ゴジラVSキングギドラ

劇場公開日

解説

超ドラゴン怪獣キングギドラと対決するゴジラの死闘を描くシリーズ第十八弾。脚本・監督は「満月(1991)」の大森一樹。特技監督は「ゴジラVSビオランテ」の川北紘一。撮影は「リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち」の関口芳則がそれぞれ担当。

1991年製作/102分/日本
配給:東宝

ストーリー

ゴジラがビオランテによって日本海に追われてから約1000日が過ぎた1992年、東京上空に巨大なUFOが出現。そこには2204年から来たという未来人グレンチコ、ウィルソン、エミーが乗っていた。21世紀に復活するゴジラに破壊された原子力発電所の核汚染によって、23世紀に人類が死滅すると予言する彼らは、恐竜が核実験でゴジラ化する前にワープし、ゴジラを歴史上から消滅させようと計画。ルポライターの寺沢らを仲間に加え、一九四四年のラゴス島へワープし、ゴジラの誕生をくい止める。だがそこへ三匹の小動物を残してきたことから、それがキングギドラとなって現代によみがえり、日本は再び恐怖の底へ。彼らの本当の目的は、赤字国の国土まで買い占める超大国になった23世紀における日本の国力を低下させるためにあったのだ。しかしエミーは彼らの計画に内心反発しており、寺沢達にその計画を打ち明けた。そのころベーリング海で原子力潜水艦が原因不明の遭難事故を起こす。未来人によりラゴス島の恐竜はベーリング海へトランスポートされていたのだった。そして、一度は消滅したゴジラが、キングギドラの出現に引き寄せられるかのようによみがえった。そして死闘の末、ゴジラはキングギドラを倒すが未来人の手によってキングギドラは“メカ・キングギドラ”となって復活。両者は再び対決しメカキングギドラはゴジラに破壊され、ゴジラもまた海底に姿を消すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
川北紘一
脚本
大森一樹
製作
田中友幸
プロデューサー
富山省吾
絵コンテ
破李拳竜
ストリーボード
杉田篤彦
キングギドラ・ドラット・メカ系デザイン
西川伸司
メカニカルデザイン
青井邦夫
ドラットデザイン
吉田穣
デザインアドバイザー
隅谷和夫
撮影
関口芳則
美術
酒井賢
装置
丸山勝治
笠原良樹
組付
田中秀典
装飾
田代昭男
河原正高
遠藤裕一郎
南沢修
電飾
稲畑秀男
飯野将貴
音楽
伊福部昭
音楽プロデューサー
岩瀬政雄
録音
宮内一男
音響効果
伊藤進一
照明
粟木原毅
編集
池田美千子
ネガ編集
青木千恵
福光衣久子
未来人衣装デザイン
出川淳子
衣装
稲毛英一
ヘアーメイク
平内満喜子
音楽ミキサー
大野映彦
俳優係
田中忠雄
製作担当者
徳増俊郎
助監督
米田興弘
記録
江口由紀子
スチール
工藤勝彦
特技撮影
江口憲一
大根田俊光
特技美術
大澤哲三
特技照明
斉藤薫
繰演
松本光司
特殊効果
渡辺忠昭
特技製作担当者
小島太郎
特技背景
小島耕司
特技装置
野村安雄
特技スチール
中尾孝
特技編集
東島左枝
オプチカルスーパーバイザー
小川利弘
小野寺浩
松本肇
宮西武史
エフェクトアニメーション
橋本満明
渡辺義治
吉澤一久
西山明宏
オプチカルエフェクト
岸本義幸
佐藤高典
佐藤元
モーションコントロール
木下良仁
フォトエフェクト
藤下忠男
泉谷修
マットペイントカメラマン
三瓶一信
マットペインター
石井義雄
ビデオエフェクト
荻原賢治
タイトル
小谷野博
特殊視覚効果プロデューサー
山辺崇
谷信弘
特技協力撮影
桜井景一
特技照明機材
棚網恒夫
特技ネガ編集
大朝和代
コンピューターグラフィックス
阿部健一
鵜沢洋之
大屋哲男
今井輝行
栗倉龍一
船沢世志保
特技助監督
鈴木健二
造形
小林知己
村瀬継蔵
品田冬樹
メカ造形
小川正晴
擬斗
宇仁貫三
特殊機械
宮川光男
鹿山和男
照明機材
北川忠利
宣伝プロデューサー
山根秀吉
宣伝係
堀内實三
松本衆三
宣伝ポスターイラスト
生頼範義
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0このソ連崩壊、バブル崩壊の予兆、日米貿易摩擦 3つの出来事が本作のモチーフになっています 本作は時代の深層を捉えた見事なテーマ性を持っていたのです

あき240さん
2022年5月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

1991年12月14日公開

ソ連崩壊は1991年12月26日
本作公開のたった12日後のことでした
すでに予兆はあり、8月にはクーデター未遂事件が起こって世界を驚愕させていました

そしてバブル景気のピークはこの年の2月のこと
本作公開の10ヵ月まえのことです
バブル崩壊の足音が遠くからし始めてきた頃の公開です

日本の地価は高騰につぐ高騰で数字の上では東京23区の地価でアメリカ全土の土地を購入できるといわれるほどになっていたのです

ニューヨークの米国を象徴するような超有名な不動産を日本企業が買い漁って顰蹙をかってもいました

失われた30年、落ちぶれはてた今の日本からは想像しにくいことですが、23世紀の超大国日本はそう荒唐無稽でもないイメージだったのです

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」なんて経済書が米国で出版されてベストセラーになったのは1979年のこと
その本は日本の高度成長の理由を解説した本でしたが、ますます日本経済は成長を遂げ、1980年代は、その本の題名どおりの様相を示し出します

その結果、1980年代を通して日米貿易摩擦がだんだんと激しくなり、今の米中貿易摩擦を思わせるような展開となっていったのです

1980年代後半になると、日本経済の力を削ぐために、貿易摩擦の激化、円高はじめ様々な圧力が掛かりはじめます
特に1989年から1990年にかけては「日米構造協議」という名前の交渉の場で、米国から日本は経済的譲歩を強圧的に飲まされて続けていた時期てでした

このソ連崩壊、バブル崩壊の予兆、日米貿易摩擦
これら3つの出来事が、本作のモチーフになっています

音楽は伊福部昭そのひと
彼のマーチで自衛隊が出動するシーンはもうそこら中をのたうち回りたいほどの名調子!
新録音のゴジラのテーマはクリアな音質で、かつダイナミックレンジの広いもの
音の分離も迫力も従前のものとは全く違います
我が家のサラウンドシステムが気持ち良さそうに鳴り響びきました
近所迷惑ですね(💦)

内閣安全保障室は実在します
1986年7月設置
初代室長は佐々淳行氏
あさま山荘事件の時に辣腕を振るった人
本作公開当時はもう3代目の室長の時代でした

本作では土橋竜三室長とされ、小林昭二が演じています
準閣僚級ですから、かなりのお偉方です

空飛ぶ円盤が、富士の裾野の原野に着陸してそれを自衛隊の戦車部隊が取り囲む光景!

もうこれは三大怪獣、地球最大の決戦のそのもの!
未来人はX星人に相当するわけです

ただコスチュームはいただけない
X星人を踏襲したスタイルリッシュなものであって欲しかった
別に違っていても良い、格好が良いのなら
ホントに萎えるくらいダサイ

本作のテーマは歴史の修正です
ゴジラを無かったことにしようというわけです

なにやら歴史修正主義とやらを連想させますが、そんなきな臭い政治的なことはまったく関係ありません
でもなんとなくそこに考えがおよぶように微かに臭いを漂わせています

ということで、タイムマシンが無ければ始まりません

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3は
、1990年5月、日本公開同年7月

ターミネーター2は1991年7月公開、日本では8月の公開

どちらも本作に先行すること数ヵ月でしたから、もちろんそれからパクリ、ゲフン、もといモチーフを拝借しています
どうも当時はタイムトラベルものが人気になっていたようです

アンドロイドと言われると、いまではすっかりスマホのことかと思ってしまいます
もちろん人造人間の意味です
GoogleのAndroidは、そこからネーミングしたのです
Google謹製のスマホの名前はネクサスといいます
これはブレード・ランナーから採られたものです

本作の未来から来たアンドロイドのM11はまんまターミネーターです
最初のターミネーターは、1984年版ゴジラと同じ年の公開作品でした
ご存知の通りタイムトラベルものです

ジョン・コナーが生まれるのを阻止するためにターミネーターが未来からやってくるのです

本作の劇中でプログラムを書き換えて味方にするシーンはターミネーター2からの由来ですね

ところで本作の未来は2204年です
ターミネーターの未来はというと2029年!
えーあと7年じゃん!ビックリ

南洋の小島ラゴス島で生き残っていた恐竜の末裔が、ビキニ環礁の水爆実験で巨大化してゴジラになるのならば、その前にゴジラをどこか遠いところに移してしまえば、ゴジラは生まれてこない!
そういう歴史の改変をやろうという未来人の計画です

だったら1954年の水爆実験の直前にタイムトラベル?

それが違って、その9年前の1945年2月4日の南洋の小島ラゴス島に向かいます

南洋の孤島に恐竜の末裔が生き残っている?
なにやら「オーオーラー!」と怪獣王子が出てきそうですww
とはいえ劇中に登場する南太平洋にネッシー?の新聞記事は実際のものです
1977年7月20日に朝日新聞と産経新聞に掲載されたものです
「首長竜のプレシオザウルスの可能性が高い」との学者の見解が本当にあったそうです

でもなぜ1945年2月にタイムトラベルしたのでしょうか?

その時点で恐竜が死んでしまうからです

ならば1954年の水爆実験の時には恐竜は死んでいたのですからゴジラは生まれないはず?

恐竜は1954年の水爆実験までこの島で生きていないと、ゴジラは生まれないです

では実は死んでいなかったのでしょうか?
それとも?

そこでその理由を考えるとこんな台詞がありました

ラゴス島の日本軍が最期の突撃をしようとする時の訓辞のシーンです

「硫黄島守備隊6千6百名は既に壮絶な玉砕を遂げた」

ん?これなんか変です
硫黄島の戦いは、2月18日から3月22日
そしてラゴス島があるとされるクェゼリン諸島の玉砕は2月6日なのです

史実と時系列が逆転しているのです
硫黄島守備隊の人員数も史実の半分くらいの数になっています

ということは、この段階ですでに歴史が改変されており、時系列が入れ替わってしまっているということです

ゴジラがそもそも空想の特撮怪獣映画だけの世界の時間線が我々の史実の時間線です

恐竜が南洋の孤島に1945年に生きており、米軍に倒されはせずにこの島で1954年まで生きて、水爆実験に被爆した結果ゴジラとなった世界が、ゴジラが存在する時間線です
でもこれは昭和ゴジラシリーズのこと

本作は平成ゴジラシリーズです
つまり1984年に初めてゴジラが出現した世界です
そしてゴジラの襲来の影響はなく、日本のバブル景気は崩壊などせず、いつまでも続き23世紀には覇権国家の超大国に日本はなっているのです
それが本作の時間線です

未来人は、日本が23世紀に覇権国家にならないようにするため、ゴジラの駆除を餌にゴジラ以上の怪獣のキングギドラを人為的に生み出してバブル景気に湧く日本を破壊する計画だったわけです

ところがゴジラを転送したベーリング海は、実は海底は核の墓場で、その結果ゴジラはやっぱり誕生してしまい、一層強大化して日本に襲来してそのキングギドラを迎撃してしまうのです
歴史の復元力のなせることなのでしょう

転送場所はどこでも良いわけですが、ベーリング海にしたことで、1955年の「ゴジラの逆襲」で、ゴジラがオホーツク海に出現したことが上手く説明がつくようになりました

しかしこんどはゴジラが強大化し過ぎで、これを食い止めるために、未来人の科学技術で巨大ゴジラに倒されたキングギドラをサイボーグ化して最終決戦となります

こうしてストーリーをじっくりと見なおすと、本作とは、日本のバブル景気の崩壊の予感が基本テーマであったことが見えてきました

永遠に続く繁栄のバブル景気
そんな未来などあるわけない

だから今日の日本が当たり前なのかも知れません
でも、もしかしたら誰かが永遠の繁栄を破壊した結果だったのかも知れません

そんな深いテーマがあることには、今の今まで全く気付いてもいませんでした
しかし今から振り返ってみると明らかにそうなのです
本作は時代の深層を捉えた見事なテーマ性を持っていたのです
今なら、何故未来人が、裏切り者になる日本女性を除き全員白人男性なのかもわかります

結局、バブル崩壊により日本が超大国になることは夢幻に終わりました
代わりにキングギドラのような中国が出現したのです

目眩く光線エフェクト
縦横無尽に飛び交う

空を飛ぶ怪獣は、やはりまず福岡を襲わないとならないのはラドンからしきたり
(但しモスラは除く)

1995年のガメラ 大怪獣空中決戦のギャオスもガメラシリーズの怪獣であっても大先輩のしきたりを守っているのですから!

博多の街並みを正確に再現したミニチュアセットを反重力光線で破壊しまくる!
このカタルシス!悶絶しそう!

福岡ドームは同年4月に起工されたばかり、竣工は1993年4月のこと
なので本作では登場せず破壊されません、残念!
福岡タワーは1989年の完成でした

新都庁は1990年12月竣工
早速壊してくれます

ムー編集部が登場します
なので少しオカルト話

主人公の乗る赤いランドクルーザーのナンバーがなんと311なのです
日本の国難、深刻な原子力災害の予言です
そして、それを追うM11 の白い車のナンバーは1929
世界大恐慌の始まった年です
バブル崩壊の暗示になっています

核兵器の信奉者共が、復活させたゴジラによって20世紀の日本は叩き潰されるだろう
怪獣に滅ぼされたとるに足らない国

これらは核兵器や怪獣とは拝金主義のバブル景気の風潮を揶揄しているものであって、いずれ空前の繁栄のバブルは崩壊するだろうという予言の言葉であったわけです

キングギドラの登場の仕方のワクワク感!
サイボーグ化して再登場の感激
それがメカゴジラへの伏線になるのです
別にリモート操縦でも、自律行動でもいいのに、なにしろわざわざサイボーグに乗り込んで操縦するのです

エンドロールは水中の激しい水泡の中でもがくゴジラ
もちろん1954年のゴジラのラストシーンのオキシジェンデクトロイヤーのオマージュですね

時代性を反映した大変に堪能できた作品です
平成ゴジラシリーズの中でも、ゴジラvsメカゴジラ、ゴジラvs デストロイアに次ぐ面白さです

蛇足
「Make my day」は、英語で「(お前のおかげで)良い一日だった」とか「楽しませてくれよな」という意味だそうです
というか映画「ダーティハリー」のキャラハン刑事が、悪党に44マグナムを突き付けて皮肉を込めて言う台詞からの引用でしょう

あと太平洋戦争中シーンでスピルバーグ少佐という人物が登場しますが、名前だけの悪乗りです
大監督には何にも関係ありません
フックを公開直後の頃です
ジュラシック・パーク公開は2年後のこと

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
あき240

3.0設定グダグダだけどメカキングギドラかっこいいからまあいっか

さん
2021年8月29日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
閑

3.0怪獣と心が通うのか??

2021年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

人気のキングギドラものの1991年版です。
当時日本で人気のあったアメリカ人タレントが多数出演して
スピルバーグ(笑)まで出てくる異色作ですね。(笑)

20世紀末の日本に23世紀から未来人がやって来て
23世紀の日本は度重なるゴジラによる攻撃で
原子力発電所が多数破壊され、
核汚染で日本人は絶滅してしまう。
我々はゴジラが核実験によって巨大化する前に
別の場所に移動させてゴジラになるのを防ぎに来た!
実はこの未来人の真の目的とは・・・・

おお、何という設定!
これはこれでSF仕立てで面白かったです。

で、キングギドラがゴジラとタイマンを張る人気作。
確かテレビで観た記憶がありますがこれはこれで
なかなかに面白い。

で、月に8回ほど映画館に通う中途半端な映画好きとしては

なかなかな飛んでも設定なのだけど
この映画で有名なのは
戦時中に南海の孤島にて偶然に現れた恐竜の生き残りが
総攻撃をかけてきたアメリカ軍を蹴散らしてくれたおかげで
生きて帰る事ができた元軍人の大企業の会長が
核廃棄物の影響で結局巨大化してしまったゴジラと
ビルの窓越しに対峙するシーン。

ゴジラはあの時の軍人であると認識していたのかどうか?
そこは謎だけど、そこで一個人とゴジラと言う
これまでに無い設定が興味深かったですね。

それとこれはYouTubeの DTM ent. と言う方の考察ですが
未来人のセリフに
「21世紀の末には核はすべて廃棄された!
 20世紀にはそこいら中に核がある。
 この20世紀の野蛮人め!」

この言葉には未来人から見れば
未だに核にしがみついてる20世紀の人間は
意味の不明の土偶を拝んでいる縄文人と同じ
みたいなもんですね。
特に3.11を経験した後の現代日本においては~

なかなかに見どころのある一作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
星のナターシャnova

3.5タイムトラベルの必要性

2021年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

前作の大人向けな政治的要素は抑えられ、UFOやタイムトラベル、そして未来人やアンドロイドなど、当時のハリウッドの傾向を意識したSFエンタメ路線にシフトチェンジしている。
ゴジラやキングギドラのルーツを描いているというアイデアは斬新だと思うが、全体的に作りが雑な印象は否めない。
バブル期だった当時の日本が垣間見える作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヒックス伍長
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゴジラ」シリーズ関連作品