劇場公開日 2016年3月19日

  • 予告編を見る

ちはやふる 上の句のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全337件中、1~20件目を表示

2.5体育会系

ミカさん
2019年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

原作は未読なのでよく分かりませんが、カルタ部のノリが結構体育会系なんですね。カルタ競技の基本を全く分からずに鑑賞したのですが、それでも何とか楽しめました。疲れて何も考えたくない時に鑑賞すると良いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.0やめる、やめる、やめる

kossyさん
2019年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 太一=まつ毛(野村)を部長に据え、幼なじみの一人だった西田=にくまん(矢本悠馬)の三人はすぐ決まったが、残り二人。呉服屋の娘である大江奏(上白石萌音)と、鉄道マニアでがり勉の駒野=机くん(森永悠馬)をなんとか引き入れてかるた部設立。目指すは6月の東京大会団体戦だ。

 試合が終わると死んだように寝てしまう体質の千早に対する太一の淡い恋。福井に転校した新のメガネを隠したという罪悪感をも持っていた。その罪悪感から運がないと思っていた太一だが、2対2になったとき、手元に1枚づつが残るという運命戦になってしまう。
 都大会で優勝して全国大会へ!と喜んで新に電話する太一と千早。しかし、電話口の新は「かるたをやめた」と・・・

 運命戦の緊張感。競技かるたの面白さ。色んなことを学んだけど、やっぱりルールはすぐ忘れてしまいそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

3.5あおはるやなぁ〜

2019年4月21日
iPhoneアプリから投稿

すずちゃんの白目イイネ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お.じさん

3.0普通位

hide1095さん
2019年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まあ普通位の映画でした☆。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

5.0わずか3年前の作品なのに皆若い!

2019年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

萌える

広瀬すずが超絶可愛い上に白目まで剥く

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
個人的下書き

4.5広瀬すずさんがハマり役!

光陽さん
2019年3月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

ひたむきにカルタ競技に青春をかける若者の姿に、大人の自分もじゅうぶんに感動できました。
千早を演じる広瀬すずさんがハマり役ですごくいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
光陽

2.5試合シーン

Peinyoさん
2019年2月4日
iPhoneアプリから投稿

だけ面白い!
つくえくんの初心者心理描写も良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Peinyo

3.5素晴らしい

2019年1月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

全くのノーチェックで、
子どもが観たいと言うから観たら、
公判危うく号泣するところだった。
漫画原作物としても青春物としても最高だと思う。

前半は、まぁこんなもんだろうなぁ、
なんて油断してたら
各キャラクターに見せ場があって、
後半の畳み掛けは凄かった。
音楽も合ってたし、
青春のキラキラが見事に描かれていたと思います。

広瀬すずちゃんは可愛いし、
目力も凄いから惹きつけられるのだけど、
机くんが僕的にはヤバかったな。

ちはやふる三部作期待してます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ

5.0大好きな作品!青春最高!

(°_°)さん
2019年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

大好きな作品!青春最高!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
(°_°)

3.0ジャンプ魂

2018年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

これが日本映画の主流。
漫画原作、部活もの。これが現代の邦画の主流で、絶対に海外では映画化できない題材である。世界中で評価され愛されるかは別として、日本の映画界で成功を収めていることは間違いない。映画館に週末足を運ぶ世代のほとんどが経験したであろう学生時代の部活動。それにコミック原作。
私の言葉で言うと、「ジャンプ魂」。日本の文化の象徴ともなっている漫画の中でも、大人から子供まで幅広い世代に読まれている少年漫画と少女漫画。その真髄にあるのが、”一人一人悩みがあり過去がある、しかし仲間と共に手を取り合えば、大きな壁も越えられる。”という「ジャンプ魂」これが嫌いな人はいないでしょう。
この二つを取り入れた映画は、日本ではヒットの整理券をもらったようなものでしょうね。

この映画でいうと、部員の5人のキャラクター。やはり、一人一人悩みがあり、過去がある。それが終盤でチームを苦しめる。しかし、それまでの練習や小さな衝突などで強くなったチームの繋がりがあるから、お互いを信じあって、助け合って壁を乗り越える。その部分の描き方は本当に見事だった。
映画で大事なのはキャラクターとなんども言っていますが、それはキャラクターに感情移入することでその映画の世界に入り込めるから。この部活もの+ジャンプ魂作品には、視聴者ほぼ全員が無条件に感情移入できるという最強の手札を持っている。
それにしても、中盤からクライマックスにかけてはお見事。合宿でのモンタージュでリズムをあげ、クライマクスの大会決勝でのて緊張感を張りつめさせるぐーーっっという引っ張り。穗垣さんの凄まじい経験とスキル。

もう少し深く見てみる。原作を読んでいないので、原因を追求するのが難しいのだが、やはり脚本と監督、撮影には疑問が残るところもある。
まずオープニング。
オープニングというのは映画館の視聴者の目線が100%スクリーンに向いている瞬間。そこでのサブコンシャス的なこの映画の提示という映画の中でもとても大事な要素がなかった。作品のテーマを匂わすような言動やもの、主人公の願望と問題を視聴者に植え付けるタネやマクガフィン。それらがあることで視聴者は120分必然的に謎解きをするような形になり、受動的ではなく積極的に映画を見ることができる。
次にキャラクター。
キャラクターたちの問題や弱さみたいなものが薄かった。千早に関しては問題点なし。それに伴って、クライマックス前のターニングポイントの違和感。壁を乗り越えるきっかけが少しフィクションすぎる。これでは、アニメで見るのと変わらないという個人的な感想。
そして撮影。というか監督。
どうしても否めない撮影のパワーのなさ。日本の昔からの流れで、ワイドで全部見せようとする伝統芸能からの名残。黒澤明監督が変えたはずの流れが現代に伝わっていない。海外ドラマであるような人間の視線を逃さないためのユックリと動き続けるヌメッとしたカメラワーク。低予算というところはあるかもしれないが、海外のインディーズ映画にはそれをいろいろな工夫で解決した作品もいっぱいある。日本の監督として、もっとそこに魂を込める必要がある。

一夏の作品として終わるのか、歴史に名を残すのか。その違いがあるんじゃないでしょうか。いわゆる、ビジネスとしての映画か、芸術としての映画か。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Editing Tell Us

4.0じわっとくる映画

2018年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

じわっと涙が流れるような映画。
実写映画化作品だが、「描きたいテーマ」を決めた上で話を構成しているようで、安心して観られる。

かるた少女の千早が、かつて一緒にかるたをしていた太一に再開し、競技かるた部結成に奔走する。
仲間を集めて東京予選に出るまでの話を描いた内容。

テーマを絞っている分、原作の中でもカットしたり、改変されたりという部分があるので、原作至上主義な人はダメかもしれない。
あくまで(被ってる部分もある)別物として観るとクオリティが高い。

終盤の机君のエピソードは描き切れていなくて結末に共感できなかったり、太一の恋心エピソードは逆に行間を詰めすぎて微妙になったりと、一部バランスが悪いかも。
ただし全体の印象を悪くするほどではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やぶうちへび

4.0忘れかけていた大切なものを思い出した

2018年10月27日
PCから投稿

我を忘れて何かに向き合うことが無くなり何十年。
昔の一途な気持を蘇えらせてくれた。
あのドキドキ、ワクワク、切なさ、全てが詰め込まれている。
全てを出し切ることでの神頼み、子供の頃の悪いことを告白し自分の今の気持ちを正直に言う。
みんなが、自分の負の感情をぶつけ合い、そしてまた強くなる絆。
言葉にすると綺麗事だが、それを清々しいと理屈抜きで思わせる力業がある。
広瀬すずの目が赤子のように透き通る眼差しであることに気がついた。
5人のメンバーはそれぞれとても良い味わいの呼吸で、いつのまにか引き込まれて、自分が6人目の部員になるような疑似体験をしているようで、大会のところでは、手の爪が掌に食い込むほどで、苦笑してしまう。
これから下と結びが見れると思うと楽しみで仕方ない。
次への期待を込めて星⭐️⭐️⭐️⭐️に留めておくことにした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン

3.0人気作だが

2018年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

主人公にあまり共感できなかった
原作未読

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daiki Sugiyama

3.5スポ根や!

2018年8月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

競技カルタの世界は、まるで
闘いだ!
広瀬すずが可愛いね。
上白石萌音も可愛い。
真剣佑も、若いね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大阪ぶたまん

4.0一瞬に輝きが宿っている

JIさん
2018年7月25日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JI

4.0広瀬すずが眩しい

おこげさん
2018年6月16日
iPhoneアプリから投稿

カルタがこんなに体力を使う勝負だとは知らなかった。
カルタが好きなちはや、日本の文化を愛する奏、どちらもとても可愛らしくて微笑ましい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おこげ

3.5風の映画

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

・風が運ぶ運命であったり、勝負の気運、あるいは運命みたいなものを表してる
・長編マンが原作の実写化でありがちなあらすじをなぞるだけの駆け足なダイジェストにならず、伏線の張り方や台詞、視線の演出などが非常に上手くてまるでオリジナル脚本に感じた
・机くんの劣等感を感じるシーンに同じく涙
・スローモーションでカルタをとる一瞬の躍動感を表したり、床の下から映すショットもかるたに向かう集中力が画面に表れてた
・原田「(青春全て)懸けてからいいなさい」はやっぱり名言
・ヒョロくんがまじヒョロくん
・新の「かるたはもうやらん」で下の句へ続く引きのよさ
・Perfumeで言ったら千早(あ~ちゃん)、太一(かしゆか)、新(のっち)…かなぁ

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.0綺麗な絵の映画

2018年5月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

作品の内容よりも様々な絵の綺麗さに目が行く映画。仲間との一体感が生まれた後の達成感というのは見ていて清々しい。
広瀬すずの可愛さがより際立つ作品。
続編も見たい気になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふぁーびー

4.0広瀬さん可愛いです‼

2018年5月16日
Androidアプリから投稿

楽しい

熱い青春映画です。
各キャラクターの個性が生かされていて、いろいろと楽しめました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いのくん

4.5これぞ青春映画

2018年5月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル、映画館

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミネルバ250
「ちはやふる 上の句」の作品トップへ