松尾スズキ

松尾スズキ
ふりがな
まつおすずき
誕生日
1962年12月15日
出身
日本/福岡
Twitter

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

1988年、自身が主宰する劇団「大人計画」を旗揚げし、作・演出を手がける一方で俳優としても活動。97年の舞台「ファンキー! 宇宙は見える所までしかない」で第41回岸田國士戯曲賞、00年のミュージカル「キレイ 神様と待ち合わせした女」で第38回ゴールデンアロー賞の演劇賞を受賞する。初監督映画「恋の門」(04)はベネチア国際映画祭(国際批評家週間)に正式出品。その後も、オムニバス映画「female フィーメイル」(05)の1編「夜の舌先」や、「ユメ十夜」(06)の1編「第六夜」でメガホンをとり、映画「イン・ザ・プール」(05)では主演を務める。小説「クワイエットルームにようこそ」は第134回芥川賞の候補となり、07年に自らの監督・脚本で映画化。リリー・フランキー原作の映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(07)で脚本を担当し、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した。10年には小説「老人賭博」が再び芥川賞の候補に挙がった。15年、監督3作目「ジヌよさらば かむろば村へ」を発表する。近年の出演作に、映画「悪人」(10)、TVドラマ「TAROの塔」(11)、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)、「まほろ駅前」シリーズ(11~14)などがある。

関連作品(映画)

松尾スズキの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

松尾スズキの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

松尾スズキの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

松尾スズキの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

松尾スズキの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「松尾スズキ」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「松尾スズキ」さん以外にこんな人をCheck-inしています。