悪人

ALLTIME BEST

劇場公開日

18%
51%
26%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化した人間ドラマ。長崎の外れの小さな漁村に住む祐一(妻夫木)は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代(深津)と出会う。逢瀬を重ねる2人だったが、祐一は世間を騒がせている福岡の女性殺人事件の犯人だった……。監督は「69」「フラガール」の李相日。共演に岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林。

2010年製作/139分/PG12/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

受賞

主演男優賞 妻夫木聡
主演女優賞 深津絵里
助演男優賞 柄本明
助演女優賞 樹木希林
音楽賞 久石譲

ノミネート

作品賞  
監督賞 李相日
脚本賞 吉田修一 李相日
助演男優賞 岡田将生
助演女優賞 満島ひかり
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2010「悪人」製作委員会

映画レビュー

4.5李相日の容赦ない追い込み方に瞠目

2020年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2010年に鑑賞した作品としては、1位。
李相日監督は、いつだって手がける作品に説得力を持たせており、今作は彼のキャリアのなかでも3本の指に入る出来栄えになっていると、個人的には感じている。
妻夫木聡と深津絵里が素晴らしいのは言うまでもない。岡田将生と満島ひかりが軽薄な役どころを見事に演じ切り、樹木希林さんと柄本明はどこまでも作品に寄り添った演技で観る者の心を打ちのめしてくれる。
それにしても、灯台のシーンは寒かっただろうなあ…。あの容赦のない追い込み方に瞠目させられてしまう。次はどんな作品で、誰をどのように追い込んで、作品世界を構築していくのか楽しみでならない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
大塚史貴

3.570点

2021年10月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

知的

映画評価:70点

なんだこの作品………!?

めちゃくちゃ考えさせられる。

タイトルも秀逸

《悪人》

一見、このタイトルが地味だし、
作品時間も2時間を越えてしまう事から
ずっと気になってはいたのですが
観ていなかったのですが、

私と同じ様に、
様子見していた方は
すぐにでも観てください!!
これぞ日本映画の真骨頂です。

何かしらの行動には
何かしらの要因がある訳で

目の前に人がいるから殺しちゃお、
みたいなノリは現実に中々ありません。

その情緒というか、奥ゆかしさというか、
その日本特有の空しさが心に響く
そんな作品でした。

役者陣も天才ばかり、
樹木希林さんや、柄本さん、満島さん、
そして妻夫木さん。
全員演技の天才です。

彼らの他の作品を観ても
同一人物が演じているとは思えない程
別人を演じます。

最近、妻夫木さんの出演作品をよく目にしますが
彼はカメレオンですか?
今回のキャラクターなんて、
妻夫木さんの華やかさが邪魔していたにも関わらず、現実にいそうな(実際知り合いと雰囲気そっくり)人物を彷彿とさせます。

深津さんも
目線や口、声の震えやトーンで
憂いや、戸惑いの様な、
目には見えない雰囲気を表現していて
本当に凄い女優さんなんだと改めて実感しました。

まだ内容に触れていないのに、
こんなに文字数が(驚)

前置きが長くなってしまいましたが、
今現在の感想を書きたいと思います。

ここからは少しネタバレもあるかもしれませんので、上記の感想で興味を持った頂けた方は
作品を観てから、また読みに来て下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悪人。

どんな事情があるにせよ、
人を殺してはいけない。

当たり前

当たり前ですけど、

殺人を犯した人の中には
(身体的、精神的)防衛の流れで、
間違えてしまう人もいます。

誰もが殺意をもって殺す訳ではない。

これが前提です。

この作品のタイトルである
《悪人》は秀逸ですが、
ミスリードにもなります。

この作品が描きたかった事は
果たして誰が本当の悪人だったのか?
ではなく、

どんな悪人にも、
どんな奴にも、
大切な人がいたのではないか?という
巻き込まれていく人たちの情景を描きたかったのではないだろうか?

被害者について。
我が儘に生きてきて、
利己的で、嘘つき、あげく礼節に欠ける。

加害者について。
親に捨てられ、コミュニケーション障害を患い、
人への接し方や節度が判らない。
怒りに身をまかせ人を殺した。

女をドライブに誘っておいて、
その女がイラつくからと
無責任に山に置き去りにする男も

自分が満たされたいがために
依存や利用をしてしまった女も

端から見たらの話しですよね?
私からしたら、全員他人だし、
そもそも現実にいない映画の話し。
実際に起こった事件であったとしても他人事です。

そんな私たちから見れば
確かに上記の通りの人たちでしょう。
どう見ても、だいたい悪人ともいえます。

ですがね、
家族からしてみたら?
友人からしてみたら?
恋人からしてみたら?
そういう彼らを大切に思う人からしてみたら?

彼らはそう映りますか?
性格や態度、行動なんて
些細な事です。

でも、
世間的に見れば
殺人は悪い事だ。
どんな事情があっても。
例え本当は悪人じゃなくても。

殺された奴がどんな最低な奴でも。

世間様は起こった事しか知らない。
結果しかわからない。

でも開けてみると、
そこには大切に思っている人がいる

その哀愁が
この作品の肝だったと感じました。

作って頂き、
ありがとうございました。

ps.10年前ってこんな昔なの?

【2021.10.5観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

5.0世の中悪人だらけなのか

redirさん
2021年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

妻夫木くんは、映画でみるのがよい。なんとも言えないら良い感じでスクリーンに映る
今回は残念ながら映画館ではたいが、、、ほとんど喋らない、短いセンテンスのみ、いつもは饒舌に語るような目ヂカラもない、そして金髪。今まで妻夫木さあまりみたことがないキャラを、見るもに共感与える演技で淡々と、生きてることの苦しさを淡々とみごとだ。人殺しは彼なんだが、彼は悪人ではなかった。あとは、彼のおばあちゃんは悪人ではない、旅館のボンのお友達ひとりも、悪人ではなかった。妻夫木くんが無口なように彼もボンの取り巻きの1人として声を発することができない、、あとは大体ほんまもんの悪人、旅館のボンやらマスコミやら健康食品屋のヤクザやら、、か、利己的な気持ちか、マウントみたいなものが見え隠れする無意識の悪意の人ら。悪のないおばあちゃんに育てられた妻夫木さんは悪がない。親に捨てられても愛情を受けて育ってきた。、私は悪くない、頭なたは悪くない、私の子供は悪くないと思っていると、そうやって一生生きていくしかなくなる、、柄本明がボンにいうように。悲運のヒロインの深津絵里も、自分の幸せのために祐一を利用しただろう、それを愛だと思って、自分の人生変えようと思って。
国道のそばから離れられないでずっとそこで暮らすしかない人、海を目の前に暮らしていると逆に海に立ちはだかられどこにもいけない気分になる人、。人間関係にも土地にも閉塞されている生、人と比べたり人より偉そうにしなければ満足自己満足できない生。それでも人生には一瞬輝くモーメントはあるだろう、日の出を見るとき、スカーフを結ぶとき、自分が大切と思う人を守る時。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir

3.5悪人とは主観

2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人の立場によって悪人かどうか異なる。
もちろん殺人を犯してしまった清水は悪人。
だが、視聴者からすれば置き去りにした大学生も、殺された女性も悪人だと感じるかもしれない。
柄本明が幻想の娘に、お前は悪くないと言っていたのが印象的。
誰が正義で誰が悪かなんて、結局は主観でしかないのかもしれない。ニュースで流れる犯罪を犯した人以外にも悪人はいる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD
すべての映画レビューを見る(全179件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る