒するよう軍上層部に促すも、平和に慣れきった軍は自らの兵力を過信し、立花の言葉を黙殺する。同じ頃、日本各地で若者たちが何物かに襲撃されるという事件が起こっていた。BS放送局デジタルQのB級オカルト番組のリポーターで、立花の娘である由里は、友人でサイエンス・ライターの武田が持って来た護國聖獣傳記にあるバラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、ギドラ(魏怒羅)の日本古来の怪獣が眠っている場所と事件発生現場が一致していることを掴み、調査を開始。謎の老人・伊佐山からゴジラは太平洋戦争で命を散らした人々の残留思念=怨念の集合体であること、ゴジラから大和の国を護るべく聖獣たちが永い深い眠りから覚醒するであろうことなどを聞き出すのであった。そんな矢先、ゴジラが焼津に上陸。更にバラゴンが地中から出現し、ふたつの怪獣が箱根で激突する。だがバラゴンは以前よりパワーアップしているゴジラの敵ではなく、バラゴンを倒したゴジラは東京へ移動を始めた。やがて、ゴジラは横浜に出現した。迎え撃つモスラとギドラは、壮絶なバトルを展開。しかし、ギドラもモスラの力を借りてキングギドラへと姿を変えるも、遂に力尽きてしまう。ところがその時、3聖獣が光となってゴジラを海中へと引きずり込んだ。ゴジラを撃退するには聖獣と共に戦うしかないと考え、D-03ミサイルを搭載した特殊潜航艇さつまに乗り込んでいた立花准将は、この時をチャンスとばかりさつまもろともゴジラの体内へと突っ込んで行く。そんな父親の姿に心打たれた由里は、報道へのプロ意識に目覚めゴジラとの戦いを最後まで放送することを決意し、レポートを続けた。そして、ゴジラの体内D-03を発射し、ゴジラを倒すことに成功した立花准将は、無事、生還を果たす。だが、海の底では死んだ筈のゴジラの心臓がまだ鼓動を続けていたのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
アニメーションスーパーバイザー
西山明宏
豊直康
特殊技術
神谷誠
脚本
長谷川圭一
横谷昌宏
金子修介
製作
富山省吾
プロデューサー
本間英行
撮影
岸本正広
美術
清水剛
音楽
大谷幸
音楽プロデューサー
北原京子
テーマ曲
伊福部昭
録音
斉藤禎一
音響効果
佐々木英世
伊藤進一
柴崎憲治
照明
粟木原毅
編集
冨田功
冨田伸子
衣裳
新井正人
川崎健二
アソシエイト・プロデューサー
鈴木律子
製作担当者
前田光治
川田尚広
金澤清美
助監督
村上正晃
スクリプター
飯塚美穂
スチール
中尾孝
工藤勝彦
特技撮影
村川聡
特技照明
斉藤薫
特技美術
三池敏夫
特技スクリプター
青木順子
特殊効果
久米政
操演
根岸泉
ビジュアルエフェクト
松本肇
デジタルエフェクト
小笹隆之
視覚効果プロデュース
小川利弘
デジタル・CGスーパーバイザー
荒木史生
泉谷修
杉木信章
田中貴志
今井輝行
塩屋智和
佐藤敦紀
特技助監督
菊地雄一
造形
品田冬樹
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0個人的ゴジラ映画No.1

2024年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

子供の頃、父に連れられて初めて劇場で観た作品。

大人になった今、見直してみると着ぐるみ特撮特有のチープな箇所や設定の大味さに目がつくようになったが、それでも個人的に1番好きな作品である。

今でこそシンゴジラやゴジラ-1.0、海外ではモンスターバースなどのハイクオリティなCGを用いた作品が主流であるが、やっぱり着ぐるみ特撮のこの作品が1番好きだ。

言葉にするのは難しいがこの作品の怪獣は一体一体の表情や仕草が生々しくリアルで、なんというか本当にそこにいる感じがする。

歩く時の姿勢、体の動かし方、咆哮する時のくわっとする表情、瞬きしたり見開いたりする目がとても生物的に感じられるのだ。

怪獣のデザインも秀逸だと思う。

凶暴さ、横暴さを感じされる貫禄のある体躯と白目のゴジラ。日本の龍のようなテイストを取り入れた魏怒羅。今までにないスズメバチのようなデザインで紫を基調とした最珠羅。狛犬のような可愛らしい顔の婆羅護吽。

語彙力がないので上手く表せないがどの怪獣もめちゃくちゃかっこいいのである。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
福ちゃん

2.0人間パートが……

2023年12月13日
iPhoneアプリから投稿

単純

「他の誰かなら良かったのか?」

ゴジラが見境なく大暴れするタイプの作品。白目剥いて破壊の限りを尽くす。でもなんか…全然怖くないんだよなぁ……。なんか質感がフニャッとしてるのがすげー気になった。

今作のゴジラは「戦争被害者の英霊」みたいな一丁前な設定があるんだけど、それが話の進行上ひとつも役に立ってない。ただあるだけ、言ってみただけの死に設定。馬鹿にしてんのか?

ゴジラ復活の原因が、馬鹿な若者が祠かなんかに罰当たりを働いたって理由なんだけど、これが悪い意味でテンプレくさすぎる上に作劇上まったく上手く使えてなくて全然良くない。洒落怖か、ボケ。

怪獣がいっぱい出てくる割にはプロレスもショボい。護国怪獣(笑)がゴジラに敵わなさすぎる。正直言って勝負になってない。見てて楽しくない。

そして人間パートが正真正銘のクソ。微塵もいらない。怪獣映画ではもはやテンプレみたいな文句だけど、今作の人間パートは特に酷い。マジでクソほども必要性を感じないし登場人物が軒並み鬱陶しくてイライラする。特に主人公。ずっとウザいだけのキャラだった。やってることが所謂「マスゴミ」でしかなかった。ギドラ戦中に橋から落ちる落ちないみたいなことしてんのが物凄いムカついた。今そのくだり必要か?馬鹿野郎。終始話の邪魔。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つめけん

3.0ゴジラ-1.0のオリジン?

2023年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

日本での大絶賛に加えて、アメリカでの動員数記録を34年ぶりに塗り替えたゴジラ-1.0が話題沸騰中ですが、レビューを見ると、頻繁にGMKへのオマージュだとかパクリだとか書かれているのを見かけるので、どんな作品かと興味が湧き、レンタルDVDで鑑賞してみました。
確かに、ゴジラが凶悪な写真として描かれていたり、生物というよりは戦没者や英霊の思念から創出された怨念の塊だという設定だったり、口の中に特攻したり、心臓だけが残って動いているラストだったりと、ゴジラ-1.0に通じる部分は確かに感じました。
また、それまでは悪役だったキングギドラが日本の守護神として描かれていたりと、設定としても面白いと思います。
個人的に気に入ったのはゴジラの造形で、口は角ばっていて平べったく、目は白目で何を考えているのか読めず、不気味さはシリーズ中でもピカイチで、この辺りも、ゴジラ-1.0のコンセプトに大きな影響を与えていると感じました。
いかんせん、2001年作品なので、着ぐるみ感バリバリで、全米を驚嘆させたVFXを駆使したゴジラ-1.0を観た後だと物足りなさは感じますが、20年間以上のハンディを考えれば、今でもそれなりに鑑賞に耐えうるだけでも評価すべきなのかも知れませんが、名作と呼ばれるほどではないかなというのが、正直な印象です。
残念なのは、ストーリーが行き当たりばったりのやっつけ感アリアリだった事と、主役級の2人に加え演技達者なはずの脇役のベテランまでが、わざとらしい演技だった事で、その点は興醒めしてしまいました。
やはりこの部分はドラマ部分や演技が絶賛されているゴジラ-1.0には遠く及ばないなと感じました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
だるちゃ

2.0主役父娘の演技の稚拙。

2023年11月26日
iPhoneアプリから投稿

当時落涙した記憶。
再見。
子供騙し感否めず失笑。
主役父娘の演技の稚拙は全編の質感に合うっちゃ合う。
もう見ない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きねまっきい
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」以外にこんな作品をCheck-inしています。