ちはやふる 上の句

劇場公開日

ちはやふる 上の句
32%
49%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

競技かるたに打ち込む高校生たちの青春を描き、コミックス既刊29巻で累計発行部数1400万部を突破する末次由紀による大人気コミック「ちはやふる」を、広瀬すず主演で実写映画化した2部作の前編。主人公・千早を演じる広瀬のほか、野村周平、真剣佑らフレッシュな若手俳優が共演。監督を「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏が務めた。幼なじみの綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は、新に教わった「競技かるた」でいつも一緒に遊んでいた。新の競技かるたにかける情熱に、千早は夢を持つことの大切さを教わるが、そんな矢先に新は家の事情で遠くへ引っ越してしまう。高校生になった千早は、新に会いたい一心で「競技かるた部」創設を決意し、高校で再会した太一とともに部員集めに奔走。なんとか5人の部員を集めて競技かるた部を立ち上げた千早は、全国大会を目指して練習に励む。

2016年製作/111分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
末次由紀
脚本
小泉徳宏
製作
中山良夫
市川南
鈴木伸育
加太孝明
薮下維也
石川豊
弓矢政法
髙橋誠
宮本直人
ゼネラルプロデューサー
奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー
門屋大輔
安藤親広
企画
北島直明
プロデュース
北島直明
プロデューサー
巣立恭平
撮影
柳田裕男
照明
宮尾康史
美術
五辻圭
録音
小松崎永行
編集
穗垣順之助
音楽
横山克
主題歌
Perfume
サウンドデザイン
大河原将
装飾
龍田哲児
VFXプロデューサー
赤羽智史
スタイリスト
新崎みのり
ヘアメイクディレクション
古久保英人
ヘアメイク
内田香織
アニメーションディレクター
ファンタジスタ歌磨呂
スクリプター
本図木綿子
助監督
權徹
制作担当
雲井成和
ラインプロデューサー
齋藤悠二
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート

優秀主演女優賞 広瀬すず
新人俳優賞 真剣佑
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

映画レビュー

5.0「上の句」は、特に挫折感から立ち直りたい時に見たい作品!

2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本作は、脚本、演出、演技、音楽、映像手法など、どれをとっても一級の作品です。
映画「ちはやふる」は、「上の句」と「下の句」の前後編という形で2016年3月19日、4月29日と連続公開されました。
“連続公開”というのは、前編がコケると後編が目が当てられなくなったりするものなのでリスクが高いのですが、本作は、原作のマンガの出来も良いようで、高校1年の始まりから終わりまでを丁寧に追いかけた「青春スポーツ恋愛映画」の金字塔のような出来上がりになっています。
例えば2002年の「ピンポン」という作品が、それまで地味なイメージだった「卓球」を、如何にダイナミックな競技であるかを示すことに成功しました。まさにそれと同様に、「ちはやふる」では、地味なイメージのある「百人一首」という1000年前からある伝統に、「競技かるた」というものがあることを伝え、それがダイナミックなスポーツのようなものであることを示すことに成功しています。
さて、本シリーズも「帝一の國」などと同様に、映画単独初主演となった広瀬すず以外は(公開時は)メインの野村周平も真剣佑も「誰?」状態で、他もほとんど知られていない役者だったので、どうなるのか心配でしたが、さすがは小泉徳宏監督作だけあってキャストの演技も全員が光っていて、本作で彼らの「代表作」ができブレイクしていくのは予想できるほどでした。
「上の句」の見どころはいろいろとありますが、強いてあげると、後半の影の主役の「机くん」(森永悠希)の挫折と、チームワークの重要性が分かるシーンでしょうか。
机くんの「やんなきゃ良かったよ、〇〇なんて。前みたいに一人でいれば、こんな気持ちにならなかったのに…。僕には〇〇の才能がないんだよ。きっとこの先も役になんかたてない」
といった心境は、多くの人たちが日常で抱える挫折や、現実から逃げたい気持ちを代弁していると思います。
それに対しての部長の太一(野村周平)の言葉には、いろんな現実の壁を乗り越えるヒントが詰まったセリフとなっています。
「上の句」では、野球で言えば、甲子園に行けるところまでを描いています。
また、サントラのメイン楽曲の横山克の「つながれ つながれ! つながれ!!」は作品の格式を2段くらい上げるくらいの名曲ですし、エンディング曲のPerfumeの「FLASH」も作風にフィットしていると思います。
「上の句」は興行収入16億3000万円というヒットを記録し成功しましたが、欲を言えば、これだけの名作なので20億円には行ってほしかったのが正直な感想です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
細野真宏

4.0素敵だ

Kyonさん
2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿

部活に励んで、友情を育み、ちょっと恋愛
日本の伝統カルタを題材にしていて
劇中に出てくる百人一首も興味深い。とてもとても良い映画。SNSやゲームに夢中な高校生が多い中、こちらの作品の登場人物達はとても爽やかで皆んないい子で愛おしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kyon

1.0静かで熱いストーリーが学園青春コメディになっていた

さやかさん
2021年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ごめんなさい、途中で見るのやめました。
わたしには合わなかったです。
漫画ちはやふるを参考にした二次創作です。

それにしても、今どきこんなのある? 昭和のおっさんが書いたシナリオ?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さやか

2.0機動戦士と言えばガンダム

2021年4月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

単純

寝られる

評価高いし、友人からもかなりオススメされていたので鑑賞。ちなみに原作も見てないですし、百人一首の知識もほぼありません。かなり不安ではある。

え?うん?何これ?
なんでこんなに評価高いのかな??
何も面白くない。何も楽しくない。これ映画なの?

有名モデルの妹で注目を浴びていた綾瀬千早(広瀬すず)は、競技かるたに情熱を注ぎかるた部創立のため、幼なじみの真島(野村周平)と共に部員を必死に集める。

青春映画といえば矢本悠馬。
賭ケグルイ、ぐらんぶる、今日から俺は、君の膵臓をたべたい、センセイ君主などなど。もう、大好きです笑
最近ドラマ版の賭ケグルイを見ているんですが、その時の矢本悠馬もまぁ面白い笑笑 あの小生意気で頼りない役がほんとに似合うこと。最っ高です!笑

また、森永悠希や國村隼もいい。
オタクっぽいけど実は心優しい机くん。
生徒を愛しかるたを愛する先生。
どちらも適役で素晴らしかった。名脇役ですね

たーだ、いい所はそれだけでして。
映画としての魅力が一切ない。
私が酷いと思った理由を3つの要点に絞って話します。

①演出が雑
映画ですから映画館でみたいなと思わせるべき。
けど今作は、全くもって映画館で見たいと思える演出がない。かるたを獲る際もただ叩いて獲るだけであって、漫画原作とは思えないほどシンプルな作り。後半に至ってはスローモーションを乱用するという、何ともお粗末な映画。華やかさや美しさが無いため、かるたの良さが伝わってこない。

②登場人物に深みが無い
そもそも、3人の過去の姿である子供時代の子役が全く似ていないし、背景がイマイチ伝わらない。下の句に伸ばすためにこのような形式をとったのかもしれないが、にしても感情移入出来ないのでラストに感動できない。序盤の部活勧誘の場面は、各々の考えや理由が飛び交って良かったと思ったが、それからは千早の独走状態。
これもあってか見応えが無いに等しい。

③かるたに対する愛を感じられない
百人一首をあまり知らないので自分に合うか不安だったが、それ以前の問題だった。この映画を見て「百人一首してみたい!」だとか「かるたって素晴らしい!」とは一切思えず、5人の努力も感じられない。そんな運動部系とは...予想とかけはなれすぎている。いいんだけどさ、にしては熱が無いよねぇ。

まだまだ言いたいことはありますが、この辺で。
もう下の句もレンタルしようかと思っていましたが、やめときます。とても見たいとは思えなかった。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
サプライズ
すべての映画レビューを見る(全350件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ちはやふる」シリーズ関連作品