リトル・マーメイド

劇場公開日:

解説

アンデルセン童話を原作とする1989年製作の名作ディズニーアニメを、「シカゴ」の名匠ロブ・マーシャルのメガホンで実写化したミュージカル映画。

海の王国を司るトリトン王の末娘で、世界で最も美しい声を持つ人魚姫アリエル。まだ見ぬ人間界に憧れる彼女は、嵐に巻き込まれた人間のエリック王子を救うため陸に上がる。人間界への思いを抑えきれなくなったアリエルは、海の魔女アースラに提案され恐ろしい取引を交わす。その内容は、3日間だけ人間の姿になる代わりに、美しい声をアースラに差し出すというものだった。

主人公アリエル役には新人女優ハリー・ベイリーを抜てきし、エリック王子を「ベラのワンダフル・ホーム」のジョナ・ハウアー=キング、魔女アースラを「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシー、トリトン王を「ノーカントリー」のハビエル・バルデムが演じる。アニメ映画版も手がけた巨匠アラン・メンケンと、「モアナと伝説の海」のリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当。

2023年製作/135分/G/アメリカ
原題:The Little Mermaid
配給:ディズニー
劇場公開日:2023年6月9日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0テクスチャーのあり方を考えた

2023年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「映画のテクスチャーはどうあるべきか」ということを考えるのに良い題材だった。本作はディズニーのアニメーション映画を「実写映画化」したものだが、そもそも、あんまり実写で描くのに向いている題材ではない。人魚姫が主人公のファンタジーで、しかも、魚が歌い踊る内容をいかに実写のテクスチャーで描くのかというチャレンジをしている。ただ、全編のほとんどがCGで作られた舞台でもあり、人魚姫であるアリエルの動きも、特に水中では人間とは全く異なる動きをする点でアニメーション的だ。作られ方自体は極めてアニメーション的であるが表面のテクスチャーだけは写実的であるという奇妙な作品になっている。
写実的な魚が歌って踊る光景は違和感があるといえばあるし、「これはそういうものなのだ」と言い聞かせれば、別に気にならない気もする。ただ、CGだらけの映画を作るなら、これほど写実的なテクスチャーである必要は果たしてあるのだろうか。もっと本作の世界観にふさわしいテクスチャーがある気がする。

コメントする (0件)
共感した! 27件)
杉本穂高

興味本位だったけど

2024年2月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:その他

寝られる

時間の無駄でしたー

歌は確かにお上手だったけど、、、
スカットルなんで女になってんの?
王子のお母さんも黒人さんだけどなぜ?
アースラが化けた女性はめちゃくちゃ
美人でした。彼女がアリエルしてくれたらよかった。

アニメ映画のリトル・マーメイドとは
わりと話が違う気がするので、
これならアンデルセン人魚姫を
元にして新しい解釈でやればよかったのでは。

自分のアイデンティティのねじりヘア?
ツイストヘア?かえたくなかったらしいけど
ディズニーアニメアリエルも自分の
アイデンティティの赤毛変えられたの
すごい嫌だと思うよ。

フランダーはホラーでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぺぺん

4.0伝説のアニメーション実写化!🧜 歌唱シーンは原作超え!!

2024年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

【あらすじ】
陸の世界に憧れる人魚の「アリエル」。ある日、人間の王子を助けたことをきっかけに、陸の世界に行くことを決める。そとために魔女「アースラ」と契約を結ぶのだが…。

【感想】
公開後すぐに観に行きましたが、レビューできていませんでした。

今作は特に歌唱シーン・ロケーションが素晴らしかったです。

パートユアワールドの歌唱力は原作アニメーションを超えていたと思います!
特にアリエルが海から「ザパーン!」と上がるところは、この作品で1番記憶に残った瞬間です。
アンダーザシーは映像が原作アニメーションから、アレンジされていました!
色んな国のダンスを魚で表現していたのが、印象的でした。

歌だけでなく、ロケーションも今作は美しかったです。
海底の世界は幻想的で、ディズニーシーの「マーメイドラグーン」を美しい映像にしたようでした。
海底だけでなく、エリック王子が暮らす、陸の世界はお城や島のロケーションがとても美しく、まさにおとぎ話の世界のようでした。

主演のアリエルは公開前様々な意見がありました。自分の感想としては、最初はあまり可愛く感じませんでしたが、段々愛嬌があって可愛く感じるようになりました。
歌声は今までのディズニーの実写でも、トップクラスの歌唱力です。

アースラは1番原作とそっくりでした。
知っている女優だったので、尚更印象に残りました。

セバスチャン・フランダー・スカットルの3バカトリオもかなり愛着が湧きました。

【お気に入りのシーン】
パートユアワールドの歌と共に、アリエルが陸に上がるシーン。

コメントする (0件)
共感した! 12件)
UUU

2.5ココナッツ

2024年1月20日
iPhoneアプリから投稿

実写といいながらもほぼCGであるならばアニメの方が良いのではないかと思った。周りが人間以外のサブキャラ達が可愛くないと言っていたがあーそういう事かと。アリエルがエリックを好きになるのもエリックがアリエルを好きになるのもよく分からない。馬車操縦も周りの迷惑も省みず勝手な女の子だなぁと思うし、エリックもたかが自分の好きな人の為に周囲を巻き込むし、素直に素敵と思えないのは私が嫌な大人になったという事か。音楽はやはりいいしトリトン王はとてもマッチしていたが

コメントする (0件)
共感した! 0件)
GAB I
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る