モアナと伝説の海

劇場公開日

モアナと伝説の海
28%
53%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アナと雪の女王」や「ズートピア」など、ヒット作を連発するディズニー・アニメーション・スタジオが、南の島と大海原を舞台に描いた長編アニメーション。「リトル・マーメイド」「アラジン」のロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが監督を務め、海を愛する美しい少女モアナが、島の危機を救うために冒険を繰り広げる。かつて世界を生んだ命の女神テ・フィティの心が、伝説の英雄と言われたマウイによって盗まれ、世界に闇が生まれた。それから1000年にわたり、モアナの生まれ育った島モトゥヌイでは、外洋に出ることが禁じられていた。そんなある時、島で作物や魚たちに異変が発生。海の不思議な力に選ばれた少女モアナは、いまもどこかで生きているマウイを探し出し、テ・フィティの心を元あった場所に戻すことができれば世界を救えると知り、父親の反対を押し切り大海原に旅立つ。短編「インナー・ワーキング」が同時上映。

2016年製作/107分/G/アメリカ
原題:Moana
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編アニメーション賞  
主題歌賞

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0人物以上に“生き生き”とした海の表現に驚嘆

2017年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

海が舞台のアドベンチャーなので、当然だが海の描写には力が入っている。海面や波は実写と見まがうほどだし、「アビス」の知的生命体を思わせる海の神様の変幻自在なルックにも惚れ惚れ。

ポリネシア系民族を思わせるモアナの造形は、アニメのヒロインにありがちなモデル体型をさらに誇張したほっそり、スラリではなく、いわばぽっちゃり系。生身の人間にかなり寄せてきた。「やせている=美」の固定観念を打破する点で、ディズニーとしては挑戦だし、教育的にも良い。

ハワイ音楽と洋楽の使い分けやミクスチュアも楽しい。少々気になるのは、本編と、同時上映の短編も、ピクサーの影響が色濃いこと。「インナー・ワーキング」の脳と心臓の擬人化は「インサイド・ヘッド」から、本編の巨大な自然物の擬人化は「南の島のラブソング」から着想を得たように思える。今やピクサーもディズニーの子会社なので、社内的には当然問題ないのだろうが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉

3.0海に選ばれたモアナ島を救うため女神の心を返すための冒険に出るという...

2022年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

海に選ばれたモアナ島を救うため女神の心を返すための冒険に出るというお話。
海の映像がとても綺麗。そして緑も。映像に感動。
積極的に行動するモアナがとても生き生きとしている。
テンポもよく展開がわかりやすいので観やすかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.0映像美は

ちるさん
2022年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちる

4.0タイトルなし

ゆぅさん
2022年3月20日
Androidアプリから投稿

映像綺麗だし曲も大好き。モアナも可愛いしマウイとのやり取りも大好き。マウイもなんか愛しく思えるキャラクター。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆぅ
すべての映画レビューを見る(全351件)